Londonを中心に、世界のあちこちからの写真を載せていきます。更新はゆっくりです。


by londonphoto

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

バンコク逍遥(2017年12月)
at 2017-12-17 19:33
モロッコの旅(5) マラケシ..
at 2017-12-06 07:49
モロッコの旅(4) サハラ砂..
at 2017-12-05 15:52
モロッコの旅(3) サハラ砂..
at 2017-12-05 06:19
モロッコの旅(2) 青の丘 ..
at 2017-12-03 19:33

最新のコメント

kirinさん k..
by londonphoto at 08:21
なるほど魅力的な街ですね..
by kirin_1117 at 08:25
tomoさんおはようござ..
by londonphoto at 09:01
sonyさん ご無沙汰..
by londonphoto at 08:54
londonさん こんに..
by lily1406 at 08:47
行方不明になっていたので..
by Sony at 09:14
tomoさんお久しぶり〜..
by londonphoto at 08:07
kirinさん こ..
by londonphoto at 08:04

カテゴリ

全体
著書
ロンドン - 日常
ロンドン - 観光地
ロンドン - 美術館
ロンドン - イベント
イギリス(ロンドン以外)
バレエ
ナミビア
フランス
オーストリア
ドイツ
イタリア
スロヴェニア
タイ
トルコ
オランダ
モロッコ
ヨルダン
ウズベキスタン
日本
ロンドンオリンピック
ポートレート
旅行
写真練習帳
その他
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

お気に入りブログ

miu'z journa...
By The Thames
1*ときどき*5
jinsnap (web...
好きな写真と旅とビールと
(=^・^=)の部屋 写真館
パチプロ!デメタン
光の贈りもの
いんちきばさらとマクガフ...
風歩記
n e c o f l e x
✿happiness✿
パトローネの中
是和道哉 万事快調ときどき鬱
PHOTRESBIENNE

外部リンク

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
海外生活

画像一覧

フランチェスカのジュリエット(ロイヤルバレエ/2015年10月)

c0249519_9115738.jpg


 ついにきたこの日。待ちに待った公演。ロイヤルバレエでフランチェスカ・ヘイワードが「ロミオとジュリエット」のジュリエット役にデビューしました。

 この公演を楽しみにしていた、というのはもう何度か書いていますが、いまのロイヤルバレエで、既に「期待の超新星」という域を越えて、多くの人から一目置かれる段階へ進んでいるフランチェスカ。たった一人でも舞台を自身の存在感で満たしきってしまう魅力の持ち主で、踊りも容姿も美しく、23歳という若さもあって、ジュリエット役ということで言えば、先日の記事でも触れたヤスミン・ナグディ(Yasmine Naghdi)と並んで、一番の適役かもしれません。

 そのフランチェスカのジュリエット、最初の場面は可憐の一言に尽きました。彼女が舞台で踊っているだけで、観ているこちらの胸が一杯になってしまうような、切なさすら覚えるほど魅力的なジュリエットでした。
 あっという間に舞台に引き込まれ、彼女の魅力に捉えられてしまったので、実は何がどうだったかあまりはっきりとは覚えていません。ただ、そんな中で一つあまりにも印象的だったのが、第三幕。既にロミオと出会い、彼と心が結ばれてしまったあとに父親からパリスと結婚することを強要され、必死で抵抗しながら、最後に薬を使って仮死状態に至るまでの場面。彼女の演技にはとてつもなく重苦しい暗さが充満し、舞台を苦悩でいっぱいに満たしてしまいます。ここで描き出されているのは、パリスを拒むジュリエットの悲痛な叫びというにとどまらず、ジュリエットの全人格と人生そのものの、絶対的な重さが掛かった苦悩です。この演目でここまで重い舞台は記憶にありません。マクミラン(この舞台の振付家)独特の暗さが更に強調されて増幅されたような、すさまじい重量でした。
 最後の場面は、それゆえに心打たれて感動するというよりは、重苦しさの中で行くつくところに行き着いてしまい、結局はこうなるしかなかったのかと苦しさに沈むような印象でした。

 こういう舞台はもしかすると好みが別れるかもしれません。しかし、私はこれだけ強烈な個性を発揮できるフランチェスカに、かつてのマノンやアリスからずっと遠くへ到達した、素晴らしい成長を感じました。技術面でも、過去のマノンやアリスでは細かいところで素人の私にも分かるような小さなミスがときどきありましたが、今日の舞台では全く気になりませんでした。
 今日になってようやく気付いたのですが、彼女は腕がとても長くてきれいなのですね。動きの中での身体のラインも非常にしなやかで美しく、全ての動作が流れの中で、すっとはまるべきところにはまるので、見ていて本当に気持ちがいいのです。いよいよプリンシパルも彼女の視界に入ってきたのではないかという気がします。

 今回の相手のロミオ役は、プリンシパルのマシュー・ゴールディング。フランチェスカと組むとどうなるのだろうと思っていましたが、この二人の相性が想像以上に良くて、とてもいいバランスを作り上げていました。技術的にも全く隙がなく、非常に高水準で素晴らしかったと思います。

c0249519_9122812.jpg


 もう一人、とても好印象だったのが、マキューシオを演じたマルセリーノ・サンベ。マキューシオがティボルトに決闘で敗れ、死に至るシーンは実力派ダンサーがその演技力を発揮する場面なのですが、これがなかなかいい演技に当たりません。いままで観た中では、先ごろ引退したホセ・マルティンが一番好きだったのですが、今日のサンベの演技はマルティンに劣らず素晴らしいものでした。

c0249519_9125141.jpg


 可憐に始まって、最後にはずっしりと重量級の手応えのあったフランチェスカの圧巻のジュリエット。今シーズンはもう一度だけ、彼女の舞台があります。もちろん見に行きますよ。次はもう少し冷静に見られる・・・かな?

c0249519_9131413.jpg

c0249519_9134920.jpg
 
c0249519_9141266.jpg

c0249519_915385.jpg





* * *

 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2015-10-24 09:19 | バレエ | Comments(2)
Commented by windtalker2008 at 2015-10-25 19:28
期待にたがわず、素晴しいジュリエットを演じ、踊りきったのですね!^^
さらに、長足の進歩が次の舞台では観ることができそうです。
画像をTumblrにひとついただいております。よろしくお願いします。
Commented by londonphoto at 2015-10-25 20:39
見事な舞台でした。彼女、とんでもないマクミランダンサーになりつつあるような気がします。次もしっかり目に焼き付けてきます。
それにしてもこうなると、もう一度マノンを踊ってほしいと思わずにはいられません。機会があれば、マイヤーリンクのマリー・ヴェッツェラも。

写真をTumblrに載せていただき、ありがとうございました。
 
名前
URL
削除用パスワード