Londonを中心に、世界のあちこちからの写真を載せていきます。更新はゆっくりです。


by londonphoto

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

バンコク逍遥(2017年12月)
at 2017-12-17 19:33
モロッコの旅(5) マラケシ..
at 2017-12-06 07:49
モロッコの旅(4) サハラ砂..
at 2017-12-05 15:52
モロッコの旅(3) サハラ砂..
at 2017-12-05 06:19
モロッコの旅(2) 青の丘 ..
at 2017-12-03 19:33

最新のコメント

windtalker20..
by londonphoto at 07:53
街の雰囲気の端々にすこし..
by windtalker2008 at 05:15
kirinさん k..
by londonphoto at 08:21
なるほど魅力的な街ですね..
by kirin_1117 at 08:25
tomoさんおはようござ..
by londonphoto at 09:01
sonyさん ご無沙汰..
by londonphoto at 08:54
londonさん こんに..
by lily1406 at 08:47
行方不明になっていたので..
by Sony at 09:14

カテゴリ

全体
著書
ロンドン - 日常
ロンドン - 観光地
ロンドン - 美術館
ロンドン - イベント
イギリス(ロンドン以外)
バレエ
ナミビア
フランス
オーストリア
ドイツ
イタリア
スロヴェニア
タイ
トルコ
オランダ
モロッコ
ヨルダン
ウズベキスタン
日本
ロンドンオリンピック
ポートレート
旅行
写真練習帳
その他
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

お気に入りブログ

miu'z journa...
By The Thames
1*ときどき*5
jinsnap (web...
好きな写真と旅とビールと
(=^・^=)の部屋 写真館
パチプロ!デメタン
光の贈りもの
いんちきばさらとマクガフ...
風歩記
n e c o f l e x
✿happiness✿
パトローネの中
是和道哉 万事快調ときどき鬱
PHOTRESBIENNE

外部リンク

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
海外生活

画像一覧

<   2015年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夢を叶える年末年始 in ウィーン(2)〜 ニューイヤーコンサート

 この年末年始にウィーンに来ることを決めたきっかけは、三月に届いた一通のメールです。
 メールの送信元はウィーンフィル。年明け早々に申し込んでいたニューイヤーコンサートのチケットの抽選で、なんと私にチケットが割り当てられた旨の通知でした。
 当たったのはテレビでも中継される元日の回ではなく、12月30日に開かれる「プレビューコンサート」の回でしたが(他に12月31日にももう一度演奏会があります)、世界で最も有名で、かつ最もチケットが手に入りにくい演奏会。抽選に申し込んでも、まず当たらないというのが実際のところで、メールを受け取ったときには、出張先のトルコでしばらく呆然となったのを良く覚えています。

 クラシック音楽ファンなら「一生に一度は」とあこがれるニューイヤーコンサート。それからはずっとこの日を楽しみにしてきましたが、ついに演奏会の日がやってきました!
 会場はウィーンフィルの本拠地であるウィーンの楽友協会の大ホール。「黄金のホール」とも呼ばれるこの会場は、豊かで優れた音響とともに、その内装の美しさでも世界に名を馳せています。中に入ると、宝石箱に入り込んだような美しさ!
c0249519_447154.jpg

c0249519_4491367.jpg

 二階席を支える柱は黄金の女神像。
c0249519_4493042.jpg

 このミューズたちに見守られて、演奏会が始まりました。今年の指揮はマリス・ヤンソンス。最初の曲はロベルト・シュトルツという人の「UNO行進曲」という珍しい選曲でしたが、いきなりゴージャスな響きがホールに満ち渡り、一発でノックアウトされてしまいました。
 この曲だけに限らないのですが、ウィーンフィルは普段からこのホールを本拠地にしているだけのことはあって音響を熟知しており、それを味方に実に豊かに響きを作り上げていきます。日本やロンドンで何度もウィーンフィルは聴いてきましたが、やはりここで聴くウィーンフィルは別格。響きの美しさは筆舌に尽くしがたいほどに豊麗でした。

 もう一つ圧倒されたのが、ウィーンフィルの演奏のとんでもない上手さ。実演で聴いてよく分かったのですが、ウィンナワルツやポルカというのは、ただ平和で楽しいだけではなく、音楽的には非常にたくさんの決め所があります。それは全ての楽器の動きがぐっとシンクロするところだったり、急にテンポや音量が変わったり、リズムの要を打ち込んだりと、いろいろありますが、それらがことごとく完璧に決まり、見事な効果を上げていきます。痺れました。

c0249519_450922.jpg

 途中で二曲、ウィーン少年合唱団が参加する曲もあり、天使の声も堪能。さらには私が大学オーケストラで初めて舞台に乗って演奏した曲(ヨゼフ・シュトラウスの「天体の音楽」というワルツです)があったり、私の大好きな「皇帝円舞曲」があったり、大いに満足したひとときでした。
 最後はお約束の「美しく青きドナウ」と「ラデツキー行進曲」で締めくくり。ラデツキーの手拍子もいつも通りで、これが本当に楽しいのです。ネタバレになりますが、このラデツキーの途中で指揮者が一度舞台から退場し、その間はコンサートマスターのリードで演奏が続きました。
 このとき、コンサートマスターはちょっとした目配せだけで、聴衆の手拍子の音量を抑えたり大きくしたり。これには「さすがはウィーンフィルのコンサートマスター」と唸るしかありませんでした。

 ということで、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートは本当に楽しみました。一生に一度の夢、ここに叶いました!
c0249519_4504480.jpg







* * *

 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2015-12-31 04:56 | オーストリア | Comments(1)

夢を叶える年末年始 in ウィーン(1)

c0249519_4545042.jpg


 この年末年始は、休暇を利用してウィーンにやってきました。この街に来るのは約18年ぶり。私の初めての海外旅行がウィーンで、それ以来の再訪です。
 ウィーンに着いたその日に、さっそく国立歌劇場へ出撃。この日はバレエ公演で、演目は、アシュトン振付の「リーズの結婚」です。バレエ団はもちろんウィーン国立バレエ。ロンドンのロイヤルバレエの看板演目をウィーンで見るというのはどんなものかと思いましたが、日程の都合上仕方ありません。
c0249519_4551929.jpg

 会場内ではかばんとともにカメラをクロークに預けたので内部の写真はありません・・・

 さて、その公演はどうだったかというと、バレエ団の実力は(この演目で観る限り)ロイヤルバレエの方が一段も二段も上でした。舞台セットや振付けはロイヤルバレエの舞台と全く同じですが、極めて演劇的要素の強いこの演目で、ウィーンのバレエ団はあるところで必要以上に大げさに演じてしまったり、あまり目立たない細かいところで演技しきれなかったりと、過不足が目立ちました。
 こういう演劇バレエでは、ダンサーの一人一人の技量うんぬんというのを越えて、コーチ陣による演技指導というのが大切なのだろうと思います。普段の練習の中で、何をどこまで演じるかを叩き込む。それが舞台の出来に直結し、そこに各バレエ団の個性や伝統が明確に現れてくるのだと思います。見慣れた演目を普段と別のバレエ団で観るというのは、私には貴重な経験でした。

 とはいえ、この日の公演が気に食わなかったという訳ではありません。むしろ、大興奮で歌劇場を後にしました。理由はオーケストラ。あまりにも演奏のレベルが高く、悶絶してしまいました。
 ウィーンの国立歌劇場のオーケストラは、いわずと知れたウィーンフィルの母胎。このオーケストラの選抜メンバーが、ウィーンフィルの団員となるわけです。そのため言ってみれば、ここでのバレエ公演の伴奏は、(ほぼ)ウィーンフィル。これがすごかった。
 ヴァイオリンやフルートが独特の切ない音色で旋律を歌ったかと思えば、金管楽器が入った豊麗な響きが会場を満たします。普段ロイヤルオペラハウスのバレエ公演で耳にするのとは全く別種・異次元の、見事な演奏。
 このオーケストラの伴奏でロイヤルバレエが踊ったらどんなに素晴らしいことか、と思いましたが、それは高望みに過ぎるのかもしれません。

c0249519_4555351.jpg

 公演後の国立歌劇場付近の風景。久し振りに来たウィーンは、重厚で落ち着いた雰囲気というより、賑やかな繁華街といった風情で、こんな雰囲気の街だったっけ?という感じ。
 もちろんこの18年でウィーンも変わったのでしょうが、前回来たときは初めての海外、初めてのヨーロッパということで、実際以上にウィーンのヨーロッパ的雰囲気を強く感じたのかもしれません。

 下の写真は、街歩きの途中の風景です。
c0249519_4572070.jpg

c0249519_4573811.jpg

c0249519_4575471.jpg

c0249519_4582768.jpg

c0249519_4581384.jpg

c0249519_4584746.jpg


 しばらくウィーンの投稿が続きます。







* * *

 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2015-12-30 05:09 | オーストリア | Comments(6)

クリスマスのくるみ

c0249519_19154852.jpg


 たくさん続いた出張から無事に戻り、こちらは冬休みに入りました。クリスマス前にロンドンに戻ってこられるかどうか、かなりの瀬戸際だったのでハラハラしていましたが、無事に12月24日のくるみ割り人形の公演を観に行くことができました。
 クリスマスをロンドンで過ごしたことは何度かあるし、毎年くるみ割り人形は何度も観ている演目ですが、イヴの日にこれを観るのは初めてのような気がします。会場のロイヤルオペラハウスも、どこか楽し気なお祭り気分に満ちていました。

 この日は金平糖の精がチェ・ユフィ(崔由姫)さん、クララがレティシア・ストック。ストックはこの役は今シーズンがデビューではないかと思います。可憐な雰囲気の持ち主ですが、踊りの個性と印象は少し弱い気がします。相棒のハンス・ペーター役のマルチェリーノ・サンベが頑張って引っ張っていました。
 後半はユフィさんが安定の美しさ。でもかつて感じた優雅さよりも、どこか吹っ切れて腹の据わった芯の強さが印象に残りました。

c0249519_1916911.jpg


 写真はありませんが、花のワルツで薔薇の精を踊ったのがフランチェスカ・ヘイワード。踊りが美しいだけではなく、相変わらず一気に舞台の空気を持っていってしまう存在感でした。

c0249519_19163878.jpg


 これで今年のロイヤルバレエの公演は見納め。もっとも年が明けても、まだしばらくはくるみ割り人形の公演が続きます。


 この一年は出張がやたら多く、しかもその合間に幸運な出来事も多くありました。振り返るとなかなか濃密な一年でしたが、あと少しだけその楽しみの締めくくりが続きます。そのご報告は、また追々お伝えすることにしましょう。




* * *

 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2015-12-25 19:19 | バレエ | Comments(4)

季節の小ネタ

 Googleに数式を打ち込むとそのグラフが表示される、という機能があるのをご存知でしょうか。
 もうずいぶん前に作ったものですが、その機能を使った小ネタ。下の数式をGoogleの検索窓にコピペしてそのまま検索し、首を右に90°傾けてみましょう。


0.2*((8-x)^(5/2))*(x)^(1/2))*sin(2x), 12(0.1 - (x-8)^2)^(1/2)*sin(999x), 10x*(-x-1)/(((-x)^(1/2))^2)/(((x+1)^(1/2))^2)*sin(999x), (-x+8)^(3/2)*(x^(1/100))*(1+0.2cos(-0.8+3x^(6/4)))*sin(200x)


 そろそろ本格的に冬になってきますね。どうぞご自愛ください。





* * *

 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2015-12-11 06:20 | その他 | Comments(14)