Londonを中心に、世界のあちこちからの写真を載せていきます。更新はゆっくりです。


by londonphoto

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

バンコク逍遥(2017年12月)
at 2017-12-17 19:33
モロッコの旅(5) マラケシ..
at 2017-12-06 07:49
モロッコの旅(4) サハラ砂..
at 2017-12-05 15:52
モロッコの旅(3) サハラ砂..
at 2017-12-05 06:19
モロッコの旅(2) 青の丘 ..
at 2017-12-03 19:33

カテゴリ

全体
著書
ロンドン - 日常
ロンドン - 観光地
ロンドン - 美術館
ロンドン - イベント
イギリス(ロンドン以外)
バレエ
ナミビア
フランス
オーストリア
ドイツ
イタリア
スロヴェニア
タイ
トルコ
オランダ
モロッコ
ヨルダン
ウズベキスタン
日本
ロンドンオリンピック
ポートレート
旅行
写真練習帳
その他
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

お気に入りブログ

miu'z journa...
By The Thames
1*ときどき*5
jinsnap (web...
好きな写真と旅とビールと
(=^・^=)の部屋 写真館
パチプロ!デメタン
光の贈りもの
いんちきばさらとマクガフ...
風歩記
n e c o f l e x
✿happiness✿
パトローネの中
是和道哉 万事快調ときどき鬱
PHOTRESBIENNE

外部リンク

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
海外生活

画像一覧

ソーモワの白鳥/マリインスキーバレエ ロンドン公演(2014)

c0249519_5524139.jpg


 ロパートキナの白鳥の湖を見た翌日、今度はアリーナ・ソーモワの踊る白鳥を見てきました。ジークフリートはズヴェレフです。
 ソーモワを見るのは初めてでしたが、目元に独特の彫りの深さがあり、もしかすると中央アジアの血が混じっているのかという気もしました。(彼女はサンクトペテルブルク生まれということですが。)容姿がとても美しく、華のある美人というよりは影のある美人といった風貌で、オディールにはうってつけ。
 ただ、最初の湖畔のシーンのオディールは、神懸かり的なロパートキナを見た翌日ということもあり、正直なところやや印象が薄く感じました。それでも、速く動くところではふと華やかな香りが立ちのぼるようで、この人はオディールよりもオデットの方が合っているのかも、というのが第一幕での感想。
c0249519_552593.jpg

 そして第二幕。やはり、というべきか、ソーモワのオディールは初めから生き生きとした表情に満ちて、第一幕とは全くの別人。小悪魔のような魅力に満ちて、大変楽しみました。特に印象に残っているのが、すっと美しく延びたまま高く上がる長い足。彼女の場合、手よりも足に個性と表情が現れているように思えました。グランフェッテもダブルを織り交ぜて、力強くというよりは小気味よく回り、とても微笑ましいオディールでした。
c0249519_5531898.jpg


 もう一つ彼女ならではと思ったのが最後のシーン。マリインスキーの演出では、詳しい方はご存知のとおり、最後はハッピーエンドに改変されています。私はこの改変がどうにも好きになれず、テリョーシキナやロパートキナの演技を見ていると、これが悲劇で終わっていたらどれほど印象の深い舞台になっていただろうと思わずにはいられませんでした。ところが、ソーモワの、ハッピーエンドを無邪気に喜ぶオデットだと、彼女にはこちらの方が合っていると認めざるを得ません。なんとも不思議な魅力を持つダンサーでした。
c0249519_5534181.jpg

c0249519_5535673.jpg


 
[PR]
by londonphoto | 2014-08-07 05:54 | バレエ