Londonを中心に、世界のあちこちからの写真を載せていきます。更新はゆっくりです。


by londonphoto

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

アレッサンドラ・フェリの椿姫..
at 2017-06-04 07:03
ゼナイダ・ヤノウスキの椿姫/..
at 2017-06-04 06:12
初夏の楽しみ(3)
at 2017-05-29 19:01
初夏の楽しみ(2)
at 2017-05-29 06:59
初夏の楽しみ(1)
at 2017-05-28 16:06

最新のコメント

まだまだ踊れるのに、と世..
by londonphoto at 20:06
ありがとうございます。フ..
by londonphoto at 20:00
カーテンコールの動画みま..
by windtalker2008 at 18:58
すばらしい画像ばかり!舞..
by windtalker2008 at 18:56
chocoさんこんにちは..
by londonphoto at 22:59
お久しぶりです(^^) ..
by chocoyan2 at 20:07
こんにちは。 仰るとお..
by londonphoto at 06:53
薔薇。爽やかにふりそそぐ..
by windtalker2008 at 21:17

カテゴリ

全体
著書
ロンドン - 日常
ロンドン - 観光地
ロンドン - 美術館
ロンドン - イベント
イギリス(ロンドン以外)
バレエ
ナミビア
フランス
ドイツ
オーストリア
イタリア
スロヴェニア
タイ
トルコ
オランダ
ヨルダン
ウズベキスタン
日本
ロンドンオリンピック
ポートレート
旅行
写真練習帳
その他
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

お気に入りブログ

miu'z journa...
By The Thames
1*ときどき*5
jinsnap (web...
好きな写真と旅とビールと
(=^・^=)の部屋 写真館
パチプロ!デメタン
光の贈りもの
いんちきばさらとマクガフィン
風歩記
n e c o f l e x
happiness
パトローネの中
是和道哉 万事快調ときどき鬱
PHOTRESBIENNE

外部リンク

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
海外生活

画像一覧

ロイヤルバレエ/交響的舞曲ほか(2017年5月)

リアム・スカーレットの新作を含むロイヤルバレエのミックスビル。演目は以下のとおり。

- W. フォーサイス振付「正確さのめくるめく歓喜」
- G. バランシン振付「タランテラ」
- C. ウィールドン振付「ストラップレス」
- L. スカーレット振付「交響的舞曲」

 私自身がフランチェスカ・ヘイワードの大ファンだということもありますが、彼女がマルセリーノ・サンべと踊ったバランシン振付の「タランテラ」は、10分ほどの短い演目ながら圧巻。技巧的で華やかなピアノの音楽(ゴットシャルクという19世紀のアメリカ生まれのピアニストの曲。ちなみにゴットシャルクは若いころショパンにも絶賛されたほどのピアニストで、ヨーロッパ中を魅了するほどの腕の持ち主でした)に乗って、舞台から放射されるフランチェスカの可憐さと色気はとどまるところを知らず、強烈な花の薫りに酔うような気分になります。とんでもなく速いステップも、見ていて快感をおぼえるほど正確かつチャーミング。
 相棒のサンべ君も、元気いっぱいに踊りまわって、実に見事な舞台でした。
c0249519_08185408.jpg
 順序が前後しますが、最初のフォーサイスはシューベルトのザ・グレート(彼の最後の交響曲)の終楽章に、女性三人、男性二人の踊りをつけたもの。ヌニェス、高田茜さん、マヤラ・マグリ、ムンタギロフ、マクレーという豪華なメンバーで、延々と速いテンポの踊りが続きます。
 このシューベルトの音楽は一定のテンポで途切れることなくリズムを刻み続けるのですが、これがどこか恐怖感すら感じるほど、どこまでも執拗に継続し、聴き手に迫ってきます。踊りがつくと(この舞台は、踊りを音楽が伴奏するのではなく、音楽に踊りが添えられているような印象を受けます)普段はこの音楽の奥に隠れているシューベルトの狂気が、強調されてはっきりと現れてきます。
 なにか凄まじい力で突き進む音楽に、見事な踊りが共鳴して、圧倒的な興奮をもたらす演目でした。
 ちなみにプリンシパルに昇進後どんどん存在感を増している高田茜さんですが、キレの良さや表情の豊かさでヌニェスやムンタギロフ、マクレーと対等に渡り合っていて、もう「他のプリンシパルに引けを取らない」ではなく、「優れたプリンシパルの一人」と見るものを納得させる見事な踊りでした。最近の彼女、本当にすごいです。
 ちなみに情けないことに、うまく撮れた写真は一枚もなし。残念。

 ウィールドンのストラップレスは、打って変わって静かな作品。何年か前の初演のときはこの作品の良さがわからず、今シーズンの舞台で少しずつ分かってきたとはいえ、私はこの演目のよき理解者ではありません。それでも、ローレン・カスバートソンのしっとりとした美しさは印象的でした。
c0249519_08190096.jpg

 最後は気鋭の振付家、リアム・スカーレットが振り付けた新作「交響的舞曲」。音楽はラフマニノフの同名のオーケストラ作品です。ストーリーはなく、赤と黒を基調とした衣装や照明で、ヤノウスキと群舞が抽象的な踊りを繰り広げます。
 今シーズンかぎりでロイヤルバレエを退団するゼナイダ・ヤノウスキに振り付けられた作品ということもあり、スカーレット、ヤノウスキの両者のファンである私としても期待していた演目でした、個人的にはちょっと期待外れの舞台でした。
 部分的には美しく印象的な場面も随所にあったのですが、全体として舞台を貫く何かが欠けているような、そんな印象。こちらのリアム・スカーレットに対する期待が大きすぎるのかもしれませんが、ヤノウスキが素晴らしい踊りを見せてくれただけに、余計に残念でした。
c0249519_08190816.jpg
 ということで、最初の二つにあまりにも興奮し、オペラハウスで会った知り合いに笑われるほどでしたが、私としては非常に満足した一夜でした。

c0249519_08191538.jpg




* * *

これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。




[PR]
# by londonphoto | 2017-05-28 08:26 | バレエ | Comments(0)

アートの潤い

c0249519_07200591.jpg
仕事のピークに突入して、このところずっと時間が飛ぶように過ぎていたのですが、久しぶりにゆっくりできたこの週末、テートモダンの美術館へ行ってきました。
館内の常設展をゆっくりと見て回りながら、アートが乾いた心に染み入ってくるのを感じます。
c0249519_07201456.jpg
アートのある日常生活というのは、大切なものだなと再確認。
また来よう、と満足して美術館を後にしました。

c0249519_07202387.jpg
c0249519_07203283.jpg

[PR]
# by londonphoto | 2017-05-23 07:21 | ロンドン - 美術館 | Comments(0)

ワイマール散策(3)

c0249519_19394862.jpg
ワイマールで一泊して、翌朝はすっきりと気持ちの良い天気。ベルリンに戻る列車の時間まで、街を歩いて回りました。やはり天気がいいと街の風景も違って見えます。
c0249519_19402068.jpg
c0249519_19403194.jpg
c0249519_19404540.jpg
c0249519_19405474.jpg
c0249519_19400945.jpg
c0249519_19410451.jpg


24時間に満たない慌ただしいワイマール滞在でしたが、気持ち良く街を後にしました。


これまでのお気に入り写真をFlickrに載せています。


 

[PR]
# by londonphoto | 2017-04-14 19:44 | ドイツ | Comments(0)

ワイマール散策(2)

c0249519_15014937.jpg
今回のワイマール訪問の一番の目的は、フランツ・リストの足跡を辿ることでした。
かつて彼が住んだアルテンブルク荘という名の住居が、街のはずれの丘の上にいまも建っています。
c0249519_15015930.jpg
いまは個人の所有になっていて中には入れませんが、ここでフランツ・リストのみならず、ハンス・フォン・ビューローやカール・タウジヒといった現在にも名が伝わる名ピアニストが集い、またリスト自身が集中して作曲活動に取り組みました。彼のピアノソナタは、ここで生まれています。

リストがこのアルテンブルク荘に住んだのは彼が37歳から50歳くらいまでの頃だったのですが、晩年にもリストはワイマールに招かれて住んでいました。彼の晩年の家は、いまはリストハウスという名の博物館になっています。リストの生活ぶりがよくわかる、(リストに興味のある人間には)面白い博物館でした。

アルテンブルクの丘からは、木立をとおしてワイマールの街が見渡せます。
車が次々に通りすぎる音のなかにも、鳥のさえずりがあちこちから聞こえてきて、かつてリストがいたころの情景とあまり変わっていないのではないかという気がしました。
c0249519_15020814.jpg






[PR]
# by londonphoto | 2017-04-13 15:15 | ドイツ | Comments(0)

ワイマール散策(1)

c0249519_06510419.jpg
週末を利用しての突撃旅行が続きます。
今度はドイツ中部の文化都市、ワイマール。ゲーテにシラー、大バッハ、フランツ・リストと、ヨーロッパの文化史に燦然とその名を残す大家たちが活動した街です。
c0249519_06511687.jpg
c0249519_06512578.jpg
ワイマールは小さな街ですが、美しく整って、きちんと手入れの行き届いた街並が続きます。

c0249519_06513545.jpg
c0249519_06514694.jpg
c0249519_06520756.jpg
c0249519_06521871.jpg


驚いたのは、英語が全然通じないこと。ドイツだからどこにいっても英語で用が足りると思っていた私には、宿ですら英語が通じないという状況に驚きました。さすがにドイツ文化の中枢というべきか、かなり保守的な街のようです。

c0249519_06523244.jpg


何度かに分けて、街の情景をお伝えします。

c0249519_06524345.jpg




[PR]
# by londonphoto | 2017-04-13 06:54 | ドイツ | Comments(2)