Londonを中心に、世界のあちこちからの写真を載せていきます。更新はゆっくりです。


by londonphoto

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

やればできる
at 2017-07-04 04:52
夏の森のかたち
at 2017-07-02 17:24
アレッサンドラ・フェリの椿姫..
at 2017-06-04 07:03
ゼナイダ・ヤノウスキの椿姫/..
at 2017-06-04 06:12
初夏の楽しみ(3)
at 2017-05-29 19:01

最新のコメント

気持ちのいい季節になりま..
by londonphoto at 02:58
この空気をそっと胸いっぱ..
by windtalker2008 at 20:16
まだまだ踊れるのに、と世..
by londonphoto at 20:06
ありがとうございます。フ..
by londonphoto at 20:00
カーテンコールの動画みま..
by windtalker2008 at 18:58
すばらしい画像ばかり!舞..
by windtalker2008 at 18:56
chocoさんこんにちは..
by londonphoto at 22:59
お久しぶりです(^^) ..
by chocoyan2 at 20:07

カテゴリ

全体
著書
ロンドン - 日常
ロンドン - 観光地
ロンドン - 美術館
ロンドン - イベント
イギリス(ロンドン以外)
バレエ
ナミビア
フランス
ドイツ
オーストリア
イタリア
スロヴェニア
タイ
トルコ
オランダ
ヨルダン
ウズベキスタン
日本
ロンドンオリンピック
ポートレート
旅行
写真練習帳
その他
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

お気に入りブログ

miu'z journa...
By The Thames
1*ときどき*5
jinsnap (web...
好きな写真と旅とビールと
(=^・^=)の部屋 写真館
パチプロ!デメタン
光の贈りもの
いんちきばさらとマクガフィン
風歩記
n e c o f l e x
happiness
パトローネの中
是和道哉 万事快調ときどき鬱
PHOTRESBIENNE

外部リンク

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
海外生活

画像一覧

<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

リージェンツパークの薔薇

 今日はふらりとリージェンツパークに足を伸ばしました。今の時期のリージェンツパークは何といっても薔薇の花が有名なのですが、毎年この時期は仕事のピークが重なることもあり、いつも見逃していました。今年こそは意気込んで、ようやく実際にその美しさを目の当たりにすることができました。

 この時期は薔薇だけでなく、さまざまな花が咲いています。例年天候が最も安定するはずの6月なのに、今年はどうにも天気がすっきりせず、今日も雲の合間から時おり陽が射す天候でしたが、それでも花々が咲き乱れる風景というのは華やかでいいものです。
c0249519_6455923.jpg

 そして、お目当ての薔薇。
c0249519_6463033.jpg

c0249519_6465647.jpg

 自然というのはどうしてこうも艶やかに贅を尽くすのかと感嘆するほど、それぞれの薔薇が工夫を凝らし、華麗かつ精妙な彩りで誇らし気に妍を競っていました。馥郁とした薫りをあたりに満ち渡らせて、まさに百花繚乱、たくさんの花が様々な表情を見せているのですが、その中にもやはり美人の花というのがいて、そういう花は見る人を強く惹き付けます。現身(うつしみ)を越えた美しさに酔いしれるひとときでした。
c0249519_6473084.jpg

c0249519_647535.jpg

c0249519_6483045.jpg

c0249519_649016.jpg

c0249519_6493960.jpg

[PR]
by londonphoto | 2012-06-25 06:52 | ロンドン - 日常 | Comments(6)

ロイヤルバレエ「パゴダの王子」

 ロンドンに戻ってきたと思ったらいきなり趣味に走ってばかりで恐縮ですが、今日はバレエです。会場はロンドンで私が最も好きな場所、ロイヤルオペラハウスです。
c0249519_8233878.jpg

c0249519_8235765.jpg

 ちなみにこれは休憩中に撮ったもの。今のイギリスは、午後9時を過ぎてもこの明るさです。
c0249519_8252024.jpg


 今日観てきたブリテン作曲、マクミラン振付の「パゴダの王子」は不思議な作品です。華やかな見せ場があるわけでもなく、深い心理描写を行うわけでもありません。マクミランは代表作の「マノン」や「ロメオとジュリエット」では、まるで台詞が聞こえるような錯覚を覚えてしまうほど、克明に登場人物の心理を描きます。ところがこの「パゴダの王子」では、まるで現代絵画のように細部の描写の輪郭がぼかされており、観ていてもいま一つツボが掴みにくい作品です。この作品で私が心惹かれるのは、したがって心理描写の巧みさやストーリーの明解さではありません。第2幕で繰り広げられる不思議な空想世界の妖しさ、どこか不気味でありながら、観る者の心を強烈に惹き込む幻想性です。また、ブリテンの音楽が本当に素晴らしく、この音楽がなければこの作品もここまでの吸引力は持ちえなかったと思います。
 今日の主役を踊ったタマラ・ロホとマリアネラ・ヌニェスはともに素晴らしい技術と豊かな表現力を誇るバレリーナで、作品に素晴らしい華と奥行きと陰翳を与えていました。ロホは私の特にお気に入りのダンサーですが、残念ながらあと数回の舞台を務めると、彼女はロイヤルバレエを去ってしまいます。今日も彼女の素晴らしい踊りを観ながら、あと1シーズンでもここに残ってほしかったと思わずにはいられませんでした。写真の中の、白い衣装がヌニェス、黒い衣装(今回は悪役です)がロホです。
c0249519_8254283.jpg

[PR]
by londonphoto | 2012-06-19 08:27 | バレエ | Comments(2)

ウィーンフィル演奏会

 ずいぶん間隔が開いてしまいました。先週ようやくロンドンに帰ってきました。休暇を頂いて眠りに眠り、体力も完全回復。そうして迎えた週末の締めくくりは、ずっと楽しみにしていたウィーンフィルのロンドン公演でした。指揮はサイモン・ラトルで、ブラームスの交響曲3番、ウェーベルンの6つの小品、最後がシューマンの交響曲3番「ライン」という、実に渋いブログラムでした。

 そのブラームス、最初から熱い! 強く、深く、魂が燃えさかるような入魂の演奏が最初から最後まで一音たりとも途切れません。聴いているこちらも、魂がビリビリと音を立てて力強く共鳴し、揺さぶられ続けます。何かあちらの世界へ飛び出してしまったかのような演奏で、ラトルに煽られたウィーンフィルの、崩れてしまうぎりぎりのところで持ちこたえる緊張感は尋常ではありません。圧倒的な集中力と表現力が音楽の全編に満ち渡り、滅多に聴くことのできない、神掛かったとすら言いたくなるような圧巻の演奏でした。

 後半のウェーベルンは、期待と少し違って生々しい血のたぎるような演奏。最後のラインはテンポが速く、メンデルスゾーンのような爽やかな演奏に終始していました。個人的には、やはり前半のブラームスが圧倒的でした。
c0249519_7113218.jpg


 夏至まであと数日のロンドン、演奏会が終わって外に出てもまだ明るく、時間を得したような嬉しい気分で家路につきました。
 これからまた少しずつ写真を撮っていきたいと思います。
[PR]
by londonphoto | 2012-06-18 07:13 | ロンドン - 日常 | Comments(2)

夕景

 さすがに同じような写真ばかりで自分でも芸がないなと思うのですが、町が小さい上に仕事が終わってからしか写真を撮れないので仕方ありません。ここ最近は天気のいい日が多くなり、気温も上がってきました。ちょうど海の向こうに日が沈むので、きれいな夕陽を見ることができます。
c0249519_4494185.jpg

c0249519_4544367.jpg

c0249519_4555330.jpg

c0249519_4565975.jpg

 日が沈んでからの風景。不思議な空の色でした。
c0249519_4574039.jpg

[PR]
by londonphoto | 2012-06-04 05:00 | トルコ | Comments(4)

祭の夜の賑わい

 この町のフェスティヴァルはまだ続いています。今日も仕事が終わると、カメラを持って外に出ました。週末の夕方だったことに加え、そろそろクライマックスが近付いてきたようで、以前とは比べ物にならないほどの人で賑わっていました。
c0249519_57099.jpg

c0249519_572247.jpg

 少し早い時間だったので舞台の出し物もちょっと地味でした。でも、何が面白いのかよく分からないコメディーなどに混じって、こんな出し物も。
c0249519_575756.jpg

 夜が更けるにつれ、ますます人も増えてきましたが、残念ながら明日も仕事。早めに切り上げてホテルに戻りました。
c0249519_581920.jpg

[PR]
by londonphoto | 2012-06-03 05:11 | トルコ | Comments(0)