Londonを中心に、世界のあちこちからの写真を載せていきます。更新はゆっくりです。


by londonphoto

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

やればできる
at 2017-07-04 04:52
夏の森のかたち
at 2017-07-02 17:24
アレッサンドラ・フェリの椿姫..
at 2017-06-04 07:03
ゼナイダ・ヤノウスキの椿姫/..
at 2017-06-04 06:12
初夏の楽しみ(3)
at 2017-05-29 19:01

最新のコメント

気持ちのいい季節になりま..
by londonphoto at 02:58
この空気をそっと胸いっぱ..
by windtalker2008 at 20:16
まだまだ踊れるのに、と世..
by londonphoto at 20:06
ありがとうございます。フ..
by londonphoto at 20:00
カーテンコールの動画みま..
by windtalker2008 at 18:58
すばらしい画像ばかり!舞..
by windtalker2008 at 18:56
chocoさんこんにちは..
by londonphoto at 22:59
お久しぶりです(^^) ..
by chocoyan2 at 20:07

カテゴリ

全体
著書
ロンドン - 日常
ロンドン - 観光地
ロンドン - 美術館
ロンドン - イベント
イギリス(ロンドン以外)
バレエ
ナミビア
フランス
ドイツ
オーストリア
イタリア
スロヴェニア
タイ
トルコ
オランダ
ヨルダン
ウズベキスタン
日本
ロンドンオリンピック
ポートレート
旅行
写真練習帳
その他
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

お気に入りブログ

miu'z journa...
By The Thames
1*ときどき*5
jinsnap (web...
好きな写真と旅とビールと
(=^・^=)の部屋 写真館
パチプロ!デメタン
光の贈りもの
いんちきばさらとマクガフィン
風歩記
n e c o f l e x
happiness
パトローネの中
是和道哉 万事快調ときどき鬱
PHOTRESBIENNE

外部リンク

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
海外生活

画像一覧

<   2016年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

オシポワ復活! → プリンシパル対決(ロイヤルバレエ・ジゼル)

c0249519_7512367.jpg


 久しぶりにバレエの記事です。
 ロイヤルバレエでは現在ジゼルの公演期間の真っ只中。キャストを変えながら連日のように舞台が続いており、特に今シーズンは高田茜さんのジゼル役デビューなど、ファンとしては見逃せない公演も並んでいます。
 そんな中で行ってきたのがオシポワの会。今シーズン、オシポワはジゼルで3回キャストされていましたが、直前になって怪我のため降板が発表され、3回のうち2回は代役(サラ・ラムとマリアネラ・ヌニェス)での公演となりました。
 そして昨日が3回目の日。果たして本当に踊るのか、と周囲のバレエファンにも疑心暗鬼になりながら会場に向かった人が多かったようですが、幕が開けばそこにはオシポワ。相変わらずのアクセル全開で、圧巻の踊り。やっぱり上手いわ〜。
c0249519_7521542.jpg

 この日の公演でもうひとつの目玉が、ウィリの女王ミルタを踊ったマリアネラ・ヌニェス。勢いだけでは踊れないこの役は、本当に難しいのでしょう。普段は誰が踊ってもあまり冴えた踊りを見ることのないミルタですが、ヌニェスが踊ると途轍もなく雄弁。彼女が踊るのを観て、初めてこの役の面白さを知ることができました。
 ヌニェスがあまりに凄いので、第二幕(後半の幕)は彼女に持っていかれてしまったかなあと思ったのですが、そこはオシポワ、出番がやってくると再び冴え切った踊りで、観客の視線を一気に惹き付けます。ヌニェスとオシポワ、いまのロイヤルバレエを引っ張る両プリンシパルが正面切って対決する、とんでもなくすごい舞台でした。
c0249519_7523320.jpg


 あまりの濃密さにすっかり呑まれてしまった昨夜の舞台。 いやー、すごかった。






* * *

(お知らせ)

私の著書のミャンマー旅行記です。


c0249519_1522841.jpg


「ミャンマー もつれた時の輪 ~ 変化と伝統が綾なす不思議の国」(イカロス出版)
射場博之(文・写真) 
定価 1,728円(税込)



→ミャンマーの写真はこちら

→アマゾンのページ


* * *



 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2016-03-31 07:56 | バレエ | Comments(4)

ハンブルクの街なみ

ひとつ前の記事で書いたとおり、今回のベルリン滞在中に日帰りでハンブルクも往復してきました。
ハンブルクの滞在時間はわずか三時間ほどでしたが、穏やかな雰囲気の街でした。

少しだけ街を歩くことができたので、風景をご紹介します。

c0249519_3131965.jpg

c0249519_3133869.jpg


この円いのは何?と聞かないでください。
私も分からないので・・・
c0249519_3135676.jpg


c0249519_3144749.jpg

c0249519_315564.jpg

c0249519_3154133.jpg


調子に乗ってselfie.
c0249519_317165.jpg


カフェでひと息。雰囲気の良さそうなカフェを見つけて入るのは、街歩きの楽しみのひとつですよね。
大きな木のテーブルが、とても心地いい空間に馴染んでいました。
c0249519_3163510.jpg


また行きたい街リストにハンブルクも追加。




* * *

 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2016-03-29 03:20 | ドイツ | Comments(4)

イースターの濃密ベルリン

c0249519_1842443.jpg

 イースターの休暇を利用してベルリンに行っていました。先週の聖金曜日にはStaatskapelleのパルジファルを観劇。指揮はバレンボイム。
 忙しかったので日程と演目だけを見て予約し、配役を知らないまま見始めたら、クンドリとグルネマンツがやけに上手い。休憩時間に配役表を調べたら、ヴァルトラウト・マイ アーとルネ・パーペでした。そりゃ上手いはずです。パルジファル役のアンドレアス・シャーガーも大変良くて、舞台を堪能。
 オーケストラも高水準の演奏で満足でしたが、何と言ってもバレンボイムのワーグナー、ちょっとす ごい水準に達しています。

 翌日は朝からハンブルクへ行き、知り合いの画家の津上みゆきさんの絵を展示しているギャラリーを訪問。彼女の作品は、前回プレンツラウという街で見た時もそう思ったのですが、写真よりも実物の方がはるかに生き生きとして見えます。ギャラリーの日本人のオーナーさんとも、アート談義でたいへん盛り上がりました。

 ハンブルク滞在数時間で慌ただしくベルリンに舞い戻り、こんどはフィルハーモニーでバレンボイムとアルゲリッチのデュオリサイタルを聴きます。これがまたすごかった。
 圧巻はバルトークの二台ピアノと打楽器のソナタ。バレンボイムが音楽の枠組みを作り上げ、テンポが変わるところで打楽器奏者(Staatskapelleのメンバーでした)に指示を出し、これはもう完全にバレンボイムの音楽。女王アルゲリッチがそこに気分良く乗っかるという感じです。
 ピアニストとしては、アルゲリッチがバレンボイムより格上というのがたぶん世間一般の評価だと思うし、実は私もそう思っていましたが、この日は音楽家バレンボイムの桁違いの器に圧倒されました。

c0249519_18432297.jpg


 アルゲリッチは最近バレンボイムとデュオをやる機会が多いようですが、彼女としてもバレンボイムと組むととても気持ち良く演奏できるのだろうと思います。もう少しアルゲリッチが表に出て欲しいという気持ちもありましたが、これはこれで素晴らしい演奏でした。二人ともずいぶん気分が乗っていたらしく、アンコール5曲。お腹いっぱいになりました。

 あまりにも濃密すぎる二日間でぐったりと疲れてしまいましたが、大満足のベルリン滞在でした。

c0249519_18433540.jpg





* * *

 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2016-03-28 18:45 | ドイツ | Comments(0)

シリーズ「赤」

今朝の通勤風景。

c0249519_6163441.jpg

c0249519_6165183.jpg

c0249519_6171176.jpg


こうしてみると、ロンドンって赤が多いなあ。

c0249519_6173949.jpg

c0249519_6175634.jpg

c0249519_6181517.jpg


いやいや、それはバスが赤いからだろうと思ったあなた、鋭い。



ちなみにシリーズ「青」とか「緑」とかの予定は、今のところありません。






* * *

 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2016-03-24 06:21 | ロンドン - 日常 | Comments(8)

普段歩く道

c0249519_454130.jpg

普段歩く道。
たまたまカメラを持っていたので、ときどき立ち止まって撮る。
c0249519_46074.jpg

c0249519_461799.jpg


普段の見慣れた風景です。

c0249519_464018.jpg

[PR]
by londonphoto | 2016-03-07 04:07 | ロンドン - 日常 | Comments(4)

朝の風景

よく晴れた気持ちのいい朝でした。
c0249519_664652.jpg


よい週末をお過ごしください。




* * *

 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2016-03-05 06:07 | ロンドン - 日常 | Comments(4)

帰り路

c0249519_655421.jpg


昨日の演奏会が終わって、駅まで歩くあいだの風景。

c0249519_665695.jpg


c0249519_672134.jpg


c0249519_673939.jpg





* * *

 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2016-03-04 06:08 | ロンドン - 日常 | Comments(4)

孤独と老い

c0249519_858271.jpg


 マウリツィオ・ポリーニのリサイタル。
 曲目はシェーンベルクの6つのピアノ小品(作品19)、シューマンのアレグロ、幻想曲。
 休憩を挟んでショパンの舟歌、2つのノクターン(作品55)、幻想ポロネーズ、スケルツォ3番。

 彼の演奏を聴くのは約二年ぶりですが、そのときの演奏と比べても、ずっと技術の安定度が落ちた気がします。舞台上で鍵盤に向かう姿は、孤独の中でひとり懸命に切実に歌を紡ぎ続ける老大家といった印象でした。
 それでも、ほころびだらけの音の連なりの合間に聞こえてくるのは、白昼夢のように明晰でありながら、聴き手をどこまでも遠くへ運んでいく、豊かで濃密な音楽。彼の中にこの音楽が渾々と流れている限り、彼はピアノに向かい続けるのだろうと思います。
 ずっしりと心に残る、美しい演奏でした。
[PR]
by londonphoto | 2016-03-03 08:58 | ロンドン - イベント | Comments(2)