Londonを中心に、世界のあちこちからの写真を載せていきます。更新はゆっくりです。


by londonphoto

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

やればできる
at 2017-07-04 04:52
夏の森のかたち
at 2017-07-02 17:24
アレッサンドラ・フェリの椿姫..
at 2017-06-04 07:03
ゼナイダ・ヤノウスキの椿姫/..
at 2017-06-04 06:12
初夏の楽しみ(3)
at 2017-05-29 19:01

最新のコメント

気持ちのいい季節になりま..
by londonphoto at 02:58
この空気をそっと胸いっぱ..
by windtalker2008 at 20:16
まだまだ踊れるのに、と世..
by londonphoto at 20:06
ありがとうございます。フ..
by londonphoto at 20:00
カーテンコールの動画みま..
by windtalker2008 at 18:58
すばらしい画像ばかり!舞..
by windtalker2008 at 18:56
chocoさんこんにちは..
by londonphoto at 22:59
お久しぶりです(^^) ..
by chocoyan2 at 20:07

カテゴリ

全体
著書
ロンドン - 日常
ロンドン - 観光地
ロンドン - 美術館
ロンドン - イベント
イギリス(ロンドン以外)
バレエ
ナミビア
フランス
ドイツ
オーストリア
イタリア
スロヴェニア
タイ
トルコ
オランダ
ヨルダン
ウズベキスタン
日本
ロンドンオリンピック
ポートレート
旅行
写真練習帳
その他
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

お気に入りブログ

miu'z journa...
By The Thames
1*ときどき*5
jinsnap (web...
好きな写真と旅とビールと
(=^・^=)の部屋 写真館
パチプロ!デメタン
光の贈りもの
いんちきばさらとマクガフィン
風歩記
n e c o f l e x
happiness
パトローネの中
是和道哉 万事快調ときどき鬱
PHOTRESBIENNE

外部リンク

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
海外生活

画像一覧

<   2017年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ウィーン逍遥 〜 その5

最後は帰りのフライトまで、やみくもにウィーンの街を歩き回りました。
(ここまでで既に相当やみくもに歩いていましたが・・・)

c0249519_07092619.jpg
c0249519_07093779.jpg

途中で突然ローマ時代の遺構が顔を出します。ヨーロッパの歴史がふと層をなして立ち昇るところ。
c0249519_07095039.jpg
さらにひたすら歩きます。
c0249519_07095976.jpg
c0249519_07101035.jpg
ブルク劇場に出ました。
c0249519_07102461.jpg
c0249519_07103513.jpg
ショッテントーアからまた旧市街へ入ります。
c0249519_07104702.jpg
c0249519_07110338.jpg
c0249519_07112954.jpg
c0249519_07114130.jpg
歩きに歩いて二日で四万歩。家に帰り着いたときは、もう一歩も歩きたくないほどでしたが、楽しい二日間でした。

 


[PR]
by londonphoto | 2017-03-24 07:16 | オーストリア | Comments(2)

ウィーン逍遥 〜 その4

c0249519_18164562.jpg
 実は一つ前の記事で歩いた経路のあるところから先は、1848年のウィーンで発生した革命の引き金となる、学生や市民のデモ行進のルートを辿ったものでした。
 市東部のシュトゥーベン地区の大学から始まった行進は、市街を西へ進んで今のカフェ・セントラルの向かい側にある、下オーストリア議会まで続きました。(普通に歩いて30分もあれば着くくらいの距離です。)ここでメッテルニヒ追放や発言・出版の自由などが要求されて、そこへ市壁外に住む多数の労働者が呼応して革命につながったというのが当時の筋書きです。
 とはいえ、この革命も最後は一体誰が何を要求しているのかあやふやになるうちに、反革命勢力に一掃されてしまいます。ハプスブルク家の支配は結局続き(そもそもウィーンの市民は王制打倒を望んではいませんでした)、世界史でも稀に見る、何が目的だったのかよくわからない革命が出来上がったのでした。まあ、シュトラウスの「こうもり」のお国柄と言えば、それだけのことなのかもしれません。

 ということで、このルートを歩いた後は、ただ自由に街中を歩き回りました。
c0249519_18173683.jpg
c0249519_18174429.jpg
c0249519_18175510.jpg
 ショパンの滞在地を示すプレート。彼は1830年11月から1831年7月まで、かつてここにあった建物(1900年に取り壊し)の4階に住んでいたのだそうです。
 ちなみにショパンはここウィーンでは、最初の演奏会こそ成功させたものの、結局は音楽界に受け入れられることなくパリに活動の場を移してしまいました。

 このコールマルクトというのは、つながっているグラーベン通りや、その先に延びるケルントナー通りと一体になって、ウィーン随一の繁華街となっています。観光客が一番多いエリアの一つで、有名なカフェのデーメルもここにあります。
c0249519_18284156.jpg
c0249519_18180393.jpg
c0249519_18181029.jpg
ここからグラーベン通りへ。
c0249519_18182559.jpg
c0249519_18183546.jpg
c0249519_18184419.jpg
c0249519_18185558.jpg

 シュテファン大聖堂が見えてくれば、ケルントナー通りです。
c0249519_18305091.jpg


 しつこく続きます。


[PR]
by londonphoto | 2017-03-19 18:32 | オーストリア | Comments(0)

ウィーン逍遥 〜 その3

翌朝、ホテルを出てまた市内の散策へ。
泊まったはレオポルドシュタットという、旧市街の北のエリア。このあたりは、昔は市壁の外側で、貧しい人が住んだエリアだったので、あまり高級な、あるいは「中世の雰囲気を残す」といった風情はありません。
c0249519_05265248.jpg
十五分ほど歩くとドナウ川に至りました。
c0249519_05270370.jpg
この先はかつての市壁の内側です。

たぶんギリシャ正教会の教会。
c0249519_05271441.jpg

このあたりを歩いていて、ふと見つけたホテル。実は20年ほど前に、人生初の海外旅行でウィーンに来たときに泊まったのがここでした。
懐かしい!
c0249519_05272293.jpg
ホテルの名前の由来は、この向かいに郵便局があるから。
当時はまだ通貨がユーロではなくシリングだった、なんてことを思い出しながら、歩き続けます。

c0249519_05273061.jpg
ひたすら歩きます。
シュトゥーベンとよばれるあたり。かつての市壁を取り払ったあとは、リンクシュトラッセ(リング通り)という大通りになっています。
c0249519_05274362.jpg
旧市街の中へ入っていきます。
ベッカー通り。
c0249519_05275295.jpg
ホーエマルクトを過ぎたあたり。
c0249519_05280654.jpg

ユダヤ人広場。
c0249519_05281573.jpg
アム・ホーフ広場。
c0249519_05282965.jpg
c0249519_05283445.jpg
さらに歩くと、ウィーンでも有名なカフェ・セントラルに到着。ここで一息入れます。
c0249519_05284752.jpg
c0249519_05285397.jpg


続きます。






[PR]
by londonphoto | 2017-03-19 05:37 | オーストリア | Comments(2)

ウィーン逍遥 〜 その2

c0249519_22570082.jpg
待ち合わせのためにオペラハウス周辺をうろうろ。

c0249519_22571249.jpg
c0249519_22571602.jpg
ちょっとだけケルントナー通りも散策。
c0249519_22574729.jpg
かつての市場跡、ノイアーマルクト。「新市場」という意味の地名ですが、いまは広場になっています。
c0249519_22572759.jpg


このあと、知り合いのつてで紹介してもらった、ウィーンの音楽大学で学ぶピアノ科の学生さんと落ち合い、食事をしながら音楽談義。話し足りずにカフェに移動して、さらにピアノのお話をたくさん伺いました。
音楽の都ウィーンで音楽の話をするというのが、マニアにはたまりません。

夜はオペラハウスでシュトラウスのアラベラというオペラを鑑賞。音楽も歌手もオーケストラも演出も良かったのですが、どうもストーリーが好きになれませんでした。
じつは早朝便で移動したので寝不足で、上演中かなり寝てしまったなんてことは、えー、あるわけないですよね。あはは。



[PR]
by londonphoto | 2017-03-18 23:03 | オーストリア | Comments(0)

ウィーン逍遥 〜 その1

それでは引き続いてウィーンへ。週末の弾丸ツアーです。
初日は人に会う用事があったので、ホテルに荷物を置くとすぐに市内へ。
待ち合わせ時間まで少し間があったので、ナッシュマルクトの市場を様子見。

c0249519_07050196.jpg
c0249519_07051341.jpg
c0249519_07051843.jpg
c0249519_07052600.jpg
同じ欧州とはいえ、オーストリアは東欧と言っていい位置にあるため、やはりイギリスとはどこか雰囲気が違います。
写真はありませんが、トルコ食材の店も多く、改めてウィーンの位置を食材から再確認しました。トルコ軍によるウィーン包囲なんていう軍事的緊張も、食文化の面では交流を促したのだろうかと想像しつつ、さらに散策を続けます。

c0249519_07054449.jpg
c0249519_07055159.jpg

続きます。



[PR]
by londonphoto | 2017-03-18 07:11 | オーストリア | Comments(4)

バンコク逍遥(2017年3月)〜 その4

その後は食事のために地下鉄のホイクワン駅周辺へ。
駅から少し歩くと、通りに市が立っています。

c0249519_09103392.jpg
c0249519_09104021.jpg
c0249519_09110214.jpg
c0249519_09122186.jpg
c0249519_09122601.jpg
c0249519_09123267.jpg
c0249519_09124394.jpg
c0249519_09125680.jpg


最後は、有名なシーフードレストランのソンブーンで蟹カレー炒め。
押しも押されもせぬ定番ですね。
c0249519_09130618.jpg

今回のバンコク写真はここまでです。




* * * * *

私の著書のミャンマー旅行記です。
2011年から2013年にかけて訪れたミャンマー各地の風景と人々の営みを、文章と写真で綴っています。
c0249519_1522841.jpg

これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。







[PR]
by londonphoto | 2017-03-17 09:15 | タイ | Comments(0)

バンコク逍遥(2017年3月)〜 その3

さらにスクンヴィット通りを歩き、ふと目に止まったソイ22(22番通り)へ入ります。
c0249519_16163743.jpg
c0249519_16164671.jpg
c0249519_16165666.jpg
c0249519_16165970.jpg

再びスクンヴィット通りに戻り、トンローまでひたすら歩きます。
c0249519_16180915.jpg
c0249519_16181120.jpg
c0249519_16181890.jpg
c0249519_16182253.jpg
c0249519_16190883.jpg
続きます。


* * *

(お知らせ)

私の著書のミャンマー旅行記です。
2011年から2013年にかけて訪れたミャンマー各地の風景と人々の営みを、文章と写真で綴っています。

c0249519_1522841.jpg


これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。





[PR]
by londonphoto | 2017-03-16 16:19 | タイ | Comments(2)

バンコク逍遥(2017年3月)〜 その2

続いて、アソークの交差点からスクンヴィット通りを東へ歩きます。

c0249519_05541736.jpg

c0249519_05542982.jpg
c0249519_05543673.jpg
c0249519_05544810.jpg
c0249519_05545673.jpg
c0249519_05550573.jpg
c0249519_05551341.jpg
c0249519_05552709.jpg

続きます。


* * *

(お知らせ)

私の著書のミャンマー旅行記です。
2011年から2013年にかけて訪れたミャンマー各地の風景と人々の営みを、文章と写真で綴っています。

c0249519_1522841.jpg


これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。






[PR]
by londonphoto | 2017-03-16 05:56 | タイ | Comments(0)

バンコク逍遥(2017年3月)〜 その1

もはや定例イベント。
着実に変わりゆくバンコクの姿を写真に留めることが、私のライフワークになりつつあります。

多くは語らず、写真を並べるのみとしましょう。まずは定宿の近辺、トンローから。
c0249519_08134873.jpg
c0249519_08135891.jpg
c0249519_08141076.jpg
c0249519_08142452.jpg
続きます。




* * *

(お知らせ)

私の著書のミャンマー旅行記です。
2011年から2013年にかけて訪れたミャンマー各地の風景と人々の営みを、文章と写真で綴っています。
c0249519_1522841.jpg


これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。





[PR]
by londonphoto | 2017-03-15 08:16 | タイ | Comments(0)