Londonを中心に、世界のあちこちからの写真を載せていきます。更新はゆっくりです。


by londonphoto

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

アレッサンドラ・フェリの椿姫..
at 2017-06-04 07:03
ゼナイダ・ヤノウスキの椿姫/..
at 2017-06-04 06:12
初夏の楽しみ(3)
at 2017-05-29 19:01
初夏の楽しみ(2)
at 2017-05-29 06:59
初夏の楽しみ(1)
at 2017-05-28 16:06

最新のコメント

まだまだ踊れるのに、と世..
by londonphoto at 20:06
ありがとうございます。フ..
by londonphoto at 20:00
カーテンコールの動画みま..
by windtalker2008 at 18:58
すばらしい画像ばかり!舞..
by windtalker2008 at 18:56
chocoさんこんにちは..
by londonphoto at 22:59
お久しぶりです(^^) ..
by chocoyan2 at 20:07
こんにちは。 仰るとお..
by londonphoto at 06:53
薔薇。爽やかにふりそそぐ..
by windtalker2008 at 21:17

カテゴリ

全体
著書
ロンドン - 日常
ロンドン - 観光地
ロンドン - 美術館
ロンドン - イベント
イギリス(ロンドン以外)
バレエ
ナミビア
フランス
ドイツ
オーストリア
イタリア
スロヴェニア
タイ
トルコ
オランダ
ヨルダン
ウズベキスタン
日本
ロンドンオリンピック
ポートレート
旅行
写真練習帳
その他
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

お気に入りブログ

miu'z journa...
By The Thames
1*ときどき*5
jinsnap (web...
好きな写真と旅とビールと
(=^・^=)の部屋 写真館
パチプロ!デメタン
光の贈りもの
いんちきばさらとマクガフィン
風歩記
n e c o f l e x
happiness
パトローネの中
是和道哉 万事快調ときどき鬱
PHOTRESBIENNE

外部リンク

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
海外生活

画像一覧

タグ:イギリス ( 3 ) タグの人気記事

湖水地方・週末旅行(5)~ 峠の絶景

c0249519_18040031.jpg

 さらに山中を進むうちに、バスはホニスター(Honister)の採石場に着いた。ここでは周囲の山から板状の石が切り出されている。工房で製作された日用品なども売られていたけれど、ここで心奪われたのはホニスター峠の景色。曇り空にもかかわらず、見事な景観が広がっている。
c0249519_18044988.jpg
c0249519_18050537.jpg
c0249519_18051673.jpg
c0249519_18052602.jpg
c0249519_18053317.jpg


 天気のいい日のこの頂まで登るのはさぞ気分のいいことだろうと思う。
c0249519_18053938.jpg

 峠を越えた先でもバスを降りて周囲の風景を眺める。
c0249519_18054548.jpg
c0249519_18060098.jpg
 大きな岩塊は、遥か昔の氷河期に、氷によって大地から削り取られ、氷に乗ってここまで運ばれてきたという。氷河の爪痕。

 さらにその先。名前は忘れたけれど、とにかく風の強い峠。
c0249519_18061506.jpg
c0249519_18061713.jpg
c0249519_18060141.jpg
 冗談ではなく、斜面に立っていると時おり猛烈な風にあおられて、転げ落ちそうになる。
c0249519_18062038.jpg

 こんなところでも、羊たちは(見たところ)のどかに生きている。赤いのは、血みどろになっているのではもちろんなく、目印。
c0249519_18061055.jpg
c0249519_18062450.jpg



 最後はケズィックに戻り、近郊のストーンサークルへ。カッスルリグ(Castlerigg)の環状石。
c0249519_18063093.jpg
 周囲はイングランドらしい風景。そして、イングランドらしい曇り空。
c0249519_18063488.jpg

 ちなみに、道中に立ち寄ったグラスミアという街で、名物のジンジャーブレッドを買ったけれど、これがとても美味しかった。もっと買っておけばよかったと、後になって悔しい思いをしたけれど、何はともあれ満足した湖水地方ツアーだった。

 私たちが利用したのは、Mountain Goat Toursという会社の”Ten Lakes Spectacular”という一日ツアー。ホテル送迎もあり、ツボを押さえて効率よく湖水地方を回れるので、おすすめ。ツアー終了後に鉄道でロンドンまで戻ることも可(2016年8月現在)。





[PR]
by londonphoto | 2016-08-13 18:15 | イギリス(ロンドン以外) | Comments(2)

湖水地方・週末旅行(3)~ ケズィック

c0249519_16162192.jpg

 ボウネスに一泊して、翌日は湖水地方をめぐる一日ツアーに参加。車でホテルまで迎えが来て、
ドライバー兼ガイドの説明付きでコースを回ってくれるので、楽ちん。

 まずはウィンダミアを出て、北のケズィックという街を目指す。その途上の風景。ピーター・ラビットの著者、ベアトリクス・ポターが所有し、こよなく愛した土地なのだそうだ。彼女は死後、自身が所有したこの土地をナショナルトラストに寄付したという。
c0249519_1617156.jpg

 厚い雲に覆われたこの日、時おりにわか雨と晴れ間が通り過ぎる。もう少しすっきり晴れていれば、風景の印象もがらりと変わったはず。

 車はさらに先へ。
c0249519_16181440.jpg

c0249519_16185013.jpg

c0249519_16215964.jpg


 下の一枚もケズィックへの途上の風景。ドライバーの説明を忘れてしまったけれど、サールミア(Thirmere)という湖ではないかと思う。ちなみに”Mere”は古英語で湖、あるいは池を表すらしい。
c0249519_16222730.jpg


 ケズィックでは、Derwent waterという湖でのクルーズが予定されていたが、強風のためキャンセルされた。仕方ないので、その分他のポイントをゆっくり回ります、とドライバー氏。ケズィックでもしばらく時間があったので、荒れた湖を眺める。
c0249519_16231574.jpg

c0249519_16235558.jpg

c0249519_16241495.jpg

c0249519_16243879.jpg


 まだ続きます。


* * *

(お知らせ)

私の著書のミャンマー旅行記です。
2011年から2013年にかけて訪れたミャンマー各地の風景と人々の営みを、文章と写真で綴っています。


c0249519_1522841.jpg


「ミャンマー もつれた時の輪 ~ 変化と伝統が綾なす不思議の国」(イカロス出版)
射場博之(文・写真) 
定価 1,728円(税込)



→ミャンマーの写真はこちら

→アマゾンのページ

→楽天ブックスのページ



* * *



 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2016-08-12 16:26 | イギリス(ロンドン以外) | Comments(0)

湖水地方・週末旅行(1)〜 ウィンダミア湖クルーズ

c0249519_18235381.jpg


 日本の友人から、近々イギリスに行って湖水地方を訪問するけれど、一緒にどうかとのお誘いが来た。イタリアでの仕事のすぐ後で、しかも自分の休暇の直前だったので厳しいスケジュールだったけれど、湖水地方は在英八年にして未だ未踏の地。無理を承知で、せっかくだからと誘いに乗った。

 湖水地方はイングランド北西部にある、その名の通り大小さまざまな湖が点在する土地。風光明媚な観光地として人気がある。一番大きなウィンダミア湖畔のボウネスという街を拠点にして、まずは湖のクルーズツアーに早速繰り出した。

c0249519_18242520.jpg

c0249519_1824425.jpg


 ボウネスは湖のちょうど真ん中あたりに位置する。いくつかあるクルーズのコースから、湖の南端へ向かうものを選ぶ。理由は単に、時間の都合が良かったから。
 夏の観光・休暇シーズン真っ只中の週末ということで観光客の数がすごい。たちまち満員になった船で、いざ出発。

c0249519_1825386.jpg

c0249519_18253168.jpg

c0249519_18261110.jpg


 この日は晴れたり曇ったり。あまりスッキリしない天候だったけど時折は晴れ間も出たのでまあいいか。
 ただし、最高気温が20度を切る湖水地方で、フェリーに乗って風に吹かれるのはかなり寒い。薄手の(ユニクロの)ダウンジャケットに助けられた。

c0249519_18263348.jpg

c0249519_182658100.jpg

c0249519_18271344.jpg

c0249519_18273513.jpg


 湖の南に着くと、小さな鉄道駅があり、片道20分ほどの路線を往復している。乗ってみるとなんとも懐かしい雰囲気の車体。

c0249519_18275527.jpg

c0249519_18281044.jpg


 折り返しの便で湖畔に戻り、一度ボウネスの街へ帰る船に乗った。

c0249519_183138.jpg

c0249519_18311812.jpg


 (続きます。)


* * *

(お知らせ)

私の著書のミャンマー旅行記です。
2011年から2013年にかけて訪れたミャンマー各地の風景と人々の営みを、文章と写真で綴っています。


c0249519_1522841.jpg


「ミャンマー もつれた時の輪 ~ 変化と伝統が綾なす不思議の国」(イカロス出版)
射場博之(文・写真) 
定価 1,728円(税込)



→ミャンマーの写真はこちら

→アマゾンのページ

→楽天ブックスのページ



* * *



 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2016-08-11 18:35 | イギリス(ロンドン以外) | Comments(2)