Londonを中心に、世界のあちこちからの写真を載せていきます。更新はゆっくりです。


by londonphoto

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

ワイマール散策(3)
at 2017-04-14 19:44
ワイマール散策(2)
at 2017-04-13 15:15
ワイマール散策(1)
at 2017-04-13 06:54
アムステルダムの朝
at 2017-04-11 05:30
世にも美味いもの
at 2017-04-05 04:52

最新のコメント

ドイツはほんとにかっちり..
by londonphoto at 14:56
なんかこう「カッチリ」し..
by pote-sala at 08:38
いやほんとにこうなると、..
by londonphoto at 04:49
噛みしめるほどに広がる至..
by windtalker2008 at 07:24
この肉の山もさることなが..
by londonphoto at 14:55
肉、ばんざーーい!! ..
by pote-sala at 07:47
日本も築地や京都の錦市場..
by londonphoto at 07:47
カメラを提げて二日間歩き..
by londonphoto at 07:42

カテゴリ

全体
著書
ロンドン - 日常
ロンドン - 観光地
ロンドン - 美術館
ロンドン - イベント
イギリス(ロンドン以外)
バレエ
ナミビア
フランス
ドイツ
オーストリア
イタリア
スロヴェニア
タイ
トルコ
オランダ
ヨルダン
ウズベキスタン
日本
ロンドンオリンピック
ポートレート
旅行
写真練習帳
その他
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

お気に入りブログ

miu'z journa...
By The Thames
1*ときどき*5
jinsnap (web...
好きな写真と旅とビールと
(=^・^=)の部屋 写真館
パチプロ!デメタン
光の贈りもの
いんちきばさらとマクガフィン
風歩記
n e c o f l e x
Little happi...
パトローネの中
是和道哉 万事快調ときどき鬱
PHOTRESBIENNE

外部リンク

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
海外生活

画像一覧

iPhone用スピーカー その3


 前の二つの記事(その1その2)からの続きです。
 二作目の反省点は何と言っても音が遠くなってぼやけてしまったことと、定在波の影響で特定の周波数が強められてしまうこと。ということで、この二点の解決に焦点を合わせて三作目の設計に取り掛かります。

 まず音の鮮度を回復するために、iPhoneの音の出口から、長い音道を経由せずに直接スピーカーの開口部へ音を伝える経路を追加することに。下の写真の左側のパーツに煙突のように突き出た部分がありますが、ここをバイパス路が通ります。
 決定根拠がないので悩みつつ、iPhoneから出た音の3分の1がバイパス路、残りが長い音道を通るくらいの比率にしてみました。
 また、低音は犠牲になりますが、音道の方も長さを3分の2くらいにして全体の音のまとまり向上を狙いました。
 定在波対策は平行な壁面をなくすことに尽きるので、仕切りを少し斜めに配置したり、曲がり角では反射板を置いたり。
c0249519_19295198.jpg
c0249519_19300048.jpg

 バイパス路を追加したので構造が複雑になり、また紙の厚さも1.5ミリもあると影響が無視できなくなるため、今回はある程度ていねいに設計図を描く必要がありました。
c0249519_19332869.jpg
c0249519_19334379.jpg

 その設計図を基に展開図を作り、紙を切って工作開始。今回は黒い厚紙を使ってみました。いざ組み始めると展開図に誤りがあって「あ!」ということも何度かありましたが、無事完成。

c0249519_19300696.jpg
 どきどきしながら音を出してみましたが、良い感じです。音の鮮度は完璧に保たれつつ、中低音が程よく厚みを増しています。音のバランスも良く、とても自然に響きました。定在波の影響もなし。これは文句なしに成功!

 初代と三代目を比較すると、三代目はやはり中低音がより豊かになっています。初代は使った紙が薄いこともあって中の音が漏れてきているのか、お風呂場のような感じで残響がワンワン鳴って聞こえます。一方の三代目は残響がないのでぐっと落ち着いて音のディテールがしっかり聴き取れます。

 ということで、今回の一連のスピーカー工作熱もおさまる満足な結果。紙工作シリーズはここで打ち止めとします。
 いろいろやってみた感想をいくつか。

- 頭の中で形を考えて設計図を描いたあと、それを組み立てて実際のものが出来上がっていくのは、たまらない快感。

- 紙が厚いと設計に時間がかかるけど、それだけの効果もある。

- 一番難しいのは、設計でも組み立てでもなく、厚さ1.5ミリの丈夫な厚紙を寸法通りに切ることだった。定規の当て方のちょっとしたズレで、無視できない狂いが出る。また、厚さ方向にカッターが斜めに入ることも多く、表と裏で寸法が狂うことも多かった。あいた隙間(たくさん)は接着剤で埋めた。

c0249519_19351629.jpg


[PR]
# by londonphoto | 2017-02-11 19:36 | その他 | Comments(8)

iPhone用スピーカー その2


 一度エンジンがかかるとブレーキが効かない私。結局、iPhone用スピーカーの改良に手を出すのは時間の問題ですらなく、最初のスピーカーを作り終えると、即座に二つ目の設計(なんて呼べるようなちゃんとしたことはやってませんが)に取り掛かりました。
 今回は画材店で厚さ1.5mmの厚紙まで買ってくる気の入りよう。カッターや定規も揃えて、準備は万端。

 狙いは低音の増強。最初のスピーカーも悪くはなかったのですが、低音が物足りません。ということで、スピーカー内部で音道を折り曲げて、長さを稼ぎます。
c0249519_05503516.jpg
c0249519_05504583.jpg
 夢中で作って鳴らしてみた結果は、「うーーーん……」
 低音は狙い通りかなり分厚く鳴るようになりましたが、音が遠くてこもってます。そりゃこれだけ長い道を通れば音は遠くなって当然、と作ってから気づきました。
 一応、高音を抜くための穴を正面に開けていましたが、焼け石に水。というか、ほんの15cmくらい音道を進んだだけでも、すでに音の鮮度が落ちていました。
c0249519_05505249.jpeg
 さらに悪いことに、内部に平行な壁面がたくさんあるので定在波が発生し、特定の音程が共鳴して変な響き方になってしまいました。
 どう考えてもこれは失敗作。残念。


 ということで、思いもよらず第三弾へと続きます…(笑)



[PR]
# by londonphoto | 2017-02-11 05:54 | その他 | Comments(4)

iPhone用スピーカーを自作する

ふと思い立って、家にあった厚紙で作ったiPhone用のスピーカー。
電源は使わず、ただ共鳴で鳴らすだけ。
c0249519_08232190.jpg
音響計算などやるわけもなく(効果があるのかどうかも分からないまま、中をS字構造にしている)、設計図とも呼べないような殴り書きの絵から、慣れない紙工作で作ったのがこれ。
作りながら、さすがにこれはダメだろうと思ったけれど、できあがって試してみると思いのほか効果がある。中低音がしっかりして音がだいぶ豊かになった。
もちろん所詮は紙なのでその程度の音だし、冷静にいえばこもったような響き。でも改善は改善。しかも元の音とは相当な差がある。

これを木で作ったらどうなるのか、寸法や構造を変えたらどうなるのか、いろいろと興味は尽きないけれど、たぶんそこまではやらない。
だってこれが気に入ったから。



[PR]
# by londonphoto | 2017-02-02 08:33 | その他 | Comments(4)

5pm

冬至からひと月と少し、以前は夕方の4時半頃には真っ暗になっていたのが、5時を過ぎても少し光が残るようになった。
c0249519_07042914.jpg

これから夏至まで、日に日に明るくなっていく。緯度の高いイギリスに暮らす楽しみの一つ。
c0249519_07045534.jpg
* * *

(お知らせ)

私の著書のミャンマー旅行記です。
2011年から2013年にかけて訪れたミャンマー各地の風景と人々の営みを、文章と写真で綴っています。
c0249519_1522841.jpg


これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。




[PR]
# by londonphoto | 2017-01-30 07:10 | ロンドン - 日常 | Comments(0)

サウジアラビアつれづれ

この週末、出張で初めて行ったサウジアラビアのつれづれ。
超短期決戦の出張だったので、写真を撮る暇はありませんでしたが・・・


- 何が一番驚いたと言って、着いてみると寒かったこと。最低気温10℃強、暑い砂漠しか頭になかったのでギャップが大きかった。出張先で(先に来ていた)同僚に聞いたところでは、この時期の朝晩は相当冷え込むらしい。

- 寒いついでに、パラパラと雨まで降った。ほんまにここはサウジか。

- 滞在は湾岸沿いの小さな町。サウジというとオイルマネーでピカピカの超近代都会か、砂しかない広大な砂漠を想像していたけれど、静かで古いアラブの町という感じ。悪くなかったけど、滞在二日半では短すぎてあまりよく分からず。

- ホテルと仕事場の間の道路、時おり何をどうやったらこうなるのか?という壮絶なタイヤ痕がある。道路脇の砂漠には前面が潰れた車が何台か(何台も)放置されている。どういうことだ。

- サウジとイギリスの時差は3時間。さらにサウジの始業時間は朝6時半。(恐らく夏場の暑さ対策。そういえば兼好法師も、住まいは夏を旨とすべしと言った。)おかげで体感時差は5時間ほど。結構きつい。

- 食事は、仕事先のキャンティーンで予想外に美味しいご飯が食べられた。味はしっかりしていて、全般にスパイスがよく効いている。昼ごはんをしっかり食べたあと、夕食分までパックに詰めてもらえる大盤振る舞い。美味しく頂きました。

- 最終日はキャンティーンのランチに間に合わず、同僚とホテル近くのKFCへ。行ってみると店が閉まっている。お祈りの時間だから、なのだそうだ。再開まで20分ほど店の前で待つ。イスラムの国はいくつか行ったけど、お祈り中に店が閉まるのは初めてだった。もっとも、イスラム圏は仕事で行くことがほとんどで、たいてい食事も人が準備してくれる。お祈り中の事情を僕が知らないだけかもしれない。

- 仕事は順調に終わり、予定どおりロンドンに戻ってくると、やたら寒い。今週は冷え込むらしい。冬来りなば、とは言うけれど、春はまだもう少し先。それでも明るい時間が少しずつ長くなってきた気がする。日が長くなるのを感じるのはいいものです。



[PR]
# by londonphoto | 2017-01-24 04:15 | その他 | Comments(4)