人気ブログランキング |


Londonを中心に、世界のあちこちからの写真を載せていきます。更新はゆっくりです。


by londonphoto

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

バンコク逍遥(2017年12月)
at 2017-12-17 19:33
モロッコの旅(5) マラケシ..
at 2017-12-06 07:49
モロッコの旅(4) サハラ砂..
at 2017-12-05 15:52
モロッコの旅(3) サハラ砂..
at 2017-12-05 06:19
モロッコの旅(2) 青の丘 ..
at 2017-12-03 19:33

カテゴリ

全体
著書
ロンドン - 日常
ロンドン - 観光地
ロンドン - 美術館
ロンドン - イベント
イギリス(ロンドン以外)
バレエ
ナミビア
フランス
オーストリア
ドイツ
イタリア
スロヴェニア
タイ
トルコ
オランダ
モロッコ
ヨルダン
ウズベキスタン
日本
ロンドンオリンピック
ポートレート
旅行
写真練習帳
その他
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

お気に入りブログ

miu'z journa...
By The Thames
1*ときどき*5
jinsnap (web...
好きな写真と旅とビールと
(=^・^=)の部屋 写真館
パチプロ!デメタン
光の贈りもの
いんちきばさらとマクガフ...
風歩記
n e c o f l e x
✿happiness✿
パトローネの中
是和道哉 万事快調ときどき鬱
PHOTRESBIENNE

外部リンク

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
海外生活

画像一覧

ラトルとベルリンフィルのシベリウス全集

c0249519_6275171.jpg

 今年の二月にサイモン・ラトルの指揮するベルリンフィルのロンドン公演があり、私の特別好きなシベリウスの交響曲を全曲演奏する、というのがありました。
 もちろん私も喜び勇んで聴きに行き、全ての曲に圧倒されて帰ってきたのですが、そのラトルとベルリンフィルのシベリウス交響曲全曲の録音が、ベルリンフィルの自主レーベルで発売されました。
 この録音の発売を心待ちにしていた私、発売と同時に早速購入し、今日、それが届きました。
 帰宅して子供のようにわくわくしながら開封。付属のブックレットの楽曲紹介に、各交響曲のベルリンフィルでの初演情報が載っていたのですが、これが大変面白かったのでご紹介します。

1番:1920年11月22日、Karl Muck 指揮
2番:1905年1月12日、作曲者自身の指揮
3番:2010年2月9日、Simon Rattle 指揮
4番:1916年1月16日、Oskar Fried 指揮
5番:1921年11月2日、Ferruccio Busoni 指揮
6番:1938年9月27日、Herbert von Karajan 指揮
7番:1935年11月25日、Wilhelm Furtwängler 指揮

 3番のベルリンフィル初演はなんと2010年。ラトルはベルリンフィルの歴史を一つ積み上げたということになります。
 他に何といっても作曲者自身が2番を演奏しているのが目を惹きますが、あのブゾーニが5番を指揮しているというのも予想外。ブゾーニというとピアノの人という印象が強いのですが、ベルリンフィルを振るほどの指揮者でもあったのかと驚きました。
 カラヤンはベルリンフィルと6番を二度録音していますが、常任指揮者就任前から6番を振っていて、よほど得意なレパートリーだったのでしょう。
 そして7番。フルトヴェングラーの7番がどんな演奏だったのか、非常に気になります。

 こうして眺めているだけでもベルリンフィルの歴史が見えてくるような気がします。演奏・録音ともに非常に質が高い今回のラトルのシベリウス、値は少々張りますが、おすすめです。



* * *

 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
by londonphoto | 2015-10-06 06:34 | その他