Londonを中心に、世界のあちこちからの写真を載せていきます。更新はゆっくりです。


by londonphoto

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

やればできる
at 2017-07-04 04:52
夏の森のかたち
at 2017-07-02 17:24
アレッサンドラ・フェリの椿姫..
at 2017-06-04 07:03
ゼナイダ・ヤノウスキの椿姫/..
at 2017-06-04 06:12
初夏の楽しみ(3)
at 2017-05-29 19:01

最新のコメント

気持ちのいい季節になりま..
by londonphoto at 02:58
この空気をそっと胸いっぱ..
by windtalker2008 at 20:16
まだまだ踊れるのに、と世..
by londonphoto at 20:06
ありがとうございます。フ..
by londonphoto at 20:00
カーテンコールの動画みま..
by windtalker2008 at 18:58
すばらしい画像ばかり!舞..
by windtalker2008 at 18:56
chocoさんこんにちは..
by londonphoto at 22:59
お久しぶりです(^^) ..
by chocoyan2 at 20:07

カテゴリ

全体
著書
ロンドン - 日常
ロンドン - 観光地
ロンドン - 美術館
ロンドン - イベント
イギリス(ロンドン以外)
バレエ
ナミビア
フランス
ドイツ
オーストリア
イタリア
スロヴェニア
タイ
トルコ
オランダ
ヨルダン
ウズベキスタン
日本
ロンドンオリンピック
ポートレート
旅行
写真練習帳
その他
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

お気に入りブログ

miu'z journa...
By The Thames
1*ときどき*5
jinsnap (web...
好きな写真と旅とビールと
(=^・^=)の部屋 写真館
パチプロ!デメタン
光の贈りもの
いんちきばさらとマクガフィン
風歩記
n e c o f l e x
happiness
パトローネの中
是和道哉 万事快調ときどき鬱
PHOTRESBIENNE

外部リンク

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
海外生活

画像一覧

タグ:不思議の国のアリス(バレエ) ( 4 ) タグの人気記事

アリスの魔法/フランチェスカ・ヘイワード

c0249519_6374150.jpg


 またアリスかと言われそうですが、またアリスです。「また」を承知で紹介せずにはいられない舞台でした。
 今回の主演はアリスがフランチェスカ・ヘイワード、ジャックがワディム・ムンタギロフ。ムンタギロフは言うまでもなく人気実力とも抜群のプリンシパルですが、今日の焦点はフランチェスカ・ヘイワード。私は普段はダンサーを姓で呼ぶことがほとんどですが、彼女はフランチェスカと呼ぶことにします。ヘイワード、では彼女の印象が損なわれてしまいます。

 このフランチェスカ、昨年の秋にマノンで鮮烈な主役デビューを果たした22歳の若手です。彼女は現在、ロイヤルバレエで五つあるランクのちょうど真ん中、ソロイストというクラスにいて、マノンを踊ったのは大抜擢といっていいキャスティングでした。が、その舞台を見て、たまたま隣の席に座っていた知り合いと二人で言葉を失ってしまいました。しなやかな踊り、舞台を完全に支配する存在感と若々しい魅力、そしてマノンにはなくてはならない残酷な無邪気さ。プリンシパルでもなかなかこうは踊れないというくらい、見事なマノンの世界を作り上げて、私は一夜にしてフランチェスカのファンになってしまいました。

 そんなわけで、今回の彼女のアリスの舞台は本当に楽しみにしていました。実はこの同じ日、別の会場ではサイモン・ラトルがロンドン交響楽団を指揮してストラヴィンスキーの春の祭典を演奏するという、普通なら万難を排して駆けつけるような演奏会があったのですが、それを蹴ってのフランチェスカ。この選択、報われました。

 フランチェスカのアリスですが、マノンのときと同じように、その小さな体から放たれる素晴らしい存在感で舞台をすみずみまで支配し、劇場全体が完全に彼女の魅力で満たされます。この魅力はもう天性のものとしか言いようがありません。フランチェスカが踊ると、彼女の中のいったい何が光っているのか、きらきらと輝くような雰囲気が彼女の周囲にこぼれます。彼女が踊っているのを見ていると、彼女からほとばしり出てくる喜びに満ちた輝きに飲み込まれ、切なくなるくらいに胸が一杯になってしまう気がします。これほどまでに観る者を酔わせるチャームをもったバレリーナというのは、そういるものではありません。フランチェスカの踊りには華があるという以上に輝きと魔力があります。まるで彼女の命そのものが輝いているように、舞台いっぱいに美しいオーラを放つアリスでした。

 私がフランチェスカの名前を認識したのは、一年前のくるみ割り人形でクララを踊ったときでしたが、率直に言って、そのときはそれほどの感銘を受けませんでした。それからほんの一年。いまや彼女は全く別のバレリーナです。恐らく彼女の中で開花を待っていた何かが、急に開き始めたのだろうと思います。上にも書いたとおり、彼女は現在ソロイストというクラスにいますが、これから彼女が上のランクに上がってくることは疑いの余地がありません。個人的な印象で言えば、彼女は「どこまで上がるか」ではなく、「いつプリンシパルになるか」というタイプのダンサーだと思います。フランチェスカが人の後ろで踊っているのはもうもったいない。早く上のランクに上がって、より多くの主役を演じてほしい。私にとってフランチェスカはそう思わせるダンサーですし、彼女の舞台を見た人の多くも同じ考えなのではないかと思います。


 他のキャストについても簡単に。ジャック役のムンタギロフはさすがの演技。彼の華やかさと落ち着きが同居したノーブルな雰囲気が、無垢なフランチェスカのアリスと素晴らしいコンビネーションを作り上げていました。技術的にも完璧な安定感で、意外に出番は少ない役ながら、見事な存在感でした。
 ハートの女王は、この役はデビューのクレア・カルヴァートで、ふだんは結構おとなしい印象の彼女がこの役にキャストされたのには驚いてしまいました。他の人を押しのける強さを特徴とする人ではないと思うのですが、意外とこの役をきっかけに何か変化を見せるのではないかと、そんな可能性を感じさせる演技でした。
 マッドハッターは先日のユフィさんの公演と同じドナルド・トム。この日はタップのリズムもずっと安定して、とてもいい出来だったと思います。
 水準の高い主要キャストに囲まれて、フランチェスカがその魅力を全開にしてみせた今回の舞台、これまで見てきたロイヤルバレエの舞台の中でも、屈指の印象の強さでした。

 いや〜、すごかった。

c0249519_638234.jpg

[PR]
by londonphoto | 2015-01-17 06:43 | バレエ | Comments(2)

2015年も崔由姫さんを応援します!/不思議の国のアリス(2015年1月,ロイヤルバレエ)

 昨夜のロイヤルバレエはチェ・ユフィ(崔由姫)さんが主役で不思議の国のアリスでした。その公演の感想の前に一つ。この演目では使われる打楽器の種類が非常に多く、オーケストラピットの中はまるで打楽器の見本市のように、様々な楽器がひしめいています。昨日の開演前、観劇に来ている子供たちが興味津々でピットの中をのぞき込んでいるところへ打楽器奏者が登場。気さくに子供たちに声を掛け、「あの楽器は何?」と聞いてくる子供たち相手に、一つ一つ音を鳴らしながら楽器を説明していました。私もつい一緒になってピットをのぞき込んでいると、その打楽器奏者と目が合い、ニヤリと笑われてしまいました。
c0249519_22414627.jpg
 それにしても、本番前にこうして実際の奏者から楽器のことを教えてもらってから舞台を見れば、きっと公演への興味も俄然強まるに違いありません。こういう環境で育つ子供たち、羨ましい限りです。

 さて、この日の舞台。ユフィさんがアリス役で、相手のジャックはキッシュ。白ウサギがジェイムズ・ヘイでハートの女王がイツァール・メンディザバルという配役。マッドハッターはポール・ケイが予定されていましたが、病気のため当日になってドナルド・トムに変更でした。

 ユフィさんがアリスを踊るのを見るのは2シーズン前の公演以来ですが、この日のユフィさん、二年前よりもずっと豊かな表情を演じているのがよく分かりました。私はバレエの技術的なことは全くの素人ですが、踊り自体も動きが一回り大きくなり、鮮やかさと鋭さが増しているという印象でした。全体として、他の誰とも違う彼女自身の個性がしっかりと出ていたのは間違いなく、彼女が次の段階に向けて目指しているところが、非常によく伝わってくる舞台でした。進化を続けるユフィさんを、今年も応援していきます!
c0249519_22440888.jpg

 相手役のキッシュは手足も長く、踊りは決して悪くないと思うのですが、なんとなく落ち着き過ぎたような風貌と、ユフィさんとの身長差が災いして、どうもペアとしてちぐはぐな印象を持ってしまうのは二年前と同じでした。こればかりは本人もどうしようもないところでしょうが。

 ハートの女王のメンディザバルは二年前にもこの役で見ましたが、そのときと比べても、この役を自分の役にしよう(ヤノウスキーの模倣を離れて、という意味です)という創意工夫のあとがよく見えました。ファーストソロイストの中ではやや影の薄い印象のある彼女ですが、恐らく元来が非常に穏やかで慎み深い性格のダンサーなのではないかという気がします。そんな彼女が、懸命に努力して作り上げた役は、ヤノウスキーのような強烈さには欠けるものの、持ち前の踊りの端正さと相俟って独特の柔らかな温かさがあり、その中に個性的なユーモアの芽が出つつあるという印象でした。彼女もまた色々と模索を続けて道半ばなのでしょうが、今後の飛躍に期待、というところです。
 ちなみにメンディザバルは、怪我で降板のカスバートソンにかわり、今月末から始まるオネーギンの公演で主役を踊ることになりました。私が記憶する限り、彼女が主役を踊るのは初めてではないかと思います。スケジュールの都合上どうしても観に行けないのですが、彼女にとってはとても大きなチャンスだと思います。

c0249519_22470604.jpg


 最後にもう一人、マッドハッターのドナルド・トム。彼は二年前に見たときはかなり頼りないところも感じるタップダンスだった記憶があるのですが、今回はずっと良かったと思います。もともとがかなり難しそうなタップダンスである上に他の登場人物とからみながら演技もするので、並大抵ではない役なのだろうと想像しますが、長身を活かした存在感のある演技で、タップもリズムの取り方に余裕が出てきたという印象でした。まだアーティスト(ロイヤルバレエでは一番下のランク)ながらしっかり客席を沸かせてくれた彼、今後もどんどん伸びるはず。注目しながら応援したいと思います。
c0249519_22465376.jpg


c0249519_22450390.jpg
c0249519_22463916.jpg
c0249519_22465283.jpg


c0249519_22470764.jpg





[PR]
by londonphoto | 2015-01-11 22:51 | バレエ | Comments(2)

圧巻の大御所たち/不思議の国のアリス(2014年12月)

c0249519_737597.jpg


 さて、久々のバレエです。観に行くのが久しぶりという訳ではありませんが、今日ばかりは写真を載せておかないとと思える公演でした。演目はロイヤルバレエの「不思議の国のアリスの冒険」。言わずもがなですが、ルイス・キャロルの作品を元にした舞台です。この日の公演はロイヤルオペラハウスのシネマライブのシリーズで日本でも上映されたようなので、ご覧になった方も多いかも知れません。

 この舞台ではアリスはもちろん白ウサギやハートの女王、チェシャ猫といった登場人物はそのままにアリスの物語にちなんだシーンがたくさん登場するわけですが、それぞれはかなりデフォルメされて舞台化されています。そして何より心惹かれるのが、それぞれのシーンで舞台に現れる人々(「人間」に限りませんが)が、みんな心底一生懸命になって筋の通らないことをやっているというところ。いい大人が夢中になってデタラメをやっている様は狂気すら感じさせるのですが、その楽しい狂気の世界を見詰めているうちに、自分もその世界にどっぶりと浸ることができる、そんな面白さに満ちたバレエです。
c0249519_7381922.jpg

 この日のキャストはアリスがサラ・ラムでジャックがボネッリ。ラムは持ち前の美貌に豊かな表情が加わって非常に魅力的。このアリスは彼女にとって相当な当たり役だと思います。白ウサギはアレクサンダー・カンベル。独特の愛嬌のにじみ出るコミカルな演技でした。

 脇役陣は、ハートの女王がゼナイダ・ヤノウスキーで、マッドハッターはスティーブン・マクレー。やはりこの二人は圧巻。ヤノウスキーは突き抜けた狂気の中にノーブルさの芯がしっかり通っているので、お腹を抱えて笑うほど面白くても絶対に下品になりません。マクレーは舞台上の姿に凄味すら感じさせる存在感があって、しかもタップダンスは相変わらず唖然とするほど上手い。あまりにも鋭くて、まったく余人を寄せ付けません。このマッドハッターはロイヤルバレエの公演でも何人かが踊っていて、私は普段は同じ役を別の人が踊るのを見比べるのが好きなのに、この役だけは他の人ではどうしても満足できないのです。早くマクレーの王座を脅かす人が現れてほしいものです。
c0249519_7392777.jpg


 カータンコールのヤノウスキー。もうこの人はこの役では何をやっても許される境地に達してきたようです。
c0249519_7384562.jpg

c0249519_739079.jpg


 そしてマクレー。かっこよすぎます。彼がこの役を踊るのは今シーズンはこの一回限り。観ることができて幸運でした。
c0249519_7395785.jpg


 
c0249519_740148.jpg

[PR]
by londonphoto | 2014-12-18 07:41 | バレエ | Comments(4)

チェ・ユフィさんのアリス

c0249519_17341992.jpg


 少し遅くなってしまいましたが、先日チェ・ユフィ(崔由姫)さんが主役を踊った、ロイヤルバレエの「不思議の国のアリスの冒険」を観てきました。もともとチケットが発売されたときには、アリス役に彼女の名前はありませんでした。私はローレン・カスバートソンの出るファーストキャストの日だけチケットを押さえていたのですが、カスバートソンが怪我のため降板。その代役に入ったのが、別の日で主役を踊る予定だったサラ・ラムでした。私はもともとラムがそれほど好きではなかったので、彼女の出演日のチケットは買っていなかったのですが、ラムがカスバートソンの代役を務めるということで急にラムの代役に名前が出てきたのがユフィさん。
 これにはほとほと参ってしまいました。ファンとして彼女の舞台を観ないわけにはいきませんが、もともとラムの日のチケットは取っていなかったし、アリスは人気演目なのでチケットは完売。これは困ったと思いながらも、何とかキャンセルの出たチケットを手に入れて、観に行ってきました。

 アリスを踊る彼女は、でもやや印象が薄かったかなというのが正直な感想でした。いつもどおりきれいに踊っているのですが、他のプリンシパルダンサーたちのように、どこで何をしていても目立つ、という感じでもありませんでした。普段がファーストソロイストとして脇役を務めることが多いためか、良くも悪くも周囲とすっとなじんでしまいます。カスバートソンの堂々としたアリスでもなく、ラムの演じる妖精のような美少女アリスでもなく、ユフィさんの場合はどこにでもいる高校生というかんじのアリスでした。
 この日の相手役はキッシュでしたが、キッシュとユフィさんが組むと、どこか不倫している男とその相手とか、あるいは学校の先生が生徒に手を出して、その相手がユフィさん、というような印象でした。ペアの作り方というのも難しいようです。

 ちなみにこのアリスでは、途中客席の通路にダンサーが出てくるシーンがあります。今回はその通路のあたりに座っていたのですが、目の前に出てきたのが金子ふみさん。初めて間近で拝見しましたが、いやー、きれいでした! 彼女は何か、きらきら光るような雰囲気を持っています。

 ハートの女王を演じたのは、ユフィさんと同じくファーストソロイストのイツァール・メンディザバル。外見はラウラ・モレラに近いものがありますが、演技は誠実でおとなしめ。ヤノウスキのハートの女王にはノーブルな狂気があり、モレラは限界を楽々と突き破った究極の面白さがありますが、メンディザバルのハートの女王は真面目で、どこか哀しみを感じさせるような、暖かみのあるものでした。
c0249519_17371996.jpg


c0249519_17374580.jpg


 ちなみに個人的な憶測ではありますが、現在ロイヤルバレエはユフィさんをプリンシパルに昇進させるきっかけを探っているような気がしなくもありません。昨シーズン末のタマラ・ロホの引退に続き、今シーズンでマーラ・ガレアッツィが引退することが発表されており、また数日前にはリャーン・ベンジャミンが6月の公演を最後に引退することも発表されました。さすがにこれだけ一度にプリンシパルが引退すると補充も必要なはず。それを考えての、ユフィさんのアリス登板だったのかな、などとファンとしては期待しているのですが・・・
c0249519_17383100.jpg

[PR]
by londonphoto | 2013-04-06 17:40 | バレエ | Comments(2)