人気ブログランキング |


Londonを中心に、世界のあちこちからの写真を載せていきます。更新はゆっくりです。


by londonphoto

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

バンコク逍遥(2017年12月)
at 2017-12-17 19:33
モロッコの旅(5) マラケシ..
at 2017-12-06 07:49
モロッコの旅(4) サハラ砂..
at 2017-12-05 15:52
モロッコの旅(3) サハラ砂..
at 2017-12-05 06:19
モロッコの旅(2) 青の丘 ..
at 2017-12-03 19:33

カテゴリ

全体
著書
ロンドン - 日常
ロンドン - 観光地
ロンドン - 美術館
ロンドン - イベント
イギリス(ロンドン以外)
バレエ
ナミビア
フランス
オーストリア
ドイツ
イタリア
スロヴェニア
タイ
トルコ
オランダ
モロッコ
ヨルダン
ウズベキスタン
日本
ロンドンオリンピック
ポートレート
旅行
写真練習帳
その他
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

お気に入りブログ

miu'z journa...
By The Thames
1*ときどき*5
jinsnap (web...
好きな写真と旅とビールと
(=^・^=)の部屋 写真館
パチプロ!デメタン
光の贈りもの
いんちきばさらとマクガフ...
風歩記
n e c o f l e x
✿happiness✿
パトローネの中
是和道哉 万事快調ときどき鬱
PHOTRESBIENNE

外部リンク

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
海外生活

画像一覧

ナミビア周遊(1) 出発!

 さて、ナミビア旅行の本編開始です。私の今年の一番の大旅行が、今回行ってきたナミビアでした。ナミビアと聞いて、ああ南アフリカ共和国の左上の国ですね、とすぐに地理が思い浮かぶ方というのは、控え目に言ってかなり特殊な知識の持ち主だと思うので、「普通の」方のために一応地図を出しておきます。
c0249519_7305555.jpg


 ナミビアって何があるの?という疑問をお持ちの方も多いと思いますが、ここでは「ナミビアはとても魅力的な旅行先です」と言うに留めておき、これからゆっくりとご紹介していきたいと思います。簡単な近代史について触れておくと、かつてイギリスとドイツが現在のナミビア領を植民地支配した過去があり、当時は南西アフリカと呼ばれていました。第一次世界大戦後は、撤退したドイツに替わって南アフリカの支配下に入りましたが、1960年代後半から独立戦争が始まり、結局1990年に現在のナミビアとして独立を達成しました。南アフリカと同様にダイヤモンドを始めとする豊富な地下資源に支えられた鉱業が主な産業です。
 ちなみに南アフリカといえば極端な治安の悪さが有名ですが、ここナミビアはアフリカでも有数の安全な国であり、実際私も滞在中まったく治安面で問題がなかったばかりか、とてもフレンドリーな現地の人々にすっかり魅了され、心底リラックスして旅を楽しむことができました。

 さて今回の旅、私としては実に異例なことに、レンタカーを自分で運転してナミビアを一周してきました。ロンドンから南アフリカのヨハネスブルクを経由して、ナミビアの首都ウィンドゥック(日本ではウイントフックという表記が一般的ですが、現地の人の発音は「ウィンドゥック」でした)へと飛び、その日はそこで一泊したあと、事前に旅行会社を通して手配していたレンタカーでいざナミビアの旅を開始しました。
c0249519_7333257.jpg

 こちらが今回わたしの心強い相棒となってくれた車。四駆のマニュアル車で、久しぶりに車を運転する私ははじめエンストを繰り返してしまいました。が、買い出しのためにウィンドゥックの街を迷いながらスーパーマーケットを探しているうちに運転にも慣れ、水や食糧など、必要なものを買って車に積み込むと、いよいよウィンドゥックの外へ出ます。

 街を出ると、いきなり周囲からは人の痕跡がなくなり、乾いた土地に道が延々とのびるだけの風景に変わります。旅行会社の人から、ナミビアは動物が多く、道に飛び出してくることも多いので気をつけるように、と注意されていたのですが、私が最初に遭遇したのがこの動物。道の様子を写真に収めようとしていると、ふと視界に現れました。下の写真で、分かるでしょうか?
c0249519_7341249.jpg

 イノシシでした。このときは車を脇に停めて写真を撮っていたので何もありませんでしたが、このあと実際に運転中、突然イノシシの群れが目の前に飛び出してきたことがありました。これは本当に気をつけないといけないぞ、と自分に言い聞かせ、先へ進みます。
c0249519_7342990.jpg

 この日の目的地はウォーターバーグ(Waterberg)の台地。ここは少し変わった種類の野生生物が見られる場所で、午後の早い時刻に到着すればこの付近の国立公園をまわるツアーに参加できるということだったのですが、ウィンドゥックの街で道に迷っていたために予定時間を大幅に遅れて到着し、この日はここに泊まるだけとなってしまいました。
c0249519_7344360.jpg

 ちなみに今回私が泊まったのは、基本的には全てキャンプ場。私の借りた車の屋根に何か四角いものが乗っているのが先の写真で分かると思いますが、あれが実はテントで、車の屋根の上にテントを広げてそこで眠ることができます。なぜわざわざ屋根の上にテントを張るのか、と思う方も多いと思いますが、動物の多いナミビアでは地上よりも屋根の上にテントを張った方が安全なのです。
 早速そのことを納得したのがこの日泊まったキャンプ場で、ここには牛が何頭も放し飼いにされており、テントの周囲をうろついて離れてくれません。日が落ちて夜になったところで星を見るために外に出たのですが、真っ暗闇の中で、後ろの茂みから牛の鼻息がフーッと聞こえてくるのは、さすがにギョッとします。ここのキャンプ場はあまり視界も広くなかったので、星は諦めてこの日は早々に寝ることにしました。

 翌朝起きると、朝食を済ませてすぐに出発。ウォーターバーグの台地が朝日に染まる姿は美しかったのですが、次の目的地へ早く移動したかったので、結局何も見ることなくここを立ち去りました。残念でしたが、仕方ありません。そして、そうやって早く出発したことは、実際に次の目的地で十分に報われることになりました。その詳細は、次回です。
c0249519_7351868.jpg

by londonphoto | 2014-07-10 07:40 | ナミビア