Londonを中心に、世界のあちこちからの写真を載せていきます。更新はゆっくりです。


by londonphoto

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

バンコク逍遥(2017年12月)
at 2017-12-17 19:33
モロッコの旅(5) マラケシ..
at 2017-12-06 07:49
モロッコの旅(4) サハラ砂..
at 2017-12-05 15:52
モロッコの旅(3) サハラ砂..
at 2017-12-05 06:19
モロッコの旅(2) 青の丘 ..
at 2017-12-03 19:33

カテゴリ

全体
著書
ロンドン - 日常
ロンドン - 観光地
ロンドン - 美術館
ロンドン - イベント
イギリス(ロンドン以外)
バレエ
ナミビア
フランス
オーストリア
ドイツ
イタリア
スロヴェニア
タイ
トルコ
オランダ
モロッコ
ヨルダン
ウズベキスタン
日本
ロンドンオリンピック
ポートレート
旅行
写真練習帳
その他
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

お気に入りブログ

miu'z journa...
By The Thames
1*ときどき*5
jinsnap (web...
好きな写真と旅とビールと
(=^・^=)の部屋 写真館
パチプロ!デメタン
光の贈りもの
いんちきばさらとマクガフ...
風歩記
n e c o f l e x
✿happiness✿
パトローネの中
是和道哉 万事快調ときどき鬱
PHOTRESBIENNE

外部リンク

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
海外生活

画像一覧

雨上がり

c0249519_18372733.jpg


 昼のうち雨がたくさん降った日の夕方。仕事が終わると運良く雨はやんでいて、サンドイッチを買うといつものように演奏会場へ。

c0249519_18375270.jpg


 ここ二日間のプロムスは、レイフ・オヴェ・アンスネスがマーラー室内管弦楽団と共演してベートーヴェンのピアノ協奏曲を弾く演奏会が続きました。アンスネスのピアノは清潔で流麗。3番の協奏曲はもう少しガツンときてもいいように思いましたが、4番は本当に見事な演奏でした。
 そしてこの演奏会で驚かされたのは、マーラー室内管のとんでもない上手さ。全員が四重奏や五重奏をやるのと同じ感覚で合奏に参加しているような、積極的で緊密なアンサンブルで、表現力の豊かさが際立っていました。
 アンスネスとの協奏曲の合間に、オーケストラだけの曲の演奏もあったのですが、彼らは指揮者無しで完璧な演奏を聴かせます。ストラヴィンスキーのバレエ音楽「ミューズを率いるアポロ」は私が愛してやまない美しい音楽ですが、弦楽合奏のこの曲を、完璧な合奏精度と、指揮者なしとは思えない息の長い構成ですばらしく演奏します。オーケストラの自発的な音楽性の豊かさに圧倒され、弦楽器の多彩な音色に酔いしれたひとときでした。

 オーケストラがこれだけ自発的に豊かな音楽を作れるのであれば、アンスネスが弾き振りでベートーヴェンの協奏曲を演奏するのも理解できる気がしました。以前、あるピアニストが「モーツァルトの協奏曲は弾き振りしやすいけれど、ベートーヴェンになるとオーケストラの比重が大きくなってきて、指揮者に任せたくなるところ出てくる」と書いているのを読んだことがあるような気がします(記憶が不確かなのですが)。でも、マーラー室内管なら、オーケストラの方でちゃんと弾いてくれるので、ピアニストも安心してソロに集中できるはず。アンスネスも手が空いているときには指揮をしていましたが、全体としてはアンスネスとマーラー室内管が対等に共演しているという雰囲気の演奏でした。

 両者の共演、明日の日曜日に2番と5番の協奏曲を弾いて完結します。楽しみです。

c0249519_18382067.jpg

c0249519_1838369.jpg

c0249519_18385292.jpg

[PR]
by londonphoto | 2015-07-25 18:40 | ロンドン - イベント