Londonを中心に、世界のあちこちからの写真を載せていきます。更新はゆっくりです。


by londonphoto

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

アレッサンドラ・フェリの椿姫..
at 2017-06-04 07:03
ゼナイダ・ヤノウスキの椿姫/..
at 2017-06-04 06:12
初夏の楽しみ(3)
at 2017-05-29 19:01
初夏の楽しみ(2)
at 2017-05-29 06:59
初夏の楽しみ(1)
at 2017-05-28 16:06

最新のコメント

まだまだ踊れるのに、と世..
by londonphoto at 20:06
ありがとうございます。フ..
by londonphoto at 20:00
カーテンコールの動画みま..
by windtalker2008 at 18:58
すばらしい画像ばかり!舞..
by windtalker2008 at 18:56
chocoさんこんにちは..
by londonphoto at 22:59
お久しぶりです(^^) ..
by chocoyan2 at 20:07
こんにちは。 仰るとお..
by londonphoto at 06:53
薔薇。爽やかにふりそそぐ..
by windtalker2008 at 21:17

カテゴリ

全体
著書
ロンドン - 日常
ロンドン - 観光地
ロンドン - 美術館
ロンドン - イベント
イギリス(ロンドン以外)
バレエ
ナミビア
フランス
ドイツ
オーストリア
イタリア
スロヴェニア
タイ
トルコ
オランダ
ヨルダン
ウズベキスタン
日本
ロンドンオリンピック
ポートレート
旅行
写真練習帳
その他
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

お気に入りブログ

miu'z journa...
By The Thames
1*ときどき*5
jinsnap (web...
好きな写真と旅とビールと
(=^・^=)の部屋 写真館
パチプロ!デメタン
光の贈りもの
いんちきばさらとマクガフィン
風歩記
n e c o f l e x
happiness
パトローネの中
是和道哉 万事快調ときどき鬱
PHOTRESBIENNE

外部リンク

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
海外生活

画像一覧

<   2016年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

地球の裏側

c0249519_21343354.jpg


日本から見て地球の裏側にあたるのはアルゼンチン。ではイギリスの裏側はと言うと、オーストラリアの東南部やニュージーランドのあたりになります。
急に決まった出張で、なぜかその地球の裏側、オーストラリアはタスマニア島まで出向いています。

c0249519_21352245.jpg


突然決まったので下調べも何もする暇がなく、ただ来てみると何やらきれいな場所。
南半球なので今は夏真っ盛り。これが休暇だったらとため息をつきながらの仕事です。

c0249519_2136439.jpg


まあでもこの空を見て文句をいってはいけないのでしょうけど。
[PR]
by londonphoto | 2016-01-19 17:50 | Comments(8)

くるみ納め

c0249519_8303212.jpg


 ロイヤルバレエの冬の定番、くるみ割り人形。公演はあと数回残っていますが、私の今シーズンの最終回は今日でした。
 クララが今シーズン役デビューのアンナ・ローズ・オサリバン、金平糖の精は金子扶生さん。金子扶生さんはこれまでずっと注目していながら、彼女が主役を踊る公演はすべて仕事が重なって見逃し続けてきました。今回はようやく念願かなっての彼女の舞台です。

 金子扶生さんの金平糖の精は魅力的にきらきらと輝き、一つひとつの動きに豊かなニュアンスが満ちていて、素晴らしいものでした。オサリバンのクララも品のある可憐さがチャーミングで、最初から最後まで堪能しました。
 ロイヤルオペラハウスのバレエ公演では珍しくオーケストラもしっかりした演奏で、チャイコフスキーの音楽をたっぷりと楽しむことができました。最後にこれだけの舞台が観られれば満足というものです。

c0249519_8305382.jpg

c0249519_83169.jpg

c0249519_8312677.jpg

c0249519_8313851.jpg

c0249519_8315660.jpg


 くるみが終わると、ようやく休暇シーズンから本格的に日常に戻ってきた気がします。そろそろ私もエンジン全開です。




* * *

 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2016-01-10 08:33 | バレエ | Comments(0)

時の彼方のものがたり・・・

c0249519_671520.jpg


・・・ん?
[PR]
by londonphoto | 2016-01-07 06:08 | その他 | Comments(4)

夢を叶える年末年始 in ウィーン(5)〜 ウィーンの風景

c0249519_4331167.jpg

 あっという間に時間が過ぎたウィーン滞在。最後は街の風景をいくつか。

c0249519_4333210.jpg

c0249519_434021.jpg


 ウィーンに着いて数日はそれほど気温も低くなく、比較的過ごしやすい日が続きましたが、最後の数日はぐっと寒くなり、雪もちらつきました。

c0249519_4364631.jpg

c0249519_437620.jpg

c0249519_4373169.jpg

c0249519_4375438.jpg

c0249519_4381429.jpg

c0249519_438302.jpg



* * *

 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2016-01-05 04:39 | オーストリア | Comments(2)

夢を叶える年末年始 in ウィーン(4)~ クリムトの日々

 今回のウィーン滞在、楽友協会のウィーンフィルの演奏会が一回、国立歌劇場のこうもりが二回、そして同じ国立歌劇場でバレエ公演も二回というスケジュールで、ほとんど毎日のように音楽と舞台にどっぷりと浸っているのですが、浸っているのはそれだけではありません。
 ウィーンに来たらやはりクリムトを見逃すわけにはいきません。歌劇場の公演は夜ばかりなので、昼間は足繁く美術館に通っています。
c0249519_22482040.jpg

 最初に行ったのは美術史美術館。ここはヨーロッパで私が初めて訪れた美術館でもあります。当時は内装のあまりの華麗さに圧倒されて、これがヨーロッパというものかと、まさに世界への目を開くきっかけになったところでした。
 その美しさはもちろん今も健在。中に入ると、この美術館自体が展示品かと思わされるような壮麗さです。
c0249519_22485055.jpg

 この正面階段の壁には、クリムトの絵。恐らくは気付かずに通り過ぎてしまう人も多い気がするのですが、これが美しい。
c0249519_22491865.jpg

 美術品というのは写真では到底その魅力を捉えきれるものではありませんが、この壁画もそう。実物はもっと奥行きのある艶と深みのある気品に満ちているのですが・・・

c0249519_2249406.jpg

 美術史美術館には多くの古典絵画のほか、ブリューゲルのコレクションやフェルメールの「絵画芸術」などもあり、本当に充実した美術館です。しかし今回はとにかくクリムトの壁画に魂を奪われました。


 ウィーンで最も重要なクリムトのコレクションが見られるのが、ベルヴェデーレ宮殿のオーストリア・ギャラリー。
c0249519_22501095.jpg

c0249519_22502950.jpg

c0249519_2250523.jpg

 クリムトの絵のある一室は写真撮影禁止ですが、恐らくクリムトの全作品の中でも最も有名な「接吻」や「ユディト」がここにあります。(以下はネットから拾ってきたもの。)

「接吻」
c0249519_22525234.jpg


「ユディト」
c0249519_22531227.jpg


 ベルヴェデーレはクリムトを見るために二度訪れました。特に二度目は、開館と同時にクリムトの部屋に直行。ほんの数分間でしたが、他に誰もいない部屋でクリムトと静かに対面するのは、この上ない悦楽でした。

 私が特に好むのが「ユディト」です。ユディトはもともと旧約聖書に現れる、貞淑で信仰の深い女性なのですが、クリムトの描くユディトはまるでサロメのように妖艶です。美しい裸体を露(あらわ)にし、ホロフェルネスの首はまるでサロメの倒錯した愛の対象のヨハナーンのよう。
 実際の絵を見るとユディトの肌は驚くほど暗い色調で描かれていますが、それゆえに頬の紅潮が際立ち、忘我の恍惚境に陶然となるユディトの官能が手に取るように伝わってきます。
 ユディトの視線は、ホロフェルネスに対する倒錯した悦楽にひたっているようでもあり、彼女を見る私を精密に見通して計り取っているようでもあり、見下して睥睨しているようでもあります。
 その視線に見つめられて、私は自分の居場所が絵の右下にしかないことを理解します。絵を見る私は、ホロフェルネスなのです。
 背景にはリンゴの木や蛇のウロコ状の模様が描かれますが、恐らくは意図的に稚拙に描かれたこれらの背景は、アダムとイブの情景への、そしてそれらを誠実に描いてきた中世絵画への、嘲笑と皮肉に満ちたパロディのように私には見えます。クリムトにとっては、原罪とは人を縛る制約ではなく、そこにこそ人の美が生まれる豊穣の泉なのでしょう。

 この「美」というものに対する価値観の逆転は、ゼセッシオン(分離派会館)の「ベートーヴェン・フリーズ」にも現れます。ベートーヴェンの交響曲9番を題材にしたこの作品は4つの場面で構成されています。苦悩に戦いを挑む強者、詩の慰め、歓喜などの情景と並んで描かれる敵対勢力のグロテスクな絵があるのですが、全体をよく見ているうちに、この敵対勢力の絵が実はもっとも豊かな深さを持っていることに気付きます。

 ベルヴェデーレではクリムトと並んで、当時の代表的な画家であるエゴン・シーレやオスカー・ココシュカもたくさんありますが、クリムトの絵は気品の点で抜きん出ています。(成熟した女性の気品のある美しさを描かせて、クリムトの右に出る人はいないでしょう。)そのクリムトの作品に囲まれて美術館にたたずむのは、やはり至福と呼ぶほかない、素晴らしいひとときでした。






* * *

 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2016-01-02 23:00 | オーストリア | Comments(2)

夢を叶える年末年始 in ウィーン(3)~ 大晦日のこうもり

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

 さっそくですが、ウィーンの続きです。クラシック音楽ファンが年末年始にウィーンに来るとき、たいていはウィーンフィルのニューイヤーコンサートとともに、オペレッタ「こうもり」の公演をスケジュールに組み込むのではないかと思います。
 ミーハーな私も例に漏れず、早い時期からチケットの申し込みを掛け、無事にチケットを確保。ヨハン・シュトラウスの「こうもり」は大晦日に繰り広げられるドタバタ喜劇の物語。これをウィーンの国立歌劇場で鑑賞することとなりました。

 歌劇場の外観は既に載せているので、今回は内装を。入り口を入るとすぐに、宮殿のような光景が広がります。
c0249519_21374440.jpg

c0249519_2138235.jpg


 客席はこんな感じ。

c0249519_21381848.jpg

c0249519_21383662.jpg


 今回の「こうもり」の公演、女声陣がやや物足りない印象で、特にロザリンデは少し残念な出来でしたが、一方の男声陣が充実していて、特に主人公のアイゼンシュタインは歌も演技力も上々。この演目は歌だけではなく登場人物がセリフを話す部分も多いのですが、そこは英語字幕もなく、周りのオーストリア人たちが大爆笑しているのについていけないのは結構悔しい。それでもオーケストラの極上のサウンドに乗って繰り広げられる舞台は大変楽しいものでした。
c0249519_21385459.jpg


 ということで、これが私の2015年の締めくくり。思い返せば、ロンドンでベルリンフィルウィーンフィルをそれぞれ聴き、かつベルリンとウィーンでそれぞれのオーケストラを聴くという、自分でも驚くほど恵まれた一年になりました。
 こんな贅沢はもうなかなかできないとは思いますが、この勢いで2016年も面白い一年にしたいと思っています。そのための仕込みは既に始めています。その結果は、どうなることやら。

 昨年はブログを通して多くの方とも知合いになることができました。今後もマイペースでやっていきますが、引き続きよろしくお願い致します。
 最後になりましたが、この一年も皆様が充実した時間を過ごされますことを願っています。






* * *

 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2016-01-01 21:40 | オーストリア | Comments(0)