Londonを中心に、世界のあちこちからの写真を載せていきます。更新はゆっくりです。


by londonphoto

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

バンコク逍遥(2017年12月)
at 2017-12-17 19:33
モロッコの旅(5) マラケシ..
at 2017-12-06 07:49
モロッコの旅(4) サハラ砂..
at 2017-12-05 15:52
モロッコの旅(3) サハラ砂..
at 2017-12-05 06:19
モロッコの旅(2) 青の丘 ..
at 2017-12-03 19:33

最新のコメント

windtalker20..
by londonphoto at 07:53
街の雰囲気の端々にすこし..
by windtalker2008 at 05:15
kirinさん k..
by londonphoto at 08:21
なるほど魅力的な街ですね..
by kirin_1117 at 08:25
tomoさんおはようござ..
by londonphoto at 09:01
sonyさん ご無沙汰..
by londonphoto at 08:54
londonさん こんに..
by lily1406 at 08:47
行方不明になっていたので..
by Sony at 09:14

カテゴリ

全体
著書
ロンドン - 日常
ロンドン - 観光地
ロンドン - 美術館
ロンドン - イベント
イギリス(ロンドン以外)
バレエ
ナミビア
フランス
オーストリア
ドイツ
イタリア
スロヴェニア
タイ
トルコ
オランダ
モロッコ
ヨルダン
ウズベキスタン
日本
ロンドンオリンピック
ポートレート
旅行
写真練習帳
その他
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

お気に入りブログ

miu'z journa...
By The Thames
1*ときどき*5
jinsnap (web...
好きな写真と旅とビールと
(=^・^=)の部屋 写真館
パチプロ!デメタン
光の贈りもの
いんちきばさらとマクガフ...
風歩記
n e c o f l e x
✿happiness✿
パトローネの中
是和道哉 万事快調ときどき鬱
PHOTRESBIENNE

外部リンク

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
海外生活

画像一覧

<   2014年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

冬の陽、冬の灯

c0249519_78673.jpg

c0249519_784179.jpg

 久しぶりに昼間の写真です。夕方5時には暗くなっている今のロンドン、私が昼間の写真を撮れるのは週末くらいのものです。
 その週末、かなり久しぶりにテートモダン美術館を訪れました。特に何を見るというのではなくて、ただそこにある展示品を見て、この美術館の雰囲気に身を置くのが目的。ロンドンに数ある美術館の中で、私が最も居心地の良さを感じるのがここテートモダンです。重厚に過ぎることもなく、カジュアルでありながら、しかしアートの刺激はたっぷりと堪能できる場所。ここのカフェコーナーに座って本を読んだりものを書いたりするのも、充実した休日の使い方です。
c0249519_785658.jpg

 ただし今日は、美術館の展示も見つつ、周囲の風景も楽しみました。テームズ川の向こうに佇むセントポール寺院も繊細な冬の光に美しく浮かび上がり、美術館の前の広場にはクリスマスマーケット。ここでクリスマスマーケットを見るのは初めてですが、以前からあったのか最近始まったのか、私にはよく分かりません。ここでもやはり、本場ドイツのものと比べるとどこか形だけ真似たような印象を受けないわけではないのですが、それでも冬の早い夜の訪れとともに暖かい光を灯すクリスマスマーケットは、やはり楽しいものです。
c0249519_791874.jpg

c0249519_795267.jpg

c0249519_7102178.jpg

c0249519_711131.jpg

c0249519_711568.jpg

c0249519_71248100.jpg

[PR]
by londonphoto | 2014-11-30 07:12 | ロンドン - 日常 | Comments(2)

冬仕様のコヴェントガーデン

c0249519_601363.jpg


 毎年この季節になるとクリスマスツリーが立ち、大きなトナカイも出現するコヴェントガーデン。今年もついにトナカイが登場して、クリスマスらしくなってきたなと思いきや・・・今年は例年に比べてだいぶ小さくなってしまったようです。(→二年前のトナカイはこちら
c0249519_604224.jpg

 ただしそのかわりということなのか、たくさんの屋台が出てクリスマスマーケットのようになっていました。この日は既によそで食事をすませていたのですが、次はちょっとここで食べてみようと思いました。冬の夜に湯気を立てるグーラシュ、強烈な誘惑です…

c0249519_605826.jpg

[PR]
by londonphoto | 2014-11-29 06:07 | ロンドン - 日常 | Comments(0)

にぎやかオックスフォードストリート

c0249519_936557.jpg

 ロンドンの目抜き通りの一つ、オックスフォードストリート。いつも賑やかなこの通りですが、クリスマス前のイルミネーションのライトアップも始まり、いつにも増して賑やかな雰囲気になっています。夜が長くなって気温も下がり、あまり意気の上がらない季節ではありますが、オックスフォードストリートの賑わいだけはいつも以上のものがあります。
c0249519_938013.jpg

c0249519_9372160.jpg

c0249519_9381947.jpg

c0249519_9384023.jpg

[PR]
by londonphoto | 2014-11-20 09:39 | ロンドン - 日常 | Comments(5)

進む冬支度

c0249519_584665.jpg


 仕事でしばらくイギリスを離れていたのですが、戻ってくると随分夜が長くなった気がします。久しぶりにコンサートに出掛けたのですが、いつも年末が近付くとクリスマスマーケットが出るテムズ川沿いに、少しずつ店が出始めているのを見かけました。これはこれでやはり季節の風物詩で楽しいものですが、何となく中途半端な出店を見ていると、やはり本場ドイツのクリスマスマーケットを思い起こさずにはいられません。国外出張から帰ってきたばかりなのに、急にドイツに行きたくなった週末のひとときでした。
 
c0249519_59927.jpg

c0249519_592696.jpg

c0249519_594819.jpg

[PR]
by londonphoto | 2014-11-17 05:10 | ロンドン - 日常 | Comments(0)

気の早いのは世界共通

c0249519_973941.jpg

 ハロウィンも終わって、いよいよ街の様子がクリスマスのお祭り気分に染まり始めました。こればかりは日本もイギリスも変わらないようです。
c0249519_981251.jpg


 まだ11月になったばかりとはいえ、やはり気分的には年の瀬が近付いてきたという気持ちになるのが人の常。しかも日の短いこの時期のイギリス、夏時間が終わったショック(?)をハロウィンで忘れ、どんどん早くなる日没には街のクリスマス飾りで対抗するというのも、理にかなっているのかも知れません。そしてクリスマスとほぼ同時にやってくる冬至が過ぎると、今度は日が少しずつ長くなっていきます。なんだかうまくできているのです。
c0249519_983764.jpg

[PR]
by londonphoto | 2014-11-06 09:08 | ロンドン - 日常 | Comments(0)

ナショナルギャラリー

c0249519_21464362.jpg

 土曜日の昼間、ロイヤルオペラハウスの小ホールで若手の振付家の演目があったので、一時間ほどの舞台を見たあと外に出るとまぶしいほどの夕陽の直射。とてもすっきりと晴れている中をナショナルギャラリーまで気分よくゆっくりと歩きました。
c0249519_2147471.jpg

c0249519_21472376.jpg

c0249519_2147467.jpg


 ナショナルギャラリーに来るのは結構久しぶりのような気がします。来て驚いたのは、いつの間にか館内の写真撮影がOKになっていたこと。以前は写真はだめだったと思うのですが…
c0249519_2148241.jpg

c0249519_21484748.jpg

c0249519_21491760.jpg



 ということで、ちょっと嬉しくなって何枚か撮りました。そのあとはいつものお決まりのコースを辿って、お気に入りの絵を見て進みます。


c0249519_21494880.jpg


 この手前に写っている風景画は、ルーベンスの「水場」という絵です。ルーベンスの作品の中では特に有名な絵でもないと思いますが、私にとってはある種の構図感覚を理解する直接のきっかけとなった思い入れのある一枚。そういう「私の一枚」というのは、絵の好きな方なら誰でも心の中にあるのではないでしょうか。

 ナショナルギャラリーは、いつ来ても混んでいるところは混んでいますが、広い館内の奥の方に入るといつも静かな場所というのも存在します。そういう場所で、穏やかな風景画に静かに囲まれて座っているのは贅沢な時間です。

 ゆっくりと絵を見て回って外に出るともうすっかり暗くなっていました。

c0249519_21502715.jpg

c0249519_21512286.jpg

c0249519_21515238.jpg


 元来た道を逆にたどって、ロイヤルオペラハウスに戻ります。この日はシーズン最後のマノンの公演でした。主役はゼナイダ・ヤノウスキと客演のロベルト・ボッレ。年齢を重ねた二人の舞台は、ボッレの古典的と言っていいほど端正で均整のとれた踊りと相まって、若気の至りというよりは人生の哀しみのにじみ出るような、落ち着いた大人の悲恋の物語になっていました。この日はアコスタがマノンの兄レスコー役を踊って大爆笑の酔っ払い役を演じていましたが、ヤノウスキのマノンはもうこれで最後かなともふと思わせる、どこか寂しさを感じるベテラン勢の舞台でもありました。

 ということで、舞台と絵画を目一杯楽しんだ一日。天気もよくて、理想的な土曜日でした。


〈おまけ〉
イギリスに来て初めてりんご飴を見ました。りんご飴大好き!というわけでは全くないので、試してはいませんが。
c0249519_21531969.jpg

[PR]
by londonphoto | 2014-11-02 21:55 | ロンドン - 美術館 | Comments(4)