Londonを中心に、世界のあちこちからの写真を載せていきます。更新はゆっくりです。


by londonphoto

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

ワイマール散策(3)
at 2017-04-14 19:44
ワイマール散策(2)
at 2017-04-13 15:15
ワイマール散策(1)
at 2017-04-13 06:54
アムステルダムの朝
at 2017-04-11 05:30
世にも美味いもの
at 2017-04-05 04:52

最新のコメント

ドイツはほんとにかっちり..
by londonphoto at 14:56
なんかこう「カッチリ」し..
by pote-sala at 08:38
いやほんとにこうなると、..
by londonphoto at 04:49
噛みしめるほどに広がる至..
by windtalker2008 at 07:24
この肉の山もさることなが..
by londonphoto at 14:55
肉、ばんざーーい!! ..
by pote-sala at 07:47
日本も築地や京都の錦市場..
by londonphoto at 07:47
カメラを提げて二日間歩き..
by londonphoto at 07:42

カテゴリ

全体
著書
ロンドン - 日常
ロンドン - 観光地
ロンドン - 美術館
ロンドン - イベント
イギリス(ロンドン以外)
バレエ
ナミビア
フランス
ドイツ
オーストリア
イタリア
スロヴェニア
タイ
トルコ
オランダ
ヨルダン
ウズベキスタン
日本
ロンドンオリンピック
ポートレート
旅行
写真練習帳
その他
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

お気に入りブログ

miu'z journa...
By The Thames
1*ときどき*5
jinsnap (web...
好きな写真と旅とビールと
(=^・^=)の部屋 写真館
パチプロ!デメタン
光の贈りもの
いんちきばさらとマクガフィン
風歩記
n e c o f l e x
Little happi...
パトローネの中
是和道哉 万事快調ときどき鬱
PHOTRESBIENNE

外部リンク

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
海外生活

画像一覧

タグ:崔由姫 ( 10 ) タグの人気記事

ロイヤルバレエのくるみ割り人形(2016年12月、フランチェスカ・ヘイワード他)

c0249519_641562.jpg


 いまのロイヤルバレエはくるみ割り人形が繰り返し上演されています。街の雰囲気もクリスマス気分が高まっていて、やっぱりこの時期はくるみだよな、という気になります。

 昨晩観に行った公演は、フランチェスカ・ヘイワードのクララ、アレックス・キャンベルのくるみ割り人形、ローレン・カスバートソンの金平糖、フェデリコ・ボネッリの王子という、プリンシパルでがっちり固めた盤石のキャストでした。
 ちなみに「影の主役」ドロッセルマイヤーはギャリー・エイヴィス、花のワルツをリードする薔薇の精は崔由姫(チェユフィ)さん、今期からプリンシパルに上がった平野亮一さんもなぜかアラビアの踊りのチョイ役で出てきたりと、なんとも豪華なキャスティング。実はこの日の公演は、ライブ配信されて世界中の映画館で上映されていたので、ロイヤルバレエとしても気合いの入ったキャストだったわけです。

 さて、肝心の舞台ですが、これはもう見事の一言に尽きました。やはりクララを演じたフランチェスカが飛び抜けて素晴らしく、彼女をペアを組むキャンベルも力強い踊りでぐいぐい攻めてきます。
 ロイヤルバレエの演じるピーター・ライト版では、ネズミ部隊との戦いの後に続く、クララとくるみ割り人形(ハンス・ペーター)のパドドゥのシーンが非常に印象的に盛り上がるのですが、ここは一体何が起こったのかと思うほどに踊りも音楽も燃え上り、ちょっと普段とは異次元の興奮。まさしく心が打ち震えるほどの素晴らしい舞台でした。

 多彩な踊りが次々と繰り広げられる後半も素晴らしく、ユフィさんの花のワルツもいつにも増して可憐で優雅。カスバートソンとボネッリも好演。ピーター・ライトの充実した舞台を存分に堪能した一夜でした。
 ちなみに、終演後には今年90歳を迎えたピーター・ライト卿ご本人も登場し、満場の拍手を浴びていました。この方がいるからロンドンの冬がこれだけ輝くのです。

c0249519_644976.jpg

c0249519_651722.jpg

c0249519_654667.jpg

c0249519_6621.jpg


 この公演、日本の映画館での上映は来年二月ということですので(なんでクリスマスの物語をわざわざ二月に上映するんだと思いますが…)、興味を覚えた方はぜひ一度ご覧になることをおすすめします。とにかく素晴らしい舞台です!

c0249519_663033.jpg

c0249519_671610.jpg

c0249519_672958.jpg




その他のロイヤルバレエの写真はこちら
[PR]
by londonphoto | 2016-12-10 06:13 | バレエ | Comments(2)

ユフィさんの「リーズの結婚」(ロイヤルバレエ/2016年10月)

c0249519_18141639.jpg


 ロベルタ・マルケスの舞台を見終わったあと、夜は同じリーズの結婚をもう一公演。今度はチェ・ユフィ(崔由姫)さんが主役で、こちらの公演がこの日の本命。
 ユフィさんが演じるリーズはつい昨シーズンだったか、その前だったかに観たばかりですが、相変わらず可憐で優雅で、実に愛らしい演技。さすがです。
 相方はヴァレンティーノ・ズケッティで、スマートでフレッシュな感じが良かったです。終わりに近いところでユフィさんとうまく合わず、振り付けがおかしくなったように見えましたが、ユフィさんはさすがにうまくカバーしていました。
 全般に、あまりこの役に慣れていないズケッティをユフィさんが懸命に支えているような印象でした。
c0249519_18145566.jpg

c0249519_18151625.jpg


 このリーズの結婚というのは非常にコミカルな演出が多く、楽しく見て最後は気持ち良く会場を後にするという演目ではありますが、さすがにダブルヘッダーは楽ではありません。それでも、楽しい一日を過ごすことができました。
c0249519_18153854.jpg

c0249519_1816688.jpg

c0249519_18162853.jpg

c0249519_18184024.jpg



* * *



 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2016-10-16 18:19 | バレエ | Comments(2)

クリスマスのくるみ

c0249519_19154852.jpg


 たくさん続いた出張から無事に戻り、こちらは冬休みに入りました。クリスマス前にロンドンに戻ってこられるかどうか、かなりの瀬戸際だったのでハラハラしていましたが、無事に12月24日のくるみ割り人形の公演を観に行くことができました。
 クリスマスをロンドンで過ごしたことは何度かあるし、毎年くるみ割り人形は何度も観ている演目ですが、イヴの日にこれを観るのは初めてのような気がします。会場のロイヤルオペラハウスも、どこか楽し気なお祭り気分に満ちていました。

 この日は金平糖の精がチェ・ユフィ(崔由姫)さん、クララがレティシア・ストック。ストックはこの役は今シーズンがデビューではないかと思います。可憐な雰囲気の持ち主ですが、踊りの個性と印象は少し弱い気がします。相棒のハンス・ペーター役のマルチェリーノ・サンベが頑張って引っ張っていました。
 後半はユフィさんが安定の美しさ。でもかつて感じた優雅さよりも、どこか吹っ切れて腹の据わった芯の強さが印象に残りました。

c0249519_1916911.jpg


 写真はありませんが、花のワルツで薔薇の精を踊ったのがフランチェスカ・ヘイワード。踊りが美しいだけではなく、相変わらず一気に舞台の空気を持っていってしまう存在感でした。

c0249519_19163878.jpg


 これで今年のロイヤルバレエの公演は見納め。もっとも年が明けても、まだしばらくはくるみ割り人形の公演が続きます。


 この一年は出張がやたら多く、しかもその合間に幸運な出来事も多くありました。振り返るとなかなか濃密な一年でしたが、あと少しだけその楽しみの締めくくりが続きます。そのご報告は、また追々お伝えすることにしましょう。




* * *

 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2015-12-25 19:19 | バレエ | Comments(4)

2015年も崔由姫さんを応援します!/不思議の国のアリス(2015年1月,ロイヤルバレエ)

 昨夜のロイヤルバレエはチェ・ユフィ(崔由姫)さんが主役で不思議の国のアリスでした。その公演の感想の前に一つ。この演目では使われる打楽器の種類が非常に多く、オーケストラピットの中はまるで打楽器の見本市のように、様々な楽器がひしめいています。昨日の開演前、観劇に来ている子供たちが興味津々でピットの中をのぞき込んでいるところへ打楽器奏者が登場。気さくに子供たちに声を掛け、「あの楽器は何?」と聞いてくる子供たち相手に、一つ一つ音を鳴らしながら楽器を説明していました。私もつい一緒になってピットをのぞき込んでいると、その打楽器奏者と目が合い、ニヤリと笑われてしまいました。
c0249519_22414627.jpg
 それにしても、本番前にこうして実際の奏者から楽器のことを教えてもらってから舞台を見れば、きっと公演への興味も俄然強まるに違いありません。こういう環境で育つ子供たち、羨ましい限りです。

 さて、この日の舞台。ユフィさんがアリス役で、相手のジャックはキッシュ。白ウサギがジェイムズ・ヘイでハートの女王がイツァール・メンディザバルという配役。マッドハッターはポール・ケイが予定されていましたが、病気のため当日になってドナルド・トムに変更でした。

 ユフィさんがアリスを踊るのを見るのは2シーズン前の公演以来ですが、この日のユフィさん、二年前よりもずっと豊かな表情を演じているのがよく分かりました。私はバレエの技術的なことは全くの素人ですが、踊り自体も動きが一回り大きくなり、鮮やかさと鋭さが増しているという印象でした。全体として、他の誰とも違う彼女自身の個性がしっかりと出ていたのは間違いなく、彼女が次の段階に向けて目指しているところが、非常によく伝わってくる舞台でした。進化を続けるユフィさんを、今年も応援していきます!
c0249519_22440888.jpg

 相手役のキッシュは手足も長く、踊りは決して悪くないと思うのですが、なんとなく落ち着き過ぎたような風貌と、ユフィさんとの身長差が災いして、どうもペアとしてちぐはぐな印象を持ってしまうのは二年前と同じでした。こればかりは本人もどうしようもないところでしょうが。

 ハートの女王のメンディザバルは二年前にもこの役で見ましたが、そのときと比べても、この役を自分の役にしよう(ヤノウスキーの模倣を離れて、という意味です)という創意工夫のあとがよく見えました。ファーストソロイストの中ではやや影の薄い印象のある彼女ですが、恐らく元来が非常に穏やかで慎み深い性格のダンサーなのではないかという気がします。そんな彼女が、懸命に努力して作り上げた役は、ヤノウスキーのような強烈さには欠けるものの、持ち前の踊りの端正さと相俟って独特の柔らかな温かさがあり、その中に個性的なユーモアの芽が出つつあるという印象でした。彼女もまた色々と模索を続けて道半ばなのでしょうが、今後の飛躍に期待、というところです。
 ちなみにメンディザバルは、怪我で降板のカスバートソンにかわり、今月末から始まるオネーギンの公演で主役を踊ることになりました。私が記憶する限り、彼女が主役を踊るのは初めてではないかと思います。スケジュールの都合上どうしても観に行けないのですが、彼女にとってはとても大きなチャンスだと思います。

c0249519_22470604.jpg


 最後にもう一人、マッドハッターのドナルド・トム。彼は二年前に見たときはかなり頼りないところも感じるタップダンスだった記憶があるのですが、今回はずっと良かったと思います。もともとがかなり難しそうなタップダンスである上に他の登場人物とからみながら演技もするので、並大抵ではない役なのだろうと想像しますが、長身を活かした存在感のある演技で、タップもリズムの取り方に余裕が出てきたという印象でした。まだアーティスト(ロイヤルバレエでは一番下のランク)ながらしっかり客席を沸かせてくれた彼、今後もどんどん伸びるはず。注目しながら応援したいと思います。
c0249519_22465376.jpg


c0249519_22450390.jpg
c0249519_22463916.jpg
c0249519_22465283.jpg


c0249519_22470764.jpg





[PR]
by londonphoto | 2015-01-11 22:51 | バレエ | Comments(2)

さざなみに浮かぶ幻影

c0249519_712920.jpg


 ある音楽が使われているバレエの舞台に接して、舞台を観る前と後でその音楽の聴こえ方が決定的に変わるという体験を、バレエを見始めて以来なんどか経験しました。その典型は白鳥の湖のワルツ。かつてオーケストラで何度も演奏した曲で、かっこいいけど肉体的もパワーの必要な体育会系の曲、というくらいの印象だったのが、ロイヤルバレエの舞台を観て以来、絢爛たるダンスの圧倒的な快楽を感じずにはいられなくなりました。他にも、マイヤーリンクを観て、初めてリストの音楽に充満する狂気の凄味に気がついて、それまで苦手だったリストの音楽を好んで聴くようにもなりました。

 今回ロイヤルバレエのミックスビルでバランシン振付のセレナーデを観て、その同じことがまた起こりました。音楽はチャイコフスキーの弦楽セレナーデ。もともとこの曲は大好きな曲で、中学生の頃に初めて買ったオーケストラのスコアがこの曲というくらい年季の入ったお気に入りなのですが、このバレエの美しさに完全に虜になってしまいました。
 深い森の奥、人気(ひとけ)のない湖で繰り広げられる、静謐な息づかいの幻影の舞といった趣きの舞台なのですが、この世ならぬ透明感に満ちた舞台は、何度観てもその美しさで胸がいっぱいになります。
 この演目では三人の女性が主役のような位置付けで現れ、何らかの物語の予感のようなものをほのめかします。これがまたとても美しいのですが、そのうちの一人にオシポワがキャストされていました。彼女の踊りが、また本当に素晴らしいのです。
 話が前後するようですが、今回のトリプルビルは二種類のキャストが用意されていて、オシポワの踊った役は、もう一つのキャストではカスバートソンが踊りました。カスバートソンの踊りはとても清らかで、透き通った水のように透明な映像を湖面に浮かび上がらせるようでした。それにくらべると、オシポワの踊りは湖面にはっきりとさざなみが立ち広がって、そこから全く別の次元の新しい映像が浮かんでくるような、観る者の心を打ち震わせる動的な力を持つ素晴らしいものでした。
 こんな舞台を観てしまうと、もう音楽の聴こえ方が完全に以前とは変わってしまいます。芸術に関わることを喜びとする人間として、これほど幸福な体験というのも滅多にあるものではありません。冒頭の写真はそのカーテンコールより。下の写真は三人の主役のうちの別の一人を踊ったサラ・ラムです。
c0249519_5335580.jpg


 この次の演目が、ロイヤルバレエ期待の振付家、リアム・スカーレットの"Sweet Violet"でした。これは二年前の初演で観たときに強烈な衝撃を受けた作品で、切り裂きジャックのストーリーを題材にした演目です。ラフマニノフのメランコリックな音楽に乗って、最初から最後まで欲望と暴力が陰鬱に舞台を支配する重い作品ですが、そこに煌めく狂気の華が観る者を強烈に惹き付けます。
 この舞台では人の心に普遍的に潜む欲望や狂気をジャックという「登場人物」に擬人化し、画家のシッカートと彼を取り巻く人々の織りなすドラマを編み上げていきます。この作品ではプログラムを買ってもあらすじが含まれておらず、見る人ひとりひとりが、その演出の解題に挑むことになります。錯綜した人間関係とエピソードを一つ一つ解きほぐすのは容易ではなく、しばしば舞台に現れる幻覚や象徴が解題を更に難しくしています。今回集中的にこの舞台を見続けて、私もようやくそのかなりの部分が分かってきたというところです。とにかく「よく出来ている」としか言いようのない演出で、人の心の闇の持つ抗い難い魅力を見事に描き切った傑作だと思います。
c0249519_5341816.jpg


 この作品では、踊り子の役で崔由姫(チェ・ユフィ)さんが出ています。決して「きれいな」役ではありませんが、素晴らしい存在感でとてもいい演技だったと思います。
c0249519_5343457.jpg


 この二枚の写真、ご覧のとおり上と下の席から撮っています。この月曜日はイギリスの休日で、昼と夜に二回、異なるキャストでこの演目が上演されました。白状すると、このトリプルビルにどっぷりはまっていた私は、イギリスに来て初めてのダブルヘッダーをやってしまいました・・・


 ダブルヘッダーの合間に、コヴェントガーデンマーケットを歩き回りました。その写真も何枚かご紹介します。
c0249519_535539.jpg

c0249519_5352337.jpg

c0249519_5354397.jpg

c0249519_536462.jpg

c0249519_5364054.jpg

c0249519_5371912.jpg

c0249519_537429.jpg

[PR]
by londonphoto | 2014-05-28 05:40 | バレエ | Comments(6)

Sleeping Beauty 最終日

舞台評は繰り返しません。楽日の公演、結局怪我でこの日も降板のオシポワに替わり、ユフィさんが舞台に立ちました。
c0249519_7164825.jpg

[PR]
by londonphoto | 2014-04-11 07:18 | バレエ | Comments(0)

悲喜相半ば/息を詰めて見入ったローズアダージョ

 現在ロイヤルバレエでは眠りの森の美女の舞台が続いています。チェ・ユフィ(崔由姫)さん、高田茜さんがオーロラ姫のデビューを果たし、ユフィさんの優雅で可憐な舞台、高田茜さんの健気な舞台はそれぞれ二人が持ち味を出していたと思います。先日は久々にロベルタ・マルケスの舞台も観に行きましたが、普段技術が弱いと言われることも多い彼女が根性を見せて(失礼)、ローズアダージョの最後の部分、片足のつま先立ちでバランスをとるところで、四人目の王子に手を添えずにずっと一人でつま先立ちを続け、結局そのままフィニッシュしてしまいました。会場は大いに盛り上がって大喝采。楽しい舞台でした。
 ちなみにバレエに普段縁のない方のために、ローズアダージョの動画はこちらです。




 そして迎えた昨日の公演、オシポワがオーロラ姫を踊るというのでずっと楽しみにしていた日でした。が、当日の午後になって突然、オシポワが怪我のため降板することが発表されました。がーん。しかし悲しんでいいのか喜んでいいのか、代役は何とユフィさん。泣き笑いのような気分でロイヤルオペラハウスに向かいました。

 この日はさすがに幕が上がる前にケヴィン・オヘア監督がマイクを手に現れ、オシポワが怪我をして病院に向かったこと、直前の決定でユフィさんが代役を踊ることになったことなどを説明。何といってもトップスターの急な降板なので対応は随分丁寧でしたが、こんな状況でオシポワファンの人のユフィさんを見る目は厳しいんじゃないかとか(私もオシポワファンではありますが…)、彼女に相当な重圧が掛かってるのではなかろうかとか、前回ユフィさんがこの役を踊ったのは一ヶ月くらい前だしとか、これをきっかけに余計な心配で私のほうが急に緊張してきました。

 ところがところが。そんな小心者のファンの心配をよそに、ユフィさんはいつも通りの柔らかな笑みをたたえて舞台に可憐に登場。そのまま何食わぬ顔で優雅にローズアダージョを踊り始めました。こっちはもう息を詰めるようにして見ているのですが、彼女はとても自然な呼吸で普段と変わった様子もなく、最後まで余裕のある踊りできれいに決めてくれました! 私はもうただただ感激。そして会場も素晴らしく盛り上がって拍手喝采。変な話ですが、今まで彼女の踊りを観てきてこれほど嬉しい気持ちになったのは初めてでした。

 このあとは最後までユフィさんの魅力全開の舞台で、最後の最後まで本当に堪能しました。これまでは主役を踊っても、周囲に遠慮したような、悪い意味でまわりと合わせてしまう舞台が多かったユフィさんですが、去年の秋頃からその遠慮が影を潜め、自信に裏付けられた彼女の独自の強さが表に出てきたように思います。そして今回の代役での登板は、私が見てきた中でも、間違いなく彼女のベストの演技の一つでした。ユフィさんの一ファンとして、今回の舞台は輝かしい一夜として記憶に残る気がします。

 ちなみに怪我をしたオシポワですが、今のところ来週以降の公演のキャストには名前が残っているので、早々に舞台に戻ってきてくれることを願ってやみません。仕事の都合で残る公演は見ることができないのがどうにも残念なのですが・・・

c0249519_915159.jpg

c0249519_923772.jpg

c0249519_925773.jpg

c0249519_935826.jpg


c0249519_94426.jpg

[PR]
by londonphoto | 2014-03-29 09:07 | バレエ | Comments(10)

シーズン最後のくるみ

c0249519_8572063.jpg

 今シーズン最後のくるみ割り人形の舞台を観てきました。クララはリャーン・コープ、金平糖の精は崔由姫さんです。今シーズンは年末年始に日本に帰ったこともあり、あまり回数は見ませんでしたが、それでも結局いつものように繰返し観に行っていました。
 コープのクララは明るくて可憐な表情がとても魅力的で、演技や踊り自体は他にもっと上手い人はいると思うのですが、それでも彼女ならではの魅力を放っていました。相手役のくるみ割り人形のポール・ケイは相変わらず安定したジャンプで舞台を豊かに彩っていました。
 ユフィさんと相手役の平野亮一さんはここ最近とくに堂々とした表情が出てきた気がします。二人とも派手ではありませんがきっちりと決めて、ユフィさんの美しい踊りを満喫できました。

c0249519_8575742.jpg

 アラビアの踊りのメリッサ・ハミルトン。彼女はこの役を頻繁に踊っていますが、彼女の神秘的な美貌がよく生きて、いつもついつい見入ってしまいます。

 薔薇の精は小林ひかるさん。こうやってみると、今回の公演はプリンシパル抜きの、ファースト・ソロイストで作り上げた舞台でした。でも水準は高くて満足です。
c0249519_8581630.jpg


 クララのコープとくるみ割り人形のケイ。このペアは私のお気に入りになりました。
c0249519_85852100.jpg


 そしてユフィさんと平野さん。二人でプリンシパルに上がってくれると嬉しいのですが。
c0249519_8591931.jpg


 

 
[PR]
by londonphoto | 2014-01-17 09:01 | バレエ | Comments(2)

チェ・ユフィさんのアリス

c0249519_17341992.jpg


 少し遅くなってしまいましたが、先日チェ・ユフィ(崔由姫)さんが主役を踊った、ロイヤルバレエの「不思議の国のアリスの冒険」を観てきました。もともとチケットが発売されたときには、アリス役に彼女の名前はありませんでした。私はローレン・カスバートソンの出るファーストキャストの日だけチケットを押さえていたのですが、カスバートソンが怪我のため降板。その代役に入ったのが、別の日で主役を踊る予定だったサラ・ラムでした。私はもともとラムがそれほど好きではなかったので、彼女の出演日のチケットは買っていなかったのですが、ラムがカスバートソンの代役を務めるということで急にラムの代役に名前が出てきたのがユフィさん。
 これにはほとほと参ってしまいました。ファンとして彼女の舞台を観ないわけにはいきませんが、もともとラムの日のチケットは取っていなかったし、アリスは人気演目なのでチケットは完売。これは困ったと思いながらも、何とかキャンセルの出たチケットを手に入れて、観に行ってきました。

 アリスを踊る彼女は、でもやや印象が薄かったかなというのが正直な感想でした。いつもどおりきれいに踊っているのですが、他のプリンシパルダンサーたちのように、どこで何をしていても目立つ、という感じでもありませんでした。普段がファーストソロイストとして脇役を務めることが多いためか、良くも悪くも周囲とすっとなじんでしまいます。カスバートソンの堂々としたアリスでもなく、ラムの演じる妖精のような美少女アリスでもなく、ユフィさんの場合はどこにでもいる高校生というかんじのアリスでした。
 この日の相手役はキッシュでしたが、キッシュとユフィさんが組むと、どこか不倫している男とその相手とか、あるいは学校の先生が生徒に手を出して、その相手がユフィさん、というような印象でした。ペアの作り方というのも難しいようです。

 ちなみにこのアリスでは、途中客席の通路にダンサーが出てくるシーンがあります。今回はその通路のあたりに座っていたのですが、目の前に出てきたのが金子ふみさん。初めて間近で拝見しましたが、いやー、きれいでした! 彼女は何か、きらきら光るような雰囲気を持っています。

 ハートの女王を演じたのは、ユフィさんと同じくファーストソロイストのイツァール・メンディザバル。外見はラウラ・モレラに近いものがありますが、演技は誠実でおとなしめ。ヤノウスキのハートの女王にはノーブルな狂気があり、モレラは限界を楽々と突き破った究極の面白さがありますが、メンディザバルのハートの女王は真面目で、どこか哀しみを感じさせるような、暖かみのあるものでした。
c0249519_17371996.jpg


c0249519_17374580.jpg


 ちなみに個人的な憶測ではありますが、現在ロイヤルバレエはユフィさんをプリンシパルに昇進させるきっかけを探っているような気がしなくもありません。昨シーズン末のタマラ・ロホの引退に続き、今シーズンでマーラ・ガレアッツィが引退することが発表されており、また数日前にはリャーン・ベンジャミンが6月の公演を最後に引退することも発表されました。さすがにこれだけ一度にプリンシパルが引退すると補充も必要なはず。それを考えての、ユフィさんのアリス登板だったのかな、などとファンとしては期待しているのですが・・・
c0249519_17383100.jpg

[PR]
by londonphoto | 2013-04-06 17:40 | バレエ | Comments(2)

良いお年をお迎え下さい

 今年も残すところあと数日となりました。今日が仕事納めという方も多かったのではないでしょうか。今年の3月にこのブログを始めてから、ゆっくりの更新だったにも関わらずご覧下さった皆様には心からお礼を申し上げます。ブログとしてはゆっくりのんびりでしたが、写真を撮るペースとしてはこれでもかなり頑張ったというか、私自身としても今までにない頻度でカメラを持ち出し、シャッターを切りました。まだまだ拙い写真ばかりではありますが、それでもこの一年を振り返ると、少しは上達したのかなあと思ったりもしています。どんなことでもやはり、続けないと見えてこないことがあるというのが実感です。
 今年最後の写真は、大好きなくるみ割り人形。昨夜の主役は崔由姫(チェ・ユフィ)さん。相手の王様役は平野亮一さんで、日本出身の二人が主役という配役でした。ユフィさんは相変わらず優雅でとても美しいのですが、プリンシパルになるには存在感がやや弱いというか、枠の中に収まってしまうのではなくて、無理を通してしまう強さが必要な気がしました。でも、今シーズン彼女が初めて挑戦したフォーレのレクイエムでは会場全体が息を詰めて見入ってしまうような美しい舞台も見せてくれたので、引き続き今後の彼女に期待して応援していきたいと思います。
c0249519_21184458.jpg

c0249519_2119017.jpg

c0249519_21191829.jpg

c0249519_21193419.jpg


 それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。お年玉がわりに、ロイヤルバレエのリハーサルの動画を。少し前にロイヤルバレエに入ったばかりの金子扶生(かねこふみ)さん、踊りが美しいので注目していたのですが、年明けのくるみ割り人形の公演でのシュガープラムフェアリー役に大抜擢されました。その金子さんの公開リハーサルの様子です。


[PR]
by londonphoto | 2012-12-28 21:21 | バレエ | Comments(6)