Londonを中心に、世界のあちこちからの写真を載せていきます。更新はゆっくりです。


by londonphoto

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

やればできる
at 2017-07-04 04:52
夏の森のかたち
at 2017-07-02 17:24
アレッサンドラ・フェリの椿姫..
at 2017-06-04 07:03
ゼナイダ・ヤノウスキの椿姫/..
at 2017-06-04 06:12
初夏の楽しみ(3)
at 2017-05-29 19:01

最新のコメント

Знакомства A..
by Aradgannug at 02:37
気持ちのいい季節になりま..
by londonphoto at 02:58
この空気をそっと胸いっぱ..
by windtalker2008 at 20:16
まだまだ踊れるのに、と世..
by londonphoto at 20:06
ありがとうございます。フ..
by londonphoto at 20:00
カーテンコールの動画みま..
by windtalker2008 at 18:58
すばらしい画像ばかり!舞..
by windtalker2008 at 18:56
chocoさんこんにちは..
by londonphoto at 22:59

カテゴリ

全体
著書
ロンドン - 日常
ロンドン - 観光地
ロンドン - 美術館
ロンドン - イベント
イギリス(ロンドン以外)
バレエ
ナミビア
フランス
ドイツ
オーストリア
イタリア
スロヴェニア
タイ
トルコ
オランダ
ヨルダン
ウズベキスタン
日本
ロンドンオリンピック
ポートレート
旅行
写真練習帳
その他
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

お気に入りブログ

miu'z journa...
By The Thames
1*ときどき*5
jinsnap (web...
好きな写真と旅とビールと
(=^・^=)の部屋 写真館
パチプロ!デメタン
光の贈りもの
いんちきばさらとマクガフ...
風歩記
n e c o f l e x
happiness
パトローネの中
是和道哉 万事快調ときどき鬱
PHOTRESBIENNE

外部リンク

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
海外生活

画像一覧

カテゴリ:ロンドン - イベント( 21 )

アルゲリッチ & バレンボイム in Proms (2016年8月)

c0249519_321493.jpg


 バンコクから帰った翌日、仕事帰りにプロムスヘ。目当てはピアニストのアルゲリッチ。実はバンコクでの休暇の日程はこのプロムスに合わせて決めた。アルゲリッチが出るとあっては、聴き逃すわけにはいかない。
 この日のプログラムは、最初に現代曲の新作があり、リストのピアノ協奏曲、後半がワーグナータンホイザー序曲、ジークフリートのラインへの旅、ジークフリートの葬送行進曲、マイスタージンガー前奏曲。バレンボイム指揮、ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽曲。

 アルゲリッチの弾くリスト、最初はやや不安定な立ち上がりという印象だったけれど、次第に調子を上げて、タッチがどんどん自由になる。リズムの冴えと多彩な音色で生命感豊かに演奏されるピアノは、アルゲリッチ節全開。もう今年75歳になるというのに、いまだに技術の衰えも見せずに聴衆を魅了するというのは信じがたい。デビュー以来天才と呼ばれ続ける彼女が、いまも命を燃やしてインスピレーション溢れる演奏を繰り広げる様は、見ていて胸が熱くなるような煌めきに満ちている。
c0249519_3222987.jpg


 これだけでもすごい演奏だと思ったけれど、アンコールでバレンボイムと連弾で引いたシューベルト(知らない曲だったけど、間違いなくシューベルト)は、ちょっと普通ではない音楽体験だった。
 美しく平穏な楽想が、優しく軽やかに流れ続ける。まるでフェルメールの絵の、閉じ込められた空間に、稠密な時間が永遠に継続するように(例えば「牛乳を注ぐ女」)。
 シューベルトの心の奥深く、ひそやかに囲い込まれた美の世界に、この上なく明澄で、無限に濃密な音楽がこんこんと湧き出し続ける。陰もなく、疵もない。死のように穏やかで、純粋な音楽の世界。
 これだけ美しいものを心の奥に閉じ込めていたシューベルト。それは、間違いなく彼の内に潜む狂気に支えられ、守られていた。この限りない美しさは、単なる情熱や執念といった感情では支えきれるものではない。
 シューベルトの心の小部屋に誘(いざな)われるひととき。これを至福と言わずして、何という?

 休憩の後のワーグナーはバレンボイムの至芸を堪能。ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽曲は、いかに選抜されたメンバーとは言え、ユースオーケストラなので、技術やパワーでは一流オーケストラには敵わない。それでもバレンボイムはオーケストラを仮借なく追い立てて、ワーグナーの楽譜の魔術を実現してしまう。最後は結局バレンボイムの凄さに圧倒されて会場を後にした。
 この人はほんとうに、すごい。




* * *

(お知らせ)

私の著書のミャンマー旅行記です。
2011年から2013年にかけて訪れたミャンマー各地の風景と人々の営みを、文章と写真で綴っています。


c0249519_1522841.jpg


「ミャンマー もつれた時の輪 ~ 変化と伝統が綾なす不思議の国」(イカロス出版)
射場博之(文・写真) 
定価 1,728円(税込)



→ミャンマーの写真はこちら

→アマゾンのページ

→楽天ブックスのページ



* * *



 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2016-08-22 03:26 | ロンドン - イベント | Comments(2)

ツィメルマンのベートーヴェン(サイモン・ラトル指揮ロンドン交響楽団, 2016年6月)

c0249519_537598.jpg


 今シーズン最後のロンドン交響楽団定期、ラトルの指揮でアイヴズ「答えられることのない問い」、ベートーヴェンのピアノ協奏曲4番(独奏はクリスティアン・ツィメルマン)、メインはラフマニノフの交響曲第2番。

 アイヴズはほとんど室内楽くらいの小編成で、静謐・孤独な小品。この曲の演奏の間、オーケストラとピアノのツィメルマンは既に舞台に上がっていて、アイヴズのト長調の和音が静かに消えるのと、ツィメルマンがピアノ協奏曲のト長調の和音を弾き始めるのが、ほんの束の間、交錯する。
 いかにもラトルが好みそうな演出だったけれど、続くピアノ協奏曲はもっと積極的に仕掛けていく。率直に言って、この演奏は悪ふざけが過ぎた。

 ラトルとツィメルマンの悪童ふたり、ベートーヴェンの音楽の中で遊ぶというよりも、ベートーヴェンの音楽を使って遊んでいる。これ見よがしの気取ったフレーズの処理が続き、悪ノリが度を超して下品なパロディに成り下がってしまった。
 ツィメルマンのピアノはやはり上手い。せっかくこれだけ上手いのに、と思わずにはいられなかった。いつもお行儀よく優等生でいて欲しいというわけではないし、特にラトルは常に何か特別なことを期待される立場だから、いろいろとやってみるのは、むしろそうでなければならないと思う。でもこの演奏は裏目に出てしまった。
 ちなみに、一年ほど前だったか、ラトルとツィメルマンが演奏したブラームスの協奏曲(一番)はすごかった。難曲に正面からがっちり挑んで、圧巻の大熱演。これは本当にいい演奏で、なぜこれをベートーヴェンでもやってくれないのかと、やはり少し思わないでもない。それだけ今の時代にベートーヴェンを演奏するのは大変なのかもしれない。

 後半のラフマニノフは打って変わって正統派。豊かな響きをたっぷり使って歌わせる。でもリズムをきっちり締めるところはさすがラトル。音楽が適度に引き締まり、いい演奏。
 特筆すべきは、三楽章のクラリネットのソロ。ロンドン響の名手、アンドリュー・マリナー(あの指揮者ネヴィル・マリナーのご子息)の、心をえぐるような切ない音色の綾が圧巻だった。


c0249519_5381986.jpg




* * *

(お知らせ)

私の著書のミャンマー旅行記です。


c0249519_1522841.jpg


「ミャンマー もつれた時の輪 ~ 変化と伝統が綾なす不思議の国」(イカロス出版)
射場博之(文・写真) 
定価 1,728円(税込)



→ミャンマーの写真はこちら

→アマゾンのページ

→楽天ブックスのページ



* * *



 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2016-07-02 05:39 | ロンドン - イベント | Comments(4)

孤独と老い

c0249519_858271.jpg


 マウリツィオ・ポリーニのリサイタル。
 曲目はシェーンベルクの6つのピアノ小品(作品19)、シューマンのアレグロ、幻想曲。
 休憩を挟んでショパンの舟歌、2つのノクターン(作品55)、幻想ポロネーズ、スケルツォ3番。

 彼の演奏を聴くのは約二年ぶりですが、そのときの演奏と比べても、ずっと技術の安定度が落ちた気がします。舞台上で鍵盤に向かう姿は、孤独の中でひとり懸命に切実に歌を紡ぎ続ける老大家といった印象でした。
 それでも、ほころびだらけの音の連なりの合間に聞こえてくるのは、白昼夢のように明晰でありながら、聴き手をどこまでも遠くへ運んでいく、豊かで濃密な音楽。彼の中にこの音楽が渾々と流れている限り、彼はピアノに向かい続けるのだろうと思います。
 ずっしりと心に残る、美しい演奏でした。
[PR]
by londonphoto | 2016-03-03 08:58 | ロンドン - イベント | Comments(2)

穴を埋める

c0249519_8394769.jpg


 突然音楽(実演)に飢えた気がして演奏会に行きたいと思って調べてみると、ロンドン交響楽団がショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲2番とベルリオーズの「ロミオとジュリエット」をやるという。そう言えばどちらも聞いたことがないぞ、と気付いて、それなら尚のこと行かなければ、とチケットを買った。

c0249519_840313.jpg

c0249519_8402278.jpg


 この日の指揮は、来シーズンからロンドン響の首席客演指揮者に就任するジャナンドレア・ノセダ。ヴァイオリン独奏はジャニーヌ・ヤンセン。

 ヤンセンのヴァイオリンは数年前に聴いたきり。弓が弦を移るときに独特の甘い音色が立ち上がって、それが演奏に何とも言えない艶を与えるのが印象に残っていたけれど、今日はさらに音色の幅広さと力強さも素晴らしく、集中力の高い熱演だった。
c0249519_8425379.jpg


 後半のベルリオーズは圧巻。ジャナンドレア・ノセダも何年か前に一度聞いた気がするけど、改めて聴いてみて、緻密さと熱さが両立した演奏には参ってしまった。アントニオ・パッパーノに近いスタイルと言っていいかもしれない。
 オーケストラの音色も普段と全然違っていて、ロンドン響はまた一人すごい指揮者を持ったのだなと嬉しくなった。彼の演奏はこれから優先して聴きに行こうと満足して家路についた。

c0249519_8431522.jpg





* * *

 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2016-02-29 08:44 | ロンドン - イベント | Comments(4)

ひと区切り


 私の今年最後のプロムスの演奏会は、セミヨン・ビシュコフの指揮するウィーンフィル。ビシュコフはとても好きな指揮者で、プログラムはブラームスの交響曲3番とシュミットの交響曲2番。シュミットは初めて聴く音楽で「シュミットって誰?」というくらいの珍しい演目ですが、ブラームスは私の大好きな作曲家。今年のプロムスの最後を飾るにふさわしい演奏会で、楽しみに会場に向かいました。

 演奏はウィーンフィルらしく極めつけに美しい音色と、上質の手作りの美術品のような、繊細で有機的なアンサンブルにひたって夢心地。特にブラームスの交響曲が終わる瞬間の、全ての楽器の音が輝きながら明るく溶けあうピアニッシモの響きは、ただ茫然としてしまうしかないほどの美しさでした。

 が、この日のクライマックスはこのあとにありました。プログラムが終了して拍手が続くなか、指揮者とオーケストラがアンコール演奏の準備を始めます。最初は楽しくウィンナワルツでも演奏するのかと思ったのですが、ビシュコフがずいぶん深刻な表情で気持ちを集中させているのを見て、「何かが違う。」
 静かに振り始めた彼の指揮に合わせて流れてきたのは、エルガーの「エニグマ変奏曲」の中の一曲、ニムロッド。静かでとても美しいこの曲を、ウィーンフィルの切ないほどの音色で聴くのはもう天国的というほかありません。ただただ聴き入り、音を呼吸し、楽想に溶け入って、至福の数分間でした。
 この演奏ですっかり魂を抜かれたようになって、ぼーっとしながら会場を後にしました。

 本当は終演後の写真を撮ろうと思っていたのですが、座った場所の関係であまりいい写真が撮れそうになかったので、演奏会の写真はなし。そのかわり、開演前の風景を一枚。
 頻繁にこの場に来ても滅多に見られない、美しい光でした。
c0249519_851382.jpg




* * *

 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2015-09-12 08:52 | ロンドン - イベント | Comments(6)

バッハの愉悦、音楽の至福


 今年のプロムスのクライマックス、ヨーヨー・マによるバッハ無伴奏組曲。全6曲を、休憩なしで2時間半。
 ひたすらバッハの美しい音楽にひたる、至福の時間でした。

c0249519_9514189.jpg




* * *

 お気に入り写真をFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2015-09-06 09:52 | ロンドン - イベント | Comments(2)

深夜のプロムス

c0249519_20424827.jpg


 プロムスは7月から9月の期間中、毎日クラシックコンサートが開かれるのですが、ときどき普通のコンサートが終わったあと、午後10時くらいからもう一つコンサートが開かれるときがあります。Late Night Promと呼ばれて、演奏会自体は休憩を挟まない短めのものなのですが、なかなか面白い演目も多く、通常のプロムスの演奏会がオーケストラの演奏会ばかりなのに対して、Late Nightの方ではピアノやヴァイオリンのソロ、あるいは室内楽の小規模な演奏会も多くなります。

 今年は特にこのLate Night Promの充実ぶりが際立っていて、その第一弾が新進気鋭のヴァイオリニスト、アリーナ・イブラギモヴァの弾くバッハ無伴奏ソナタとパルティータ全曲でした。二晩にわたって開かれた彼女の演奏会、聴き逃すわけにはいきません。

 ちなみにニ夜のイブラギモヴァのリサイタル、どちらもLate Night Promなので当然その前に別の演奏会があります。初日はビシュコフ指揮のBBC響でショスタコーヴィチの交響曲7番、二日目はメナ指揮のBBCフィル(紛らわしいのですが、BBC響とは別団体)でブルックナーのミサ曲第三番。どちらも超のつく重量級で、これらを聴いてから気持ちを切り替えてバッハというのはなかなか大変。もう少し聴くほうのことも考えてプログラムを組んでくれたら嬉しいのですが・・・
 なお、過去のプロムスではワーグナーの「ニーベルングの指環」全曲をやり、その合間、「ジークフリート」と「神々の黄昏」の間に「トリスタンとイゾルデ」を上演するという、とんでもないプログラムの「前科」があります。

 いつもハイドパークの写真ばかりでワンパターンは重々承知していますが、この時期は頻繁にプロムスの演奏会に通うので、どうしてもハイドパークばかり・・・

c0249519_20433786.jpg

c0249519_20435262.jpg


 その気持ちいいハイドパークを抜けて、プロムスの会場ロイヤルアルバートホールに向かいました。


 アリーナ・イブラギモヴァのバッハ、ヴィブラートを掛けない古楽器を意識した奏法ですが、基本的にはとても分厚い響きの演奏で、表現も非常に積極的。厚みのある美しい音色が冴えて、そこにキレのいい装飾音や付点のリズムが効果的に入ってきます。バッハの大曲に真っ正面から挑み、しっかりと弾ききった見事な演奏。特に二番の有名なシャコンヌはすばらしい熱演で圧倒されました。
 過去に何度か聴いたことのあるイブラギモヴァでしたが、今回のバッハを聴いて、ものすごい勢いで音楽家としての成長を遂げていることを目の当たりにしました。

 ちなみに二日目の最初、パルティータ2番の最初の曲を弾いている途中、一瞬ふと音の流れがおかしいと思ったら、その直後に彼女が演奏を止めてしまうハプニングがありました。しばらく気持ちを落ち着けて曲の途中から弾き始めましたが、彼女もこれは相当動揺したはず。弾き直し始めてしばらくは音の力強さが失われていました。
 それでも演奏が進むにつれて本来の調子を取り戻し、立派な演奏に戻したのはさすがの一言。ロンドンのお客さんはみんな彼女の実力を認めているので、終演後は盛大なブラボーの嵐でした。

c0249519_2045332.jpg

[PR]
by londonphoto | 2015-08-02 20:50 | ロンドン - イベント | Comments(4)

狂喜の沙汰



 いったい誰が思い付いたのか。

 なぜ本気でこれを実行しようと思ったのか。

 本日のプロムス、ゲルギエフ指揮のロンドン交響楽団。ロシアからピアニストを三人呼んできて、プロコフィエフのピアノ協奏曲全5曲。休憩二回を含む三時間のコンサート。「ほんまでっか?」とつい地の大阪弁が出てしまいそう。

 三人のピアニストは、ダニール・トリフォノフ(1番と3番)、セルゲイ・ババヤン(2番と5番)、アレクセイ・ヴォロディン(4番)。辛うじて名前を知っていたのがトリフォノフ。あとの二人は名前も知らなかったけれど、ババヤンはトリフォノフの師匠とのこと。

 いや、凄かったですよ。特にババヤンの弾く2番。その前のトリフォノフの弾く1番が、やや線が細くて頼りないところも感じられて、物足りない演奏だったのだけれど、2番が始まってババヤンのピアノが静かに序奏を弾き始めたところで

「!」

 何かが違う。響きが静かなのにとても豊かで、がっちりとした安定感も抜群。
 と思っているうちに音楽は進み、あとはただただ圧巻。凄まじい超絶技巧と音圧で、超高難度の楽譜をとんでもないスケールで弾き進む。豊穣と憂愁のロシアンピアノスクールの恐るべき世界が繰り広げられ、圧倒されて言葉も出ない。これは参った。

 正気の沙汰とは思えないこのプログラム、蓋を開けてみれば、今年のプロムス序盤のクライマックスだったのかもしれない。とんでもないものを聴いてしまった気がする。

c0249519_8272249.jpg


c0249519_827402.jpg

[PR]
by londonphoto | 2015-07-29 08:30 | ロンドン - イベント | Comments(2)

雨上がり

c0249519_18372733.jpg


 昼のうち雨がたくさん降った日の夕方。仕事が終わると運良く雨はやんでいて、サンドイッチを買うといつものように演奏会場へ。

c0249519_18375270.jpg


 ここ二日間のプロムスは、レイフ・オヴェ・アンスネスがマーラー室内管弦楽団と共演してベートーヴェンのピアノ協奏曲を弾く演奏会が続きました。アンスネスのピアノは清潔で流麗。3番の協奏曲はもう少しガツンときてもいいように思いましたが、4番は本当に見事な演奏でした。
 そしてこの演奏会で驚かされたのは、マーラー室内管のとんでもない上手さ。全員が四重奏や五重奏をやるのと同じ感覚で合奏に参加しているような、積極的で緊密なアンサンブルで、表現力の豊かさが際立っていました。
 アンスネスとの協奏曲の合間に、オーケストラだけの曲の演奏もあったのですが、彼らは指揮者無しで完璧な演奏を聴かせます。ストラヴィンスキーのバレエ音楽「ミューズを率いるアポロ」は私が愛してやまない美しい音楽ですが、弦楽合奏のこの曲を、完璧な合奏精度と、指揮者なしとは思えない息の長い構成ですばらしく演奏します。オーケストラの自発的な音楽性の豊かさに圧倒され、弦楽器の多彩な音色に酔いしれたひとときでした。

 オーケストラがこれだけ自発的に豊かな音楽を作れるのであれば、アンスネスが弾き振りでベートーヴェンの協奏曲を演奏するのも理解できる気がしました。以前、あるピアニストが「モーツァルトの協奏曲は弾き振りしやすいけれど、ベートーヴェンになるとオーケストラの比重が大きくなってきて、指揮者に任せたくなるところ出てくる」と書いているのを読んだことがあるような気がします(記憶が不確かなのですが)。でも、マーラー室内管なら、オーケストラの方でちゃんと弾いてくれるので、ピアニストも安心してソロに集中できるはず。アンスネスも手が空いているときには指揮をしていましたが、全体としてはアンスネスとマーラー室内管が対等に共演しているという雰囲気の演奏でした。

 両者の共演、明日の日曜日に2番と5番の協奏曲を弾いて完結します。楽しみです。

c0249519_18382067.jpg

c0249519_1838369.jpg

c0249519_18385292.jpg

[PR]
by londonphoto | 2015-07-25 18:40 | ロンドン - イベント | Comments(2)

夏の祭の始まり!

c0249519_732280.jpg



 この週末、夕方にハイドパークに向かいました。天気のよい気持ちのいい夕刻、少し回り道をして公園の中の道を歩きます。

c0249519_735834.jpg


c0249519_741542.jpg


 でもこの日の目的地はハイドパークではなく、その南隣にあるロイヤルアルバートホール。私にとっての夏の風物詩、クラシック音楽の祭典プロムスが、今年も始まりました!
 シーズン中は毎日のようにさまざまな公演が繰り広げられるロンドンではありますが、それでも普段聴く機会の少ないオーケストラをプロムスで集中的に聴けるというのは、マニアにはたまらない興奮なのです。

 プロムスの開幕自体は先週の金曜日でしたが、この日の公演が私の今年最初の演奏会。会場に着くと、開演間近だったので入場者の列。
c0249519_743575.jpg


 この日はアンドリス・ネルソンズ指揮のバーミンガム市交響楽団。かつてサイモン・ラトルが音楽監督を務めていた楽団で、イギリスの地方オーケストラという顔をしていながら(実際そうなのですが)、実力は世界でもトップクラスの名楽団です。この日の公演、演目がベートーヴェンの第九ということもあり、チケット完売で会場は満員でした。

c0249519_754810.jpg


 この会場に入ると、プロムスが始まったことを実感します。

 演奏はやはりこの楽団らしい、完璧な精度の合奏に支えられた熱い内容のものでした。指揮者が煽っても合奏がまったく崩れないのが驚異的。ふだんロンドンでこの楽団の実演を聴く機会はまずないので、毎年のプロムスは彼らの演奏を聴く貴重な機会です。

 ということで、早速いい演奏会に出会えた今年のプロムス。これからも楽しみな演奏会が続きます。気力と体力(と財力)の続く限り、聴きに出掛けます。

c0249519_79366.jpg


 
[PR]
by londonphoto | 2015-07-21 07:10 | ロンドン - イベント | Comments(4)