Londonを中心に、世界のあちこちからの写真を載せていきます。更新はゆっくりです。


by londonphoto

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

バンコク逍遥(2017年12月)
at 2017-12-17 19:33
モロッコの旅(5) マラケシ..
at 2017-12-06 07:49
モロッコの旅(4) サハラ砂..
at 2017-12-05 15:52
モロッコの旅(3) サハラ砂..
at 2017-12-05 06:19
モロッコの旅(2) 青の丘 ..
at 2017-12-03 19:33

カテゴリ

全体
著書
ロンドン - 日常
ロンドン - 観光地
ロンドン - 美術館
ロンドン - イベント
イギリス(ロンドン以外)
バレエ
ナミビア
フランス
オーストリア
ドイツ
イタリア
スロヴェニア
タイ
トルコ
オランダ
モロッコ
ヨルダン
ウズベキスタン
日本
ロンドンオリンピック
ポートレート
旅行
写真練習帳
その他
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

お気に入りブログ

miu'z journa...
By The Thames
1*ときどき*5
jinsnap (web...
好きな写真と旅とビールと
(=^・^=)の部屋 写真館
パチプロ!デメタン
光の贈りもの
いんちきばさらとマクガフ...
風歩記
n e c o f l e x
✿happiness✿
パトローネの中
是和道哉 万事快調ときどき鬱
PHOTRESBIENNE

外部リンク

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
海外生活

画像一覧

ロパートキナの白鳥/マリインスキーバレエ ロンドン公演 (2014)

c0249519_924231.jpg

 今日はロパートキナの踊る白鳥の湖を見てきました。が、まずはその前に一つ前の公演について。
 実は週末も同じマリインスキーバレエの白鳥の湖の公演を見に行きました。主役はオデット/オディールがテリョーシキナ、ジークフリートがシクリャーロフ。テリョーシキナを見るのは初めてでしたが、第一幕後半のオデットには強烈に惹き込まれてしまいました。運命に翻弄されても自らを律する誇りを失わず、気高さの中に透徹した悲しみがより明瞭に表現されて、本当に素晴らしい演技でした。彼女の驚異的な集中力が舞台からひしひしと伝わってくる上に、一つ一つの動きも実に美しく、ただただ見惚れるばかり。
 一方のオディールの方は、彼女の人柄が出てしまったのか(彼女の人柄をよく知っているわけではありませんが)、今まで見た中では一番「いい人」そうなオディールでした。それでもグランフェッテなどは、ちょっとバランスを崩しかけたかな?と思うところがあっても、そのままぐいぐい回って軽々と立て直してしまう猛烈な迫力があり、本人も満足の出来だったようで、決めのポーズは120%のドヤ顔。爽快なくらい見事に決まって、客席も大喝采。全幕通して、とても素晴らしい舞台でした。
 ちなみにこの日は写真を撮る気は満々だったのに、カメラを忘れて来ていたことにロイヤルオペラハウスで気付くという、なんとも気の抜けた週末。ということで、残念ながら写真はありません。

 何はともあれ、そんな高水準の舞台を見た後だったので、続くロパートキナの白鳥はどんな演技なのだろうと期待も高まる一方でしたが、そのロパートキナ、完全に異次元の白鳥でした。第一幕の湖のシーン、ロパートキナのオデットは、何か現身(うつしみ)を超えた、幻のような超越的な存在にしか私には見えませんでした。彼女の身体には地上の重力の影響がまるで無いように見えます。それでいて、オデットの心の細かな変化や微かな震えは、確実な手応えで完璧に伝わってきます。あまりにも儚く美しい白鳥でした。
 見ていてもう一つ圧倒されたのが、ロパートキナの耳の鋭さ。オーケストラの演奏に完璧に合わせながら、演奏のテンポが不自然な場所で変化したときでさえも、あたかもそれが自分の望んだテンポであるかのように、ピタリとあわせて淀みなく自然に踊ってしまいます。これほどまでに音楽と深く結びついた踊りを踊る人を、私は今まで見たことがないような気がします。ただひたすら圧倒されました。
c0249519_9245070.jpg


 第二幕は打って変わって氷のように冷たい表情のオディールが登場。でも、幕が進むにつれて、彼女が笑顔を浮かべるシーンが増えてきます。その笑顔の、美しくて怖くて魅力的なこと。ジークフリートをちらりと見てにやりと笑うオディールの目には、悪意に満ちた煌めきが、鋭くも美しく輝きます。
 圧巻はやはりグランフェッテ。でもロパートキナのグランフェッテは、ぐいぐい回るのではなく、(少なくとも見た目は)とてもゆったりと余裕を持って回っているように見えます。その回転の芯は全くぶれることなく、回ることの美しさを極めたようなグランフェッテでした。今まで華麗に回るグランフェッテはいろいろ見たことがありますが、これほど美しい回り方があるというのは全く考えたこともありませんでした。
c0249519_925837.jpg

 最後の三幕も儚さと美しさ、気高さと愛情の深さが渾然一体となったオデットで、一糸乱れず見事に揃った群舞を背景に繰り広げられるドラマには、もう何も言葉が出てきません。本当にすごいものを見て、胸が一杯になった一夜でした。
c0249519_9252546.jpg

c0249519_9254055.jpg

c0249519_926057.jpg



 
[PR]
by londonphoto | 2014-08-05 09:30 | バレエ