Londonを中心に、世界のあちこちからの写真を載せていきます。更新はゆっくりです。


by londonphoto

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

バンコク逍遥(2017年12月)
at 2017-12-17 19:33
モロッコの旅(5) マラケシ..
at 2017-12-06 07:49
モロッコの旅(4) サハラ砂..
at 2017-12-05 15:52
モロッコの旅(3) サハラ砂..
at 2017-12-05 06:19
モロッコの旅(2) 青の丘 ..
at 2017-12-03 19:33

最新のコメント

This is n..
by GerryFOEMN at 04:17
Seriously..
by Buy cialis online at 23:20
鍵コメントyさま ..
by londonphoto at 02:25
鍵コメントiさま ..
by londonphoto at 02:12
windtalker20..
by londonphoto at 07:53
街の雰囲気の端々にすこし..
by windtalker2008 at 05:15
kirinさん k..
by londonphoto at 08:21
なるほど魅力的な街ですね..
by kirin_1117 at 08:25

カテゴリ

全体
著書
ロンドン - 日常
ロンドン - 観光地
ロンドン - 美術館
ロンドン - イベント
イギリス(ロンドン以外)
バレエ
ナミビア
フランス
オーストリア
ドイツ
イタリア
スロヴェニア
タイ
トルコ
オランダ
モロッコ
ヨルダン
ウズベキスタン
日本
ロンドンオリンピック
ポートレート
旅行
写真練習帳
その他
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

お気に入りブログ

miu'z journa...
By The Thames
1*ときどき*5
jinsnap (web...
好きな写真と旅とビールと
(=^・^=)の部屋 写真館
パチプロ!デメタン
光の贈りもの
いんちきばさらとマクガフ...
風歩記
n e c o f l e x
✿happiness✿
パトローネの中
是和道哉 万事快調ときどき鬱
PHOTRESBIENNE

外部リンク

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
海外生活

画像一覧

アリスの魔法/フランチェスカ・ヘイワード

c0249519_6374150.jpg


 またアリスかと言われそうですが、またアリスです。「また」を承知で紹介せずにはいられない舞台でした。
 今回の主演はアリスがフランチェスカ・ヘイワード、ジャックがワディム・ムンタギロフ。ムンタギロフは言うまでもなく人気実力とも抜群のプリンシパルですが、今日の焦点はフランチェスカ・ヘイワード。私は普段はダンサーを姓で呼ぶことがほとんどですが、彼女はフランチェスカと呼ぶことにします。ヘイワード、では彼女の印象が損なわれてしまいます。

 このフランチェスカ、昨年の秋にマノンで鮮烈な主役デビューを果たした22歳の若手です。彼女は現在、ロイヤルバレエで五つあるランクのちょうど真ん中、ソロイストというクラスにいて、マノンを踊ったのは大抜擢といっていいキャスティングでした。が、その舞台を見て、たまたま隣の席に座っていた知り合いと二人で言葉を失ってしまいました。しなやかな踊り、舞台を完全に支配する存在感と若々しい魅力、そしてマノンにはなくてはならない残酷な無邪気さ。プリンシパルでもなかなかこうは踊れないというくらい、見事なマノンの世界を作り上げて、私は一夜にしてフランチェスカのファンになってしまいました。

 そんなわけで、今回の彼女のアリスの舞台は本当に楽しみにしていました。実はこの同じ日、別の会場ではサイモン・ラトルがロンドン交響楽団を指揮してストラヴィンスキーの春の祭典を演奏するという、普通なら万難を排して駆けつけるような演奏会があったのですが、それを蹴ってのフランチェスカ。この選択、報われました。

 フランチェスカのアリスですが、マノンのときと同じように、その小さな体から放たれる素晴らしい存在感で舞台をすみずみまで支配し、劇場全体が完全に彼女の魅力で満たされます。この魅力はもう天性のものとしか言いようがありません。フランチェスカが踊ると、彼女の中のいったい何が光っているのか、きらきらと輝くような雰囲気が彼女の周囲にこぼれます。彼女が踊っているのを見ていると、彼女からほとばしり出てくる喜びに満ちた輝きに飲み込まれ、切なくなるくらいに胸が一杯になってしまう気がします。これほどまでに観る者を酔わせるチャームをもったバレリーナというのは、そういるものではありません。フランチェスカの踊りには華があるという以上に輝きと魔力があります。まるで彼女の命そのものが輝いているように、舞台いっぱいに美しいオーラを放つアリスでした。

 私がフランチェスカの名前を認識したのは、一年前のくるみ割り人形でクララを踊ったときでしたが、率直に言って、そのときはそれほどの感銘を受けませんでした。それからほんの一年。いまや彼女は全く別のバレリーナです。恐らく彼女の中で開花を待っていた何かが、急に開き始めたのだろうと思います。上にも書いたとおり、彼女は現在ソロイストというクラスにいますが、これから彼女が上のランクに上がってくることは疑いの余地がありません。個人的な印象で言えば、彼女は「どこまで上がるか」ではなく、「いつプリンシパルになるか」というタイプのダンサーだと思います。フランチェスカが人の後ろで踊っているのはもうもったいない。早く上のランクに上がって、より多くの主役を演じてほしい。私にとってフランチェスカはそう思わせるダンサーですし、彼女の舞台を見た人の多くも同じ考えなのではないかと思います。


 他のキャストについても簡単に。ジャック役のムンタギロフはさすがの演技。彼の華やかさと落ち着きが同居したノーブルな雰囲気が、無垢なフランチェスカのアリスと素晴らしいコンビネーションを作り上げていました。技術的にも完璧な安定感で、意外に出番は少ない役ながら、見事な存在感でした。
 ハートの女王は、この役はデビューのクレア・カルヴァートで、ふだんは結構おとなしい印象の彼女がこの役にキャストされたのには驚いてしまいました。他の人を押しのける強さを特徴とする人ではないと思うのですが、意外とこの役をきっかけに何か変化を見せるのではないかと、そんな可能性を感じさせる演技でした。
 マッドハッターは先日のユフィさんの公演と同じドナルド・トム。この日はタップのリズムもずっと安定して、とてもいい出来だったと思います。
 水準の高い主要キャストに囲まれて、フランチェスカがその魅力を全開にしてみせた今回の舞台、これまで見てきたロイヤルバレエの舞台の中でも、屈指の印象の強さでした。

 いや〜、すごかった。

c0249519_638234.jpg

[PR]
by londonphoto | 2015-01-17 06:43 | バレエ | Comments(2)
Commented by windtalker2008 at 2015-01-17 08:22
期待の☆がうわさにたがわぬ今回も素晴らしい存在感と踊りで圧倒してくれたということで、興奮が伝わります^^
私はレヴェランスのムンタギロフの笑顔もいいなあと思いました。彼も、どんな役でも彼だけしか醸し出せない魅力を放つダンサーに進化しているように感じました。
Frankie の計り知れない美しいメタモルフォーゼをリアルタイムで目撃できるののは、すごいファン冥利!
画像をTumblrにお借りしました。よろしくお願いします。
Commented by londonphoto at 2015-01-17 20:28
こんにちは。久々に本気で興奮した舞台でした。実は私が本気でロイヤルバレエを見るようになってからのここ数年、まだ一人もプリンシパルへの内部昇進を果たしていないのです。でも水面下ではこうして新しい人も出てきて、そういうダイナミックなプロセスを目の当たりにするというのは本当にエキサイティングです!
ムンタギロフももちろん素晴らしいダンサーで、私が今さら言うようなことではありませんが、移籍後はやくも彼はロイヤルバレエの男性陣の大黒柱の一人になりつつあります。彼もまだ若いし、今後さらにどう進化していくのか楽しみです!
Tumblrへの掲載、いつもながらありがとうございました。
 
名前
URL
削除用パスワード