Londonを中心に、世界のあちこちからの写真を載せていきます。更新はゆっくりです。


by londonphoto

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

アレッサンドラ・フェリの椿姫..
at 2017-06-04 07:03
ゼナイダ・ヤノウスキの椿姫/..
at 2017-06-04 06:12
初夏の楽しみ(3)
at 2017-05-29 19:01
初夏の楽しみ(2)
at 2017-05-29 06:59
初夏の楽しみ(1)
at 2017-05-28 16:06

最新のコメント

まだまだ踊れるのに、と世..
by londonphoto at 20:06
ありがとうございます。フ..
by londonphoto at 20:00
カーテンコールの動画みま..
by windtalker2008 at 18:58
すばらしい画像ばかり!舞..
by windtalker2008 at 18:56
chocoさんこんにちは..
by londonphoto at 22:59
お久しぶりです(^^) ..
by chocoyan2 at 20:07
こんにちは。 仰るとお..
by londonphoto at 06:53
薔薇。爽やかにふりそそぐ..
by windtalker2008 at 21:17

カテゴリ

全体
著書
ロンドン - 日常
ロンドン - 観光地
ロンドン - 美術館
ロンドン - イベント
イギリス(ロンドン以外)
バレエ
ナミビア
フランス
ドイツ
オーストリア
イタリア
スロヴェニア
タイ
トルコ
オランダ
ヨルダン
ウズベキスタン
日本
ロンドンオリンピック
ポートレート
旅行
写真練習帳
その他
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

お気に入りブログ

miu'z journa...
By The Thames
1*ときどき*5
jinsnap (web...
好きな写真と旅とビールと
(=^・^=)の部屋 写真館
パチプロ!デメタン
光の贈りもの
いんちきばさらとマクガフィン
風歩記
n e c o f l e x
happiness
パトローネの中
是和道哉 万事快調ときどき鬱
PHOTRESBIENNE

外部リンク

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
海外生活

画像一覧

ひと区切り


 私の今年最後のプロムスの演奏会は、セミヨン・ビシュコフの指揮するウィーンフィル。ビシュコフはとても好きな指揮者で、プログラムはブラームスの交響曲3番とシュミットの交響曲2番。シュミットは初めて聴く音楽で「シュミットって誰?」というくらいの珍しい演目ですが、ブラームスは私の大好きな作曲家。今年のプロムスの最後を飾るにふさわしい演奏会で、楽しみに会場に向かいました。

 演奏はウィーンフィルらしく極めつけに美しい音色と、上質の手作りの美術品のような、繊細で有機的なアンサンブルにひたって夢心地。特にブラームスの交響曲が終わる瞬間の、全ての楽器の音が輝きながら明るく溶けあうピアニッシモの響きは、ただ茫然としてしまうしかないほどの美しさでした。

 が、この日のクライマックスはこのあとにありました。プログラムが終了して拍手が続くなか、指揮者とオーケストラがアンコール演奏の準備を始めます。最初は楽しくウィンナワルツでも演奏するのかと思ったのですが、ビシュコフがずいぶん深刻な表情で気持ちを集中させているのを見て、「何かが違う。」
 静かに振り始めた彼の指揮に合わせて流れてきたのは、エルガーの「エニグマ変奏曲」の中の一曲、ニムロッド。静かでとても美しいこの曲を、ウィーンフィルの切ないほどの音色で聴くのはもう天国的というほかありません。ただただ聴き入り、音を呼吸し、楽想に溶け入って、至福の数分間でした。
 この演奏ですっかり魂を抜かれたようになって、ぼーっとしながら会場を後にしました。

 本当は終演後の写真を撮ろうと思っていたのですが、座った場所の関係であまりいい写真が撮れそうになかったので、演奏会の写真はなし。そのかわり、開演前の風景を一枚。
 頻繁にこの場に来ても滅多に見られない、美しい光でした。
c0249519_851382.jpg




* * *

 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2015-09-12 08:52 | ロンドン - イベント | Comments(6)
Commented by sony at 2015-09-15 22:43 x
ビシュコフの指揮大好きです。メリハリのきいた指揮をしますよね。
N響でラベック姉妹の連弾を指揮していたのを聞いたのです。妹さんのマリエルはビシュコフの奥さんですから息がぴったりでした。
プロムスの最後を飾るいいプログラムでしたね。来年は是非プロムスを聞きたいの思うのですが・・・
Commented by nekonoheyah at 2015-09-15 23:15
それはそれは至福の時間でしたねぇ。
書いたものを読んでいるだけで、いろんな音を想像していますよ。
Commented by londonphoto at 2015-09-16 05:10
sonyさん

ビシュコフはいい指揮者ですよね。今年のプロムスで、このウィーンフィルの演奏会の他にも、BBC交響楽団を指揮してラベック姉妹と共演した演奏会がありました。このときのメインはショスタコーヴィチの7番で、今年のプロムスの演奏の中でも強く印象に残ったものの一つです。
プロムス、毎年この季節には長くやっているので、ご都合が合うといいですね。
 
Commented by londonphoto at 2015-09-16 05:12
ねこさん

本当にいいものを聴いたときの衝撃というのは、何度経験してもいいものです。なかなかないんですけどね。
ウィーンフィルの演奏会、今年はあと一度聴く予定です。今から楽しみで仕方ありません。
 
Commented by nekonoheyah at 2015-09-24 12:21
Namibiaを全画面で拝見しました。
縦構図の砂漠のヒカリと影。足跡、の2枚に感銘を受けました。
これを肉眼でご覧になったのですね。
いや~~~も~~~ うらやましいと言うのも恐れ多いです。
ありがとうございました。

Commented by londonphoto at 2015-09-25 19:39
ねこさんこんにちは。

最近すっかりご無沙汰してしまってます。
ナミビアの写真、見て下さってありがとうございます。
縦構図の、ということは、Flickrの方でご覧頂いたんですね。あの写真はこちらのブログには載せなかったトッテオキだったんですけど、Flickrの方には伸び上がってるシマウマくんたちと共に載っけました。

あの光と影の写真の曲線、私の中では密かに「ピカソ」と名付けています。カーブの感じがピカソっぽくありません? ナミビアで撮った一番のお気に入りのうちの一枚なので、気に入って頂けて嬉しいです。

ナミビアは本当に素晴らしいところでした。行かずに死んでたら間違いなく後悔した場所です。いつか、もう一度行けるといいなと思っています。
 
名前
URL
削除用パスワード