Londonを中心に、世界のあちこちからの写真を載せていきます。更新はゆっくりです。


by londonphoto

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

バンコク逍遥(2017年12月)
at 2017-12-17 19:33
モロッコの旅(5) マラケシ..
at 2017-12-06 07:49
モロッコの旅(4) サハラ砂..
at 2017-12-05 15:52
モロッコの旅(3) サハラ砂..
at 2017-12-05 06:19
モロッコの旅(2) 青の丘 ..
at 2017-12-03 19:33

カテゴリ

全体
著書
ロンドン - 日常
ロンドン - 観光地
ロンドン - 美術館
ロンドン - イベント
イギリス(ロンドン以外)
バレエ
ナミビア
フランス
オーストリア
ドイツ
イタリア
スロヴェニア
タイ
トルコ
オランダ
モロッコ
ヨルダン
ウズベキスタン
日本
ロンドンオリンピック
ポートレート
旅行
写真練習帳
その他
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月

お気に入りブログ

miu'z journa...
By The Thames
1*ときどき*5
jinsnap (web...
好きな写真と旅とビールと
(=^・^=)の部屋 写真館
パチプロ!デメタン
光の贈りもの
いんちきばさらとマクガフ...
風歩記
n e c o f l e x
✿happiness✿
パトローネの中
是和道哉 万事快調ときどき鬱
PHOTRESBIENNE

外部リンク

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

検索

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
海外生活

画像一覧

夢を叶える年末年始 in ウィーン(1)

c0249519_4545042.jpg


 この年末年始は、休暇を利用してウィーンにやってきました。この街に来るのは約18年ぶり。私の初めての海外旅行がウィーンで、それ以来の再訪です。
 ウィーンに着いたその日に、さっそく国立歌劇場へ出撃。この日はバレエ公演で、演目は、アシュトン振付の「リーズの結婚」です。バレエ団はもちろんウィーン国立バレエ。ロンドンのロイヤルバレエの看板演目をウィーンで見るというのはどんなものかと思いましたが、日程の都合上仕方ありません。
c0249519_4551929.jpg

 会場内ではかばんとともにカメラをクロークに預けたので内部の写真はありません・・・

 さて、その公演はどうだったかというと、バレエ団の実力は(この演目で観る限り)ロイヤルバレエの方が一段も二段も上でした。舞台セットや振付けはロイヤルバレエの舞台と全く同じですが、極めて演劇的要素の強いこの演目で、ウィーンのバレエ団はあるところで必要以上に大げさに演じてしまったり、あまり目立たない細かいところで演技しきれなかったりと、過不足が目立ちました。
 こういう演劇バレエでは、ダンサーの一人一人の技量うんぬんというのを越えて、コーチ陣による演技指導というのが大切なのだろうと思います。普段の練習の中で、何をどこまで演じるかを叩き込む。それが舞台の出来に直結し、そこに各バレエ団の個性や伝統が明確に現れてくるのだと思います。見慣れた演目を普段と別のバレエ団で観るというのは、私には貴重な経験でした。

 とはいえ、この日の公演が気に食わなかったという訳ではありません。むしろ、大興奮で歌劇場を後にしました。理由はオーケストラ。あまりにも演奏のレベルが高く、悶絶してしまいました。
 ウィーンの国立歌劇場のオーケストラは、いわずと知れたウィーンフィルの母胎。このオーケストラの選抜メンバーが、ウィーンフィルの団員となるわけです。そのため言ってみれば、ここでのバレエ公演の伴奏は、(ほぼ)ウィーンフィル。これがすごかった。
 ヴァイオリンやフルートが独特の切ない音色で旋律を歌ったかと思えば、金管楽器が入った豊麗な響きが会場を満たします。普段ロイヤルオペラハウスのバレエ公演で耳にするのとは全く別種・異次元の、見事な演奏。
 このオーケストラの伴奏でロイヤルバレエが踊ったらどんなに素晴らしいことか、と思いましたが、それは高望みに過ぎるのかもしれません。

c0249519_4555351.jpg

 公演後の国立歌劇場付近の風景。久し振りに来たウィーンは、重厚で落ち着いた雰囲気というより、賑やかな繁華街といった風情で、こんな雰囲気の街だったっけ?という感じ。
 もちろんこの18年でウィーンも変わったのでしょうが、前回来たときは初めての海外、初めてのヨーロッパということで、実際以上にウィーンのヨーロッパ的雰囲気を強く感じたのかもしれません。

 下の写真は、街歩きの途中の風景です。
c0249519_4572070.jpg

c0249519_4573811.jpg

c0249519_4575471.jpg

c0249519_4582768.jpg

c0249519_4581384.jpg

c0249519_4584746.jpg


 しばらくウィーンの投稿が続きます。







* * *

 これまでの写真のうちのお気に入りをFlickrに載せています。
[PR]
by londonphoto | 2015-12-30 05:09 | オーストリア