Londonを中心に、世界のあちこちからの写真を載せていきます。更新はゆっくりです。


by londonphoto

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

やればできる
at 2017-07-04 04:52
夏の森のかたち
at 2017-07-02 17:24
アレッサンドラ・フェリの椿姫..
at 2017-06-04 07:03
ゼナイダ・ヤノウスキの椿姫/..
at 2017-06-04 06:12
初夏の楽しみ(3)
at 2017-05-29 19:01

最新のコメント

Знакомства A..
by Aradgannug at 02:37
気持ちのいい季節になりま..
by londonphoto at 02:58
この空気をそっと胸いっぱ..
by windtalker2008 at 20:16
まだまだ踊れるのに、と世..
by londonphoto at 20:06
ありがとうございます。フ..
by londonphoto at 20:00
カーテンコールの動画みま..
by windtalker2008 at 18:58
すばらしい画像ばかり!舞..
by windtalker2008 at 18:56
chocoさんこんにちは..
by londonphoto at 22:59

カテゴリ

全体
著書
ロンドン - 日常
ロンドン - 観光地
ロンドン - 美術館
ロンドン - イベント
イギリス(ロンドン以外)
バレエ
ナミビア
フランス
ドイツ
オーストリア
イタリア
スロヴェニア
タイ
トルコ
オランダ
ヨルダン
ウズベキスタン
日本
ロンドンオリンピック
ポートレート
旅行
写真練習帳
その他
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

お気に入りブログ

miu'z journa...
By The Thames
1*ときどき*5
jinsnap (web...
好きな写真と旅とビールと
(=^・^=)の部屋 写真館
パチプロ!デメタン
光の贈りもの
いんちきばさらとマクガフ...
風歩記
n e c o f l e x
happiness
パトローネの中
是和道哉 万事快調ときどき鬱
PHOTRESBIENNE

外部リンク

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
海外生活

画像一覧

カテゴリ:旅行( 6 )

雪の鞍馬

c0249519_259339.jpg

 今年のお正月の三ヶ日は非常に寒く、などと言うには少し時間が経ってしまいましたが、その寒い中、京都の鞍馬まで初詣に行ってきました。大阪でさえ場所によっては雪が積もっていたので、山奥の鞍馬はさぞかし、と思いながら行ったのですが、予想に違わず相当な積雪。本当は鞍馬寺の少し手前にある貴船神社に行くのが好きなのですが、最寄り駅からの山道が雪で覆われているのを見て即座に貴船神社を諦め、駅からすぐの鞍馬寺に行くことに決めました。
c0249519_25940100.jpg

c0249519_30158.jpg


 この鞍馬寺、駅から門まではすぐなのですが、門から本堂までの参道がかなりの距離のある登り坂。ここも雪がしっかり積もっていてとても歩いて登れる状態ではなかったので、今回初めてケーブルカーを使いました。登ると大変な参道も、ケーブルカーなら本当にあっという間でした。
c0249519_302720.jpg

c0249519_31939.jpg

c0249519_313179.jpg

c0249519_3152100.jpg


 鞍馬寺から貴船神社へは、普段はひと山越えて一時間ほど歩けば辿り着けるのですが、この日は雪のため山越えの道は閉鎖されていました。閉鎖されていなくても、この日は山を越えるつもりは全くありませんでしたが。
c0249519_321699.jpg

 お参りを済ませ、境内で振る舞われていた甘酒で体を温めたあとは下山。とにかく寒かったのですが、普段は見ることのない美しい雪景色を堪能した初詣でした。
c0249519_32325.jpg

c0249519_325443.jpg

[PR]
by londonphoto | 2015-01-08 03:03 | 旅行 | Comments(4)

ギリシャ/サントリーニ島

c0249519_52108.jpg

 ついこの間ナミビアに行ってきたばかりじゃないか、と言われそうですが(実際そうなのですが)、また週末に数日の休暇を足して、ギリシャのサントリーニ島へ行ってきました。完全にバカンスです。
 ギリシャはずいぶん以前から興味のあった国で、何よりサントリーニ島は一度は行きたい場所だったのですが、行ってみるとこちらの期待を遥かに超える美しさで、滞在中は何だかずっと夢の中に遊んでいるような心地でした。陽光は空いっぱいに溢れ、更に街並の白も満たし切って、ここが完全な観光地と化していることを分かってはいても、目の前の光の風景にはため息しか出ません。こんなに美しい場所があっていいものなのかという思いがふと頭をよぎりつつも、複雑な思考は光の中にすぐに溶けて蒸発してしまいます。ギリシャの国旗と同じ、青と白で描かれた美しい世界に入り込んで、夢中で光を浴び続けた数日間でした。
c0249519_524082.jpg

c0249519_5316.jpg

c0249519_534837.jpg

c0249519_542030.jpg

c0249519_54363.jpg

c0249519_57564.jpg


 サントリーニ島の街並が美しいのは島の西岸のフィラ(Fira)から北西端のイーア(Oia)です。私は島の反対側、東岸に宿を取りましたが、おかけで宿は安く、宿の近くのとんでもなく美味しいレストランも格安で、とにかくサントリーニを満喫したとしか形容のしようがない、最高のバカンスとなりました。
c0249519_55018.jpg

c0249519_553052.jpg

c0249519_56042.jpg

c0249519_561888.jpg

c0249519_5649100.jpg


 いまは既にロンドンに帰ってきましたが、自分の心の一部は今も島に残って、ずっとこの光の中をさまよっているような、そんな気がしてなりません。こんな心の残り方をする場所はほかにちょっと記憶にありません。今回の滞在中、比較的近くにあるナクソス島へ日帰りで行ってこようかと思いつつも、フェリー代の高さにひるんでしまい、結局ずっとサントリーニ島に滞在したのですが、それを悔いる気持ちがまったく起こらないほど、美しさが心に沁みる島でした。
c0249519_585899.jpg

c0249519_592363.jpg

c0249519_59469.jpg

c0249519_510993.jpg

c0249519_512171.jpg

c0249519_5124019.jpg

c0249519_5121734.jpg

c0249519_5123775.jpg

c0249519_5125532.jpg

c0249519_5131889.jpg

c0249519_5134692.jpg

c0249519_514599.jpg



 
[PR]
by londonphoto | 2014-08-20 05:15 | 旅行 | Comments(6)

七夕

久しぶりに更新します。
七夕だからというわけではありませんが、星空の写真を一枚。
c0249519_6155893.jpg

この二週間、アフリカのナミビアを旅行していました。上の写真はナミビアで撮ったもの。人工光の少ないナミビアでは、毎晩当たり前のように天の河の掛かる星空を眺めていました。現在、写真を鋭意整理中ですので、これから少しずつ写真を載せていこうと思います。
お楽しみに。
[PR]
by londonphoto | 2014-07-08 04:55 | 旅行 | Comments(4)

明けましておめでとうございます

c0249519_12312428.jpg


 また随分間が空いてしまいました。忙しい毎日を終えて、年末は日本に帰っていました。といっても、日本でも猛烈に遊び尽くし、食べに食べた休暇となりました。今回の休暇で一番楽しみにしていたのが奈良の吉野。オフシーズンの静かな温泉宿に泊まり、降りしきる雪を眺めながら、露天風呂で樽酒(飲み放題でした!)を楽しむ至福のひとときでした。
 ただしこの雪は予想外で、雪が降るおかげであまり外を出歩くこともできず、結果的に宿でゆっくりすることができたのは良かったのですが、もう少し外を見たいとも思いました。次は別の季節に訪れてみたいものです。
c0249519_12324655.jpg

 写真は蔵王堂付近の風景です。吉野といえばもちろん桜が有名で、春には山一面が桜の花に覆われるのでしょうが、雪のおかげで木々に花が咲いたように美しい風景が楽しめました。
c0249519_12324775.jpg

c0249519_12325871.jpg

 最近太平記を読んでいたので、こんなに寂れた山奥に南朝側が拠点を置いていたのかと、後醍醐天皇の途轍もない執念を感じずにはいられませんでした。
c0249519_12343399.jpg

c0249519_12341666.jpg

c0249519_12342571.jpg

c0249519_12362917.jpg


 今年もゆっくりとではありますが、このブログは続けていくつもりですので、引き続きお付き合いをお願い致します。2014年が皆様にとってよい年であることを願っています。
[PR]
by londonphoto | 2014-01-02 12:37 | 旅行 | Comments(8)

マルタの街


c0249519_224924.jpg

 今回のマルタ旅行は、出発の直前になって行き先を決めたほどなので、マルタの歴史や文化については何一つ予習する時間のないままの出発となってしまいました。マルタと言って知っていたのは、シチリアのすぐ近くにある有名なリゾート地であること、イギリスの植民地支配を受けていたこと、そして犬のマルチーズがマルタ発祥であること(マルチーズという語はMalteseで, Japanに対するJapaneseと同様の形容詞・名詞です)くらいです。

 街を歩いてみて印象的だったのが、何よりもその街並の色合い。砂色の建物が建ち並び、乾燥した雰囲気を感じました。マルタは島内を回る観光ツアーが無数に催行されており、私もそんなツアーでマルタ島を回ってみましたが、本当にどこにいっても荒涼とした風景が続いたので、前回の記事でご紹介したブルーラグーンのビーチとの対比に驚きました。
c0249519_232564.jpg

 最初に歩いたのは首都ヴァレッタの街。観光客の多い目抜き通りは土産物屋とレストランで賑わっていましたが、少し脇道に逸れると急に寂れた雰囲気に変わります。
c0249519_23499.jpg

c0249519_24943.jpg

c0249519_243392.jpg

 もっとも、これは私の歩いたルートが悪かったようで、ここから歩き続けると、次第に風景が変わってきました。
c0249519_25275.jpg

c0249519_252236.jpg

 このヴァレッタ湾のあたりはかなりいい雰囲気の路地が多く、歩いていて楽しめました。
c0249519_254244.jpg

c0249519_262282.jpg


 対岸の旧市街の横に大きな造船所が見えました。海運の拠点となってきたマルタ島ならではの光景でしょう。
c0249519_264342.jpg


 マルタという国は、マルタ島の他にゴゾ島とコミーノ島という更に小さな島の、あわせて3つの島からできています。前の記事のブルーラグーンはコミーノ島にあり、そこへ行ったついでに、隣のゴゾ島ツアーにも参加してきました。こちらもやはり砂色です。
c0249519_271246.jpg

c0249519_274268.jpg

c0249519_28924.jpg

 このサボテン、実のように見える小さな部分は食用に使用されているようで、このサボテンの実入りのお酒などを見かけました。
c0249519_283098.jpg


 外から見ていると荒涼とした風景ばかりに見えるマルタですが、それとは極めて対照的だったのが教会。かつてマルタ騎士団の拠点となった歴史があるからか、教会は壮麗なものが多くあり、内部の豪華さは見る人の目を奪うものがありました。
c0249519_29544.jpg

c0249519_295165.jpg

c0249519_2101712.jpg

c0249519_2104169.jpg

 数日の短い滞在ではありましたが、苛烈と言ってもいいほどの陽光と独特の風景、そして美しい海を楽しんだマルタ旅行でした。
c0249519_2111119.jpg

 
[PR]
by londonphoto | 2013-08-19 02:12 | 旅行 | Comments(4)

マルタでバカンス

c0249519_19285924.jpg


 このところ掛かりっきりだった仕事がようやく無事に終わり、延び延びになっていた夏休みをようやく取ることができました。休暇の許可が降りると即座に飛行機のチケットを予約。以前から気になっていたマルタに行ってきました。ちなみにマルタは地中海のど真ん中、イタリアのシチリア島のすぐ南にある、小さな島国です。
c0249519_19281661.jpg


 マルタはヨーロッパでは人気のあるリゾート地の一つで、ちょうどバカンスシーズンの今は本当にたくさんの観光客が集まっていました。私もこういうリゾート地に行くのは久し振りでしたが、さすがに南国の海の開放感は最高です。強烈な陽光に煌めく海の鮮やかな色彩に、いっぱいの高揚感を覚えました。
c0249519_19294870.jpg

c0249519_19301981.jpg

c0249519_19304791.jpg

c0249519_1932324.jpg

 マルタはEUにも加盟しているくらいなので、分類上はヨーロッパの国ということになるのでしょうが、一般的にヨーロッパと言って思い浮かべる風景とは随分異なる雰囲気を持っています。シチリア島でもヨーロッパより北アフリカやアラブの雰囲気を感じましたが、ここではそれがより濃密で、荒涼とした色彩の風景は独特の印象的なものでした。

 このマルタの陸の風景は、また次の記事でご紹介します。
c0249519_19353793.jpg

[PR]
by londonphoto | 2013-08-17 19:37 | 旅行 | Comments(2)