Londonを中心に、世界のあちこちからの写真を載せていきます。更新はゆっくりです。


by londonphoto

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

やればできる
at 2017-07-04 04:52
夏の森のかたち
at 2017-07-02 17:24
アレッサンドラ・フェリの椿姫..
at 2017-06-04 07:03
ゼナイダ・ヤノウスキの椿姫/..
at 2017-06-04 06:12
初夏の楽しみ(3)
at 2017-05-29 19:01

最新のコメント

気持ちのいい季節になりま..
by londonphoto at 02:58
この空気をそっと胸いっぱ..
by windtalker2008 at 20:16
まだまだ踊れるのに、と世..
by londonphoto at 20:06
ありがとうございます。フ..
by londonphoto at 20:00
カーテンコールの動画みま..
by windtalker2008 at 18:58
すばらしい画像ばかり!舞..
by windtalker2008 at 18:56
chocoさんこんにちは..
by londonphoto at 22:59
お久しぶりです(^^) ..
by chocoyan2 at 20:07

カテゴリ

全体
著書
ロンドン - 日常
ロンドン - 観光地
ロンドン - 美術館
ロンドン - イベント
イギリス(ロンドン以外)
バレエ
ナミビア
フランス
ドイツ
オーストリア
イタリア
スロヴェニア
タイ
トルコ
オランダ
ヨルダン
ウズベキスタン
日本
ロンドンオリンピック
ポートレート
旅行
写真練習帳
その他
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

お気に入りブログ

miu'z journa...
By The Thames
1*ときどき*5
jinsnap (web...
好きな写真と旅とビールと
(=^・^=)の部屋 写真館
パチプロ!デメタン
光の贈りもの
いんちきばさらとマクガフィン
風歩記
n e c o f l e x
happiness
パトローネの中
是和道哉 万事快調ときどき鬱
PHOTRESBIENNE

外部リンク

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
海外生活

画像一覧

<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

タマラ・ロホの引退公演

 昨夜はロイヤルバレエでアシュトンのミックスビル。お目当ては、この日がロイヤルバレエで最後の出演となる、タマラ・ロホの引退公演の舞台でした。演目はリストのピアノソナタを使った、「マルグリットとアルマン」。椿姫の物語です。
 何とも豪華で、かつ懐かしくて嬉しかったのは、アルマン役にセルゲイ・ポルーニンがゲスト出演したこと。ロホもポルーニンも本当に好きなダンサーだったので、私としてはこの公演は最前列の特等席で見たかったのですが、残念ながらチケットを取ることができず、少し離れた場所からの観劇となりました。が、舞台が始まればそんなことも忘れて、彼らの作り出すドラマにのめり込みました。相変わらず盤石の安定感の上で深く心理を描き切るロホの演技と、圧倒的な力強さを見せるポルーニン。かつて日常的に彼らの舞台を見ていた頃のことを思い出し、興奮と懐かしさを感じると同時に、やはり寂しさも感じずにはいられませんでした。しかしこうやって人が入れ替わるのも人間の世界の宿命。今度は新しい人が現れて来ることを楽しみにすることにしましょう。

 終演後はカーテンコールのロホに盛んに花が投げられ、舞台には長く彼女のパートナーを務めたアコスタの姿もありました。
c0249519_83592.jpg

c0249519_8352494.jpg

c0249519_8354096.jpg

[PR]
by londonphoto | 2013-02-23 08:37 | バレエ | Comments(4)

ピレシュのベートーヴェン

昨日は本当に久し振りにオーケストラの演奏会に足を運びました。ベルナルト・ハイティンク指揮のロンドン交響楽団で、ピアノにマリア・ジョアン・ピレシュを迎えてベートーヴェンのピアノ協奏曲2番を演奏したあと、メインはブルックナーの9番という渋いプログラム。ピレシュのピアノはいつもの通り本当に美しく、清潔かつ誠実で、しかも豊かな演奏。彼女の演奏を聴いて、音楽に対しても聴衆に対しても、誠実さを欠いていると感じたことは一度もありません。いつ聞いてもとても幸せな気持ちにしてくれる、素晴らしいピアニストです。
c0249519_7193084.jpg


メインのブルックナーは、ハイティンクの誇張のない、しかしツボを押さえて動かすところはきっちり動かす指揮のもと、ロンドン交響楽団の実力が惜しみなく発揮された見事な演奏。荘厳、神秘、深遠といった、ブルックナーに我々聴衆が求める要素が完璧に描き出された素晴らしいものでした。オーケストラの上手さもさすがと言うほかなく、特にフィリップ・コッブのトランペットは圧巻でした。
このプログラムは間もなく日本ツアーでも演奏されるということですので、日本の音楽ファンは大いに期待して良いと思います。




 
[PR]
by londonphoto | 2013-02-19 07:20 | ロンドン - イベント | Comments(0)

ミャンマーの鼻笛

大変ご無沙汰しております。また自分プロジェクトのためにミャンマーを訪問していました。
今回はあまり人が訪れない場所を選んで旅をしていたのですが、その中の一つ、ミャンマー西部チン州というところは、女性が顔に入れ墨を入れていたり(今は禁止されているので、若い人にはもう入れ墨はありません)、猟師が山で狩りを行ったりするという、ミャンマーの中でもかなり異色な地域です。
このチン州を回っていたときに、伝統的な鼻笛の演奏を聴くことができました。この鼻笛は、若い男女の求愛などの際に演奏されたものだそうです。




またこれから、ゆっくりと更新を再開していきたいと思います。
[PR]
by londonphoto | 2013-02-15 15:36 | その他 | Comments(6)